キウォフプラス猫用は、猫用、猫回虫、猫鉤虫、猫鞭虫、瓜実条虫を駆虫薬

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

猫用、猫回虫、猫鉤虫、猫鞭虫、瓜実条虫を駆虫薬。500g~8kgの猫に使えます。仔猫にも、生後6週間から使える安全なお薬です。確実に、そして手軽に他の病気の原因にもなる嫌なお腹の中の寄生虫を退治します。
有効成分:Praziquantel(プラジカンテル)20mg、Pyrantel Pamoate (パモ酸ピランテル) 230mg

セット数1箱あたり通常価格  
1箱21312131
2箱11632326
3箱9062718
4箱7282912
10箱3893890

商品の詳細

有名なドロンタールの人気ジェネリックで低価格!
猫の寄生虫の回虫や鉤虫、鞭虫、瓜実条虫などをいっせい駆除!
たくさん入っているので多頭飼いの場合も安心!
キウォフプラスは、猫のお腹の中に寄生する、猫回虫、猫鉤虫、猫鞭虫、瓜実条虫を退治するお薬です。
キウォフプラスは、世界中で使われており信頼度も高い駆虫薬、ドロンタールのジェネリック製品です。
生後6週間から使うことが出来ますので、仔猫のうちから嫌な寄生虫を退治予防する事が出来ます。
キウォフプラスは、嗜好性の高いフレーバー錠なので、ご飯に混ぜても、そのままでも投与する事が出来ます。
お腹の中の寄生虫は、ある程度の大きさになって、便に混じって出てこない限り気がつくことができません。
お腹の中に寄生虫がいると、食欲減退、衰弱、栄養摂取生涯、下痢、血便等の原因になります。
仔猫の場合は、症状が重症化することもあるので油断できません。
しかし、キウォフプラスの有効成分なら確実にまだ見えていない寄生虫も退治することが出来ます。
猫の体内寄生虫について猫回虫は、泥水を飲んだり、爬虫類を食べたりすると感染します。
体長3cm~10cmぐらいの白い細い虫で腸内に寄生します。
仔猫の感染の場合は母猫からの胎盤から感染です。
成猫が感染してもあまり症状は出ませんが、仔猫に感染すると重篤な症状が現れ死亡することもあります。
猫鉤虫は、土壌に居る虫で、鉤虫の居る土のうえで寝転がったり、歩いたりして皮膚から感染するのと、鉤虫の居る土が付いている物を食べたりする事で感染します。
体調1~2cm位の虫で小腸内に食いつき吸血します。
食いついて吸血する為に、血便を引き起こします。
なかなか治らないタール便や潜血便は猫鉤虫の仕業かもしれません。
成猫ではあまり症状はでませんが、仔猫に感染すると食欲不振や貧血、腹痛、成長不良を引き起こし、重篤化することもあります。
猫鞭虫も土壌にいる寄生虫です。
鞭のような形で、体長は5~7cmです。
やはり腸内に寄生して吸血する寄生虫です。
寄生している鞭虫の数が少なければ症状はあまり出ないのですが、他の寄生虫も居たり、数が多くなると、腹痛、便秘、貧血を起こします。
猫瓜実条虫は、ノミが媒介する腸内寄生虫です。
1cmぐらいに切れて、便に混じって出手来る事の多い、細く白い虫です。
瓜実条虫の卵をノミが食べ、そのノミを猫がグルーミング等で、なめて体内に入れてしまうことで感染します。
深刻な健康被害はありませんが、繁殖力も強いので、駆虫しなければ半永久的に寄生されます。
キウォフプラスなら、1錠でこれらの体内寄生虫を確実に退治します。
しかも、ジェネリック製品ですので、とても経済的です。

ご使用方法

生後6週間から使用可能です。
体重にあわせて用量を決めてください。
0.5kg~ 2.0kg未満 0.5錠 2.1kg~ 4.0kg未満 1錠 4.1kg~6.0kg未満 1.5錠 6.1kg~8.0kg未満 2錠キウォフプラスは、簡単で手で割る事の出来るお薬です。
仔猫であれば、1回投与したら、2週間後にもう一度投与してください。
出来れば2週間毎の投与を生後12週目まで続けると、駆虫効果は確実です。
成猫の場合は、3ヵ月後との投与が理想的です。
嗜好性の高い美味しいフレーバー錠ですので、そのまま投与しても、ご飯に投与しても大丈夫です。

副作用

キウォフプラスは、副作用が少なく、非常に安全なお薬といわれていますが、個体によっては、過敏に反応したり、服用後に軽度の食欲不振、軟便、嘔吐をおこす事があります。
キウォフプラス服用後に、上記以外の異変が合った場合は、速やかに獣医師にご相談下さい。
使用禁忌生後6週間以下の仔猫には絶対に投与しないで下さい。
妊娠中の猫にも投与しないで下さい。
病気療養中、高齢、衰弱している猫に投与する場合は、必ず事前に獣医師に相談し、その指示に従ってください。
他の体内寄生虫駆虫薬と併用しないで下さい。
(特にピペラジン系の薬) 注意点 必ず、体重に合った用量と薬を飲ます感覚をお守り下さい。
使用前には、必ず体重測定を行ってください。
体重に合わない用量の投与は、期待される効果が得られなかったり、予期せぬ副作用が出る場合があります。
治療中で、他のお薬を服用している場合は、使用前に必ず獣医師にご相談下さい。
動物用薬です。
人間には使わないで下さい。
薬を触った手で、目などを触らないようにお気をつけ下さい。
お薬を触った後は、手を洗ってください。
高温多湿、直射日光の当たる場所で保管はしないで下さい。
割って残った錠剤は吸湿しやすくなります、密封して保管してください。
動物や子供の手の届かない場所に保管してください。

商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.