クラビットジェネリック500mg100錠は、クラビットの低価格ジェネリック

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

クラビットの低価格ジェネリック!ニキビ治療にも!1箱100錠でコスパ最高!自宅に常備で安心
有効成分:レボフロキサシン(Levofloxacin)500mg


セット数1箱あたり通常価格 
1箱79807980

商品の詳細

同じ有効成分(レボフロキサシン)を含む他の医薬品 クラビットジェネリック750mg – 677円(1箱)~クラビットジェネリック(レボクイン)250mg10錠 – 1476円(1箱)~クラビットジェネリック250mg – 3293円(1箱)~クラビット500ジェネリック – 854円(1箱)~クラビットジェネリック(LQUIN)250mg – 836円(1箱)~ 全て表示 クラビットジェネリック(レボクイン)500mg10錠 – 1235円(1箱)~ ▲隠す 商品詳細クラミジアや淋病の治療に処方され安いレボクイン500mg (クラビットジェネリック)は有効成分としてレボフロキサシン500mgを含むニューキノロン系の抗生物質です。
商品名クラビット500のジェネリック医薬品で、同等の成分・効果でありながらより安価で購入することができます。
クラビット500はグラム陽性・陰性菌をはじめクラミジア、マイコプラズマ、レジオネラといった様々な細菌を強い効果で死滅させるため尿路感染症、クラミジアや淋病などの性感染症、呼吸器科・皮膚科・歯科・眼科・耳鼻科領域などの感染症など世界中で非常に幅広く使用されています。
インフルエンザなど一般的なウイルス性の風邪には本来であれば無効ですが、細菌による二次感染時やその予防目的でクラビット500が処方されることも多いです。
クラビット500の有効成分であるレボフロキサシンは細菌のDNA複製を阻害することで細菌の増殖を抑制して死滅させる作用があります。
クラビット500は従来の抗生物質に比べて抗菌力が強く病巣への移行も早いため内服薬が効きにくい難治性の感染症にも顕著な効果が現れます。
例えば免疫力低下時に感染し発症しやすい緑膿菌による感染症は重症化してしまうことが多く有効な抗生物質も少ない厄介な病態ですがレボフロキサシンは強い効果を発揮します。
副作用も比較的少なく、ペニシリン系やセフェム系の抗生物質にアレルギーを持つ方にも使用できます。
数年前までは1回100mgを1日3回服用するという用法でしたが、高用量を一気に摂取すると耐性菌ができにくいということが研究で分かり、近年ではクラビット500を1錠(1日1回500mg)という用法が一般的になりました。
しかし抗菌スペクトルが広く非常に人気の抗生物質のため、近年では耐性菌の発現が問題視されています。
また体内に必要な常在菌も殺菌してしまい胃腸の不調、免疫力低下などの恐れがあるのでクラビット500だけではなく全ての抗生物質に言えることですが自己判断で蔓延的に安易に服用するのは避けてください。
クラビットと副鼻腔炎(鼻副鼻腔炎)治療当薬クラビット500はは、副鼻腔炎(鼻副鼻腔炎)の治療にも効果を発揮します。
ニキビ治療に使用する場合皮膚科でのニキビ治療ではアクネ菌の抗菌作用のある抗生物質の当薬クラビット(レボフロキサシン)、クラリス(クラリスロマイシン)なども処方されます。
抗生物質以外でのニキビ治療には、ディフェリン(アダパレン)やトレチノイン(肌のターンオーバーを促進)などがあります。
女性の場合、ストレスなどで女性ホルモンの分泌が減少して男性ホルモンの働きが強くなると、その影響でニキビが発症しやすくなります。
その場合、低用量ピルや抗男性ホルモンなどが処方されることもあります。
マイコプラズマ肺炎の症状気道に感染しますが、呼吸系に感染した場合は、気管支炎や肺炎、咽頭炎などが発症します。
以下のような症状が一般的です。
鼻水や鼻づまり咳や痰がからむ咳などのど痛高熱(37~39度以上)呼吸する際にゼーゼー、ヒューヒューなど呼吸音(特に喘息がある場合など)呼吸が苦しい、困難使用方法クラビット500を通常成人は1回500mgを1日1回服用します。
また疾患や身体の状態に合わせて適宜減量します。
服用期間はクラミジア感染症の場合は7~14日間ですが歯科や耳鼻科領域の感染症などでは3~5日程度です。
このように疾患によって変わるので必ず医師の指示に従って服用してください。
なお、疾患・症状に応じて適宜減量する。
腸チフス、パラチフスについては、レボフロキサシンとして1回500mg(500mg:1錠、250mg:2錠)を1日1回14日間経口投与します。
また長期投与が必要となる場合は、経過観察を十分に行って下さい。
症状の程度によって、クラビットを服用する量や期間が決まります。
服用は必ず医師の指導のもとで行って下さい。

副作用

クラビット500は副作用は少ないですが、主に下痢が報告されています。
軽度であればさほど心配いりません。
その他発疹や光線過敏症などの皮膚症状、めまい、頭痛、眠気などが報告されているので、酷い下痢をはじめ身体に何らかの明らかな異常があればすぐ医師に相談してください。
滅多に起こりませんが重大な副作用としてけいれん、アナフィラキシーショック、腎障害、肝障害、皮膚粘膜障害、血液障害、アキレス腱障害、横紋筋融解症、低血糖、不整脈、間質性肺炎、大腸炎などが報告されているので注意が必要です。
てんかんなどのけいれん性の疾患、重症筋無力症、重度の循環器疾患、高齢者、腎障害の方は服用に慎重な注意が必要です。
有効成分フルルビプロフェンを含む鎮痛薬とクラビット500の併用はけいれんの発症リスクが上がります。
アルミニウムやマグネシウムを含む薬と同時に服用すると有効成分レボフロキサシンの効果が弱まる恐れがあるので2時間ほど間隔を空けてください。
他にも飲み合わせがあまり良くない薬が多数存在するので何らかの疾患で服薬治療中の方はクラビット500を服用する前に医師に相談してください。
使用上の注意<以下に1つでも該当する方は、クラビット500を決して服用なさらないで下さい(禁忌)。
>妊婦又は妊娠している可能性のある婦人。
但し、妊婦又は妊娠している可能性のある炭疽の婦人等の重篤な疾患に限り、医師の判断によって投与します。
小児等。
但し、小児の炭疽等の重篤な疾患に限り、医師の判断によって投与します。
※副作用および使用上の注意はここに記載の限りではありません。

商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

関連記事 - Related Posts -

最新記事 - New Posts -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.