クラビットジェネリック(レボクイン)500mg10錠は、クラミジア、淋病、尿道炎、ニキビ、副鼻腔炎の治療薬クラビットの後発薬

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

クラミジア、淋病、尿道炎、ニキビ、副鼻腔炎の治療薬クラビットの後発薬!
有効成分:レボフロキサシン 500mg


セット数1箱あたり通常価格  
1箱32343234
2箱20374074
3箱16034809
5箱12356175

商品の詳細

※こちらの商品は簡易箱にて配送させていただいております。
有名な抗生物質クラビットの安価なジェネリック医薬品となります。
クラミジアや尿道炎など非常に感染率が高い感染症の治療から、ニキビ治療(アクネ菌への抗菌作用)副鼻腔炎などの治療にも使用されるお薬です。
グラム陽性菌やグラム陰性菌に有効性があり性器クラミジア、淋病、尿道炎等の感染症に使用されます。
様々な感染症に適応があるクラビットジェネリックは、代表的な抗生物質です。
国内では第一三共が2009年に開発し、錠剤以外にも点眼液や点滴剤として販売されています。
有効成分として「レボフロキサシン」を配合しており、国内でもジェネリック医薬品が多く販売されている医療用医薬品です。
抗生物質の中でもニューキノロン系の合成抗菌薬に分類され、主に急性細菌性副鼻腔炎や肺炎、尿路感染症や慢性前立腺炎、上気道炎などの風邪症状にも処方されます。
他の抗生物質と併用して結核や髄膜炎、骨盤腹膜炎などの重症疾患の治療にも用いられます。
それ以外にクラミジアや淋病などの性病にも適応があります。
その他、歯科医院での感染予防にも処方されます。
重症のニキビに処方されるケースもあり、ニキビの原因となるアクネ菌にも効果がある事が証明されています。
クラビットは細菌のDNA複製に必要な酵素に作用し、DNA複製を阻害することで殺菌作用をもちます。
その抗菌作用は殺菌的で、他の抗生物質よりも殺菌作用が強いのが特徴です。
病巣への移行がよく、飲み薬では治療の難しかった難治性の感染症にも高い効果を示します。
他の抗菌薬に比べて副作用も少ないと言われており、セフェム系やペニシリン系の抗生物質にアレルギーがある方でも安心して服用いただけます。
そのため、従来主要品として使われていたオフロキサシン(タリビッド)からレボフロキサシン(クラビット)へと移行し、国内で最も使用される抗菌薬の一つとなりました。
但し、国内では医師の処方箋が必要な医療用医薬品のため、服用に際しては専門医の受診をお勧めいたします。
抗生物質は服用量や服用期間を誤ると耐性菌が発生し、効力がなくなる可能性があるので注意が必要です。
用法用量を守り、正しく服用するのが大切です。
また、飲みあわせや食べ合わせによっては副作用などが現われたり、持病が悪化したりする可能性があるため、注意事項をよく読んで服用してください。

ご使用方法

用法用量は感染症の種類および症状により異なりますが、通常成人に対し1日1錠(500mg)を1日1回水又はぬるま湯で服用します。
クラミジアや淋病などの性病の場合、服用期間は7日~14日間が一般的です。
2週間以上蔓延と服用するのは控えてください。
上気道炎や風邪などの場合は、3日~5日の服用期間が一般的です。
特に、クラミジアなどの性感染症の場合、症状が改善した後も最後まで飲みきるのが大切です。
自己判断により途中で服用を止めてしまうことは、体内に残っている細菌を見逃すきっかけとなり、再発を繰り返してしまいかねます。
てんかんなどのけいれん性の病気や、重症筋無力症あるいは重い心臓病のある方は、悪化に注意するなど慎重に服用を検討してください。
60歳以上の方、ステロイド薬を服用中の方、臓器移植を受けた方は、アキレス腱障害の副作用が出やすいことが臨床試験の結果から明らかになっています。
腎臓機能が弱い方や、腎疾患をお持ちの方は副作用がでやすいため、服用量、服用間隔などに配慮が必要です。
妊娠中の女性や、小さいお子さんには原則服用いただけません。
フルルビプロフェン(フロベン)に代表される鎮痛剤と一緒に服用すると、けいれんの副作用が起こりやすくなります。
アルミニウムやマグネシウム製剤を含む胃腸薬(制酸剤)と同時に服用すると効果が弱くなるため、時間を空けて服用してください。
副作用国内の臨床試験の結果、副作用として、発疹やじん麻疹、下痢・軟便、吐き気、めまい、頭痛、眠気などが報告されています。
他の抗生物質に比べて、クラビットは光線過敏症という皮膚症状が副作用として現われやすいことが報告されています。
極力紫外線を浴びないように、日焼け止めクリームなどのサンケアを心がけてください。
ニキビ治療に使用する場合皮膚科でのニキビ治療ではアクネ菌の抗菌作用のある抗生物質の当薬クラビット(レボフロキサシン)、クラリス(クラリスロマイシン)なども処方されます。
抗生物質以外でのニキビ治療には、ディフェリン(アダパレン)やトレチノイン(肌のターンオーバーを促進)などがあります。
女性の場合、ストレスなどで女性ホルモンの分泌が減少して男性ホルモンの働きが強くなると、その影響でニキビが発症しやすくなります。
その場合、低用量ピルや抗男性ホルモンなどが処方されることもあります。
マイコプラズマ肺炎の症状気道に感染しますが、呼吸系に感染した場合は、気管支炎や肺炎、咽頭炎などが発症します。
以下のような症状が一般的です。
鼻水や鼻づまり咳や痰がからむ咳などのど痛高熱(37~39度以上)呼吸する際にゼーゼー、ヒューヒューなど呼吸音(特に喘息がある場合など)呼吸が苦しい、困難副鼻腔炎の治療副鼻腔炎とは鼻腔に炎症が起きる病気で慢性化すると蓄膿症と呼ばれます。
クラビットの成分レボフロキサシンが副鼻腔炎の治療にも有効となります。

商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.