クラビットジェネリック(LQUIN)250mgは、性感染症のクラミジア(細菌:クラミジアトラコマティス)やアクネ菌が原因のニキビなど、幅広い感染症に有効な成分である、レボフロキサシン250mgを配合した、ジェネリック医薬品です

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

性感染症のクラミジア(細菌:クラミジアトラコマティス)やアクネ菌が原因のニキビなど、幅広い感染症に有効な成分である、レボフロキサシン250mgを配合した、ジェネリック医薬品です。
有効成分:LEVOQUIN(レボフロキサシン)250mg


セット数1箱あたり通常価格  
1箱25802580
3箱10933279
5箱8364180

商品の詳細

クラミジア治療の特効薬「クラビット」 の ジェネリック医薬品(後発薬) です。
クラミジアや尿道炎など非常に感染率が高い感染症の治療から、ニキビ治療(アクネ菌への抗菌作用)副鼻腔炎などの治療にも使用されるお薬です。
特にグラム陽性菌(厚い細胞壁を持つ菌で、ブドウ球菌、レンサ球菌、腸球菌など)およびグラム陰性菌(細胞に外膜を持つ菌で、大腸菌、緑膿菌など)、特にクラミジア治療、淋病、尿道炎に効果が期待できます。
クラミジアの特徴男女共に尿道の違和感、放尿時の違和感、痛み女性はおりものが出やすいクラミジア自体は自覚症状がでない場合が多いクラミジアは治療しないと女性で「不妊症」の原因にクラミジアが悪化すると他の性感染症の感染リスクが高まるクラビットおよびクラビット ジェネリックが特効薬であるニキビ治療に使用する場合皮膚科でのニキビ治療ではアクネ菌の抗菌作用のある抗生物質の当薬クラビット(レボフロキサシン)、クラリス(クラリスロマイシン)なども処方されます。
抗生物質以外でのニキビ治療には、ディフェリン(アダパレン)やトレチノイン(肌のターンオーバーを促進)などがあります。
女性の場合、ストレスなどで女性ホルモンの分泌が減少して男性ホルモンの働きが強くなると、その影響でニキビが発症しやすくなります。
その場合、低用量ピルや抗男性ホルモンなどが処方されることもあります。
マイコプラズマ肺炎の症状気道に感染しますが、呼吸系に感染した場合は、気管支炎や肺炎、咽頭炎などが発症します。
以下のような症状が一般的です。
鼻水や鼻づまり咳や痰がからむ咳などのど痛高熱(37~39度以上)呼吸する際にゼーゼー、ヒューヒューなど呼吸音(特に喘息がある場合など)呼吸が苦しい、困難クラビット ジェネリックの特徴1日1回のクラビット服用で効果を発揮するクラミジア、淋病、尿道炎治療の特効薬である副作用が軽減されている副鼻腔炎(鼻副鼻腔炎)の治療にもクラミジア治療方法通常、クラミジア、淋病、尿道炎治療として、成人でクラビットを1回500mg(500mg:1錠、250mg:2錠)を1日1回経口投与します。
通常、クラミジア治療には10日~14日間服用します。
症状の程度によって、クラビット服用量や期間が決まります。
副鼻腔炎(鼻副鼻腔炎)の治療当薬クラビットジェネリックは、副鼻腔炎(鼻副鼻腔炎)の治療にも効果を発揮します。
副鼻腔炎(ふくびくうえん)とは、鼻腔(鼻の穴の空間で呼気が通る道)とつながっている骨の中の空洞部分に炎症が起きる鼻の病気です。
この副鼻腔炎が慢性的に起こる症状を蓄膿症(ちくのうしょう)と呼びます。
慢性の副鼻腔炎である蓄膿症は、副鼻腔に膿汁と呼ばれる膿がたまることで炎症が起こって発症します。
有効成分レボフロキサシン配合のクラビットは副鼻腔炎の治療薬としても用いられます。
クラビットとニキビ治療抗生物質クラビットの成分レボフロキサシンやクラリスの成分クラリスロマイシンは、ニキビの原因のアクネ菌の殺菌・抗菌効果があるため、ニキビの増殖を阻止してニキビ治療にも効果を発揮します。
効能効果特にクラミジア(性器クラミジア・咽頭クラミジア)、淋病、尿道炎の治療副鼻腔炎(鼻副鼻腔炎)の治療ニキビ治療使用上の注意<以下に1つでも該当する方は、クラビット ジェネリックを決して服用なさらないで下さい>妊婦又は妊娠している可能性のある婦人。
但し、妊婦又は妊娠している可能性のある炭疽の婦人等の重篤な疾患に限り、医師の判断によってクラビットを投与します。
小児等。
但し、小児の炭疽等の重篤な疾患に限り、医師の判断によってクラビットを投与します。
※クラビット ジェネリックの副作用および使用上の注意はここに記載の限りではありません。

商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.