クラビットジェネリック750mgは、クラビットジェネリックはシプラ社が販売しているニューキノロン系抗生剤です1日1回の服用で効果を発揮しますので、飲み忘れの心配もありません

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

クラビットジェネリックはシプラ社が販売しているニューキノロン系抗生剤です1日1回の服用で効果を発揮しますので、飲み忘れの心配もありません。幅広い殺菌効果があるため、のどの痛みや、肺炎、膀胱炎など様々な症状に効くのが特徴です。
有効成分:レボフロキサシン 750mg


セット数1箱あたり通常価格  
1箱24392439
2箱13612722
3箱10023006
5箱6773385

商品の詳細

様々な感染症に効果が高い抗生物質クラビットジェネリック750mgは、有効成分としてレボフロキサシン750mgを含有する医薬品です。
レボフロキサシンは「ニューキノロン系」という分類の抗生物質で、従来の抗生物質よりも抗菌力が強く、様々な菌種に対して有効性が認められています。
また、ペニシリン系の抗生物質においてアレルギー反応がある方でも、使用することが可能な抗生物質です。
クラビットジェネリック750mgでは、細菌のDNAの複製に関わる酵素である「DNAジャイレース」と「DNAトポイソメラーゼⅣ」という酵素を阻害することで、細菌が増殖するのを防ぐことができますこれらの阻害の力は従来使われていた抗生物質である「オフロキサシン」の約2倍であり、抗菌作用が強いことがわかっています。
幅広い抗菌スペクトルや高い組織・細胞内移行性を持つことから、様々な疾患に用いることが出来ます。
レボフロキサシンの適応症としては①泌尿・生殖器の感染症(膀胱炎や尿道炎、腎盂腎炎、前立腺炎、性行為感染症など)、②腸管・腹腔感染症(細菌性腸炎、旅行者下痢症など)、③呼吸器感染症(細菌性肺炎、副鼻腔炎、中耳炎など)、④皮膚感染症(アクネ菌など)などが重要となります。
クラビットは泌尿器の感染症では非常に有効な薬剤の一つであり、使用している患者様も多いと言われています。
レビフロキサ真は比較的新しい種類の抗生剤であるので、従来の抗生物質で効果が無かった場合でも、クラビットジェネリックであれば効果が期待できると考えられます。
抗生物質は、定められた期間しっかりと服用をすることで効果を発揮することが出来るので、服用することを忘れないようにして下さい。
以前は1日3回、1回レボフロキサシン100mgで使用されていましたが、現在ではPK-PD理論の観点から、1日1回、1回500mgで投与して最高血中濃度を高めた方が効果的であることがわかっています。
多くの抗生物質は1日2~3回の服用が必要となりますが、クラビットジェネリックでは1回であることも、人気の理由の一つとなっています。
クラビットの適応適応菌種は、「本剤に感性のブドウ球菌属、レンサ球菌属、肺炎球菌、腸球菌属、淋菌、モラクセラ(ブランハメラ)・カタラーリス、炭疽菌、結核菌、大腸菌、赤痢菌、サルモネラ属、チフス菌、パラチフス菌、シトロバクター属、クレブシエラ属、エンテロバクター属、セラチア属、プロテウス属、モルガネラ・モルガニー、プロビデンシア属、ペスト菌、コレラ菌、インフルエンザ菌、緑膿菌、アシネトバクター属、レジオネラ属、ブルセラ属、野兎病菌、カンピロバクター属、ペプトストレプトコッカス属、アクネ菌、Q熱リケッチア(コクシエラ・ブルネティ)、トラコーマクラミジア(クラミジア・トラコマティス)、肺炎クラミジア(クラミジア・ニューモニエ)、肺炎マイコプラズマ(マイコプラズマ・ニューモニエ)」です。
適応症としては「表在性皮膚感染症、深在性皮膚感染症、リンパ管・リンパ節炎、慢性膿皮症、ざ瘡(化膿性炎症を伴うもの)、外傷・熱傷及び手術創等の二次感染、乳腺炎、肛門周囲膿瘍、咽頭・喉頭炎、扁桃炎(扁桃周囲炎、扁桃周囲膿瘍を含む)、急性気管支炎、肺炎、慢性呼吸器病変の二次感染、膀胱炎、腎盂腎炎、前立腺炎(急性症、慢性症)、精巣上体炎(副睾丸炎)、尿道炎、子宮頸管炎、胆嚢炎、胆管炎、感染性腸炎、腸チフス、パラチフス、コレラ、バルトリン腺炎、子宮内感染、子宮付属器炎、涙嚢炎、麦粒腫、瞼板腺炎、外耳炎、中耳炎、副鼻腔炎、化膿性唾液腺炎、歯周組織炎、歯冠周囲炎、顎炎、炭疽、ブルセラ症、ペスト、野兎病、肺結核及びその他の結核症、Q熱」が挙げられます。

ご使用方法

用法・用量は、「通常、成人にはレボフロキサシンとして1回500mg(2/3錠)を1日1回経口投与する。
なお、疾患・症状に応じて適宜減量する。
」とされています。

副作用

クラビットの頻度の高い副作用としては、悪心嘔吐、食欲不振、下痢、頭痛、めまい、睡眠障害などが挙げられます。
特に65歳以上の高齢者において副作用の発現率が高いことがわかっているので、注意が必要となります。
胃酸を中和する制酸剤、鉄剤、 ワルファリン、一部の解熱鎮痛剤を使用している場合には服用しないようにして下さい。
また、コラーゲンの合成阻害による軟骨障害は報告されており、投与中に腱炎や腱鞘炎の症状が出た場合には、クラビットジェネリックの影響を考慮する必要があります。
妊婦又は妊娠している可能性のある方や、授乳中の方では安全性が確立していないので、レボフロキサシンを服用しないようにして下さい。
その他、意識障害等があらわれることがあるので、自動車の運転や危険を伴う機械の操作に従事する場合には、十分に注意するようにして下さい。

商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.