クラビット500ジェネリックは、クラビット500ジェネリックはニューキノロン系の抗菌薬のクラビット500のジェネリック医薬品です

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

クラビット500ジェネリックはニューキノロン系の抗菌薬のクラビット500のジェネリック医薬品です。呼吸器や皮膚科、耳鼻科領域の感染症や、クラミジアや淋病といった性感染症など、さまざまな感染症に効果を発揮します。
有効成分:LEVOQUIN(レボフロキサシン)500mg


セット数1箱あたり通常価格  
1箱29802980
3箱13273981
5箱9964980
7箱8545978

商品の詳細

クラビットは、「ニューキノロン系抗生物質」という種類に分類されるお薬で、幅広い抗菌スペクトルや高い組織・細胞内移行性を持つことから、さまざまな菌種に対して有効なお薬です。
当薬クラビット500ジェネリック(LQuin)は先発薬と同じ成分を含有する後発薬で、膀胱炎、クラミジア、淋病など感染症の他、気管支系の感染、ニキビの治療まで幅広く処方されます。
1996年に米国ではじめて承認されたお薬で、有効成分として「レボフロキサシン」が配合されており、殺菌作用を目的に医療現場でも幅広く使用されています。
クラビット(CRAVIT)の商品名は、「熱望する、切望する」という意味の「CRAVE」と、「それ」という意味の「IT」をかけ合わせた造語で、待ち望まれたお薬であることをあらわしています。
医療用医薬品としても、「クラビット錠500」として内服薬で使用されているのみならず、点滴や点眼薬などの幅広い剤型で用いられており、現在はWHO必須医薬品モデル・リストにも収録されています。
グラム陰性菌からグラム陽性菌まで、幅広い範囲の菌種に対して有効性を示すため、他の抗生物質が効かない場合に2次選択として用いられることもあります。
クラビットは、「DNAジャイレース」と「DNAトポイソメラーゼⅣ」という酵素を阻害することで、効果を発揮します。
これらは、細菌のDNAの複製に関わる酵素であり、細菌が増殖をおさえることによって、殺菌作用を示します。
これらの酵素を阻害する力は、従来用いられていた抗生物質である「オフロキサシン」のおよそ2倍であり、抗菌作用が強いことがわかっています。
クラビットは「女性の膀胱炎」にも効果がありますので、同様にニューキノロン系抗菌薬に属する「グレースビット(シタフロキサシン)」をお探しの方もクラビットをご検討ください。
クラビット500は幅広い感染症に効果があり以下のような症状に処方されます。
性感染症のクラミジアと淋病 呼吸器感染症(急性気管支炎、咽頭炎、扁桃炎、肺炎など) 皮膚の感染症、尿路感染症(腎盂腎炎、膀胱炎、尿道炎など) 婦人科領域の感染症(子宮頸管炎など) 耳鼻科領域の感染症(中耳炎、外耳炎、副鼻腔炎(蓄膿症)、扁桃炎など) ニキビの治療 歯科領域の感染症 マイコプラズマ、レジオネラによる感染クラビットは市販で買えませんクラビットのように、内服薬としての抗生物質は、ドラッグストアや調剤薬局などにおいても、市販では購入することができません。
抗生物質は、専門家の指示に基づく適切な使用方法以外で使用してしまうと、薬剤耐性菌(抗生物質が効かない菌)の出現につながります。
クラビットの交付を受けるためには、医療機関を受診した上で、医師の診察や検査を受けなくてはなりません。
仕事が忙しくて病院に行けない場合や、医療機関を受診することが難しい場合には、個人輸入という方法もあります。
前述のとおり市販では購入できませんが、自己使用を目的とした輸入は認められているので、インターネットなどを用いれば入手することは可能です。
また、個人輸入代行業者を利用すれば、複雑なやり取りや外国語の知識は必要ありませんので、おススメの方法です。
使用方法クラビット500ジェネリックは、通常、成人にはレボフロキサシンとして1 回500mgを1日1回水またはぬるま湯で服用します。
肺結核やその他の結核症に使用する場合は、原則として他の抗結核薬と一緒に使用してください。
腸チフス、パラチフスにはレボフロキサシンとして1回500mgを1日1回14日間服用します。
なお、症状により適宜減量してください。
クラビット500ジェネックは1日1回服用する薬です。
1日に複数回少量ずつ服用するよりも、1回500㎎服用する方が有効性が高く、耐性菌の出現を抑えられると考えられています。
ただし、腎機能が低下している方は必要に応じて投与量を減らしてください。
また、症状がよくなったからと服用をやめると、生き残っている細菌により感染症の症状がぶり返すことがあります。
耐性菌も発現しやすくなるため、症状が改善するまではきっちりと服用してください。
性感染症の中でも感染者が多いのがクラミジアです。
男性が感染するとかゆみや違和感などの症状がありますが、女性の場合は感染しても自覚症状に乏しく、感染自体に気付かないことがあります。
しかし、治療せずに放置すると不妊の原因となりますので、きちんと治療することが大切です。
また、クラミジア感染者の多くに淋菌への感染が確認されますが、クラビット500ジェネリックはどちらにも効果があります。
なお、クラビット500ジェネックを服用して症状が改善されない場合は、別の疾患の可能性があります。
服用を中止して、医師に相談下さい。

副作用

クラビットジェネリックによる副作用ですが、軽い症状として吐き気やめまい、不眠、発疹、頭痛などの症状が報告されていますまれに、ショックやアナフィラキシー様症状、重い皮膚や粘膜の症状、けいれん、急性腎不全や劇症肝炎などの腎臓や肝臓の重い症状、間質性肺炎、低血糖、横紋筋融解症などの重篤な症状がおこることがあります。
もしも、重篤な症状が現れた時は服用を中止し、すぐに医療機関で相談してください。
また、ニューキノロン系の抗菌薬は、日光に当たると赤くなったり水ぶくれができる光線過敏症を起こす可能性があります。
クラビットジェネリックを服用中は長袖を着用するなど、できるだけ直射日光を避ける方がよいでしょう。
使用・併用禁忌クラビット500ジェネリックは妊娠している可能性のある方、妊娠中の方は原則として服用できません。
また、授乳中の方も服用は避けてください。
また、15歳未満の子供に対する安全性は確認されていないので、子供は服用できません。
腎機能障害をお持ちの方、てんかんを起こしたことがある方、ニューキノロン系の抗菌薬にアレルギーがある方、重い心疾患をお持ちの方、重症筋無力症の方、高齢の方も服用に注意をしてください。
泌尿器系の症状への効果クラビットは、泌尿器や生殖器の感染症である、膀胱炎・尿道炎・腎盂腎炎・前立腺炎・性行為感染症などのさまざまな疾患に用いることができます。
特に、膀胱炎は尿道の短い女性に多く、女性の2人に1人はかかるといわれているほどメジャーな病気です。
細菌感染などによって膀胱に炎症が起こり、排尿に支障が出てしまう病気で、放置してしまうと腎盂腎炎などの重篤な症状を引き起こします。
排尿時の痛みや高熱が続く場合には、膀胱炎をうたがいましょう。
クラビット500mgを1日1回、5日間連続で服用することで治療は完了します。
クラビットとクラミジア治療性病の中でも感染率の高いクラミジアは、細菌とウイルスの間のような微生物に属します。
生きた細胞の中で増殖していくのが特徴で、性器以外に喉(咽頭部)への感染もみられます。
クラミジアに感染したパートナーとの1回のセックスで感染するリスクは、約50%と言われています。
症状は男女差があり、女性の場合は白いおりものやかゆみが特徴的です。
男性の場合は尿道炎が主な症状として挙げられますが、症状に気づかない方も多くいらっしゃいます。
クラミジアに感染した場合、HIVへの感染率が上がることが報告されており、早く治療するのが大切です。
クラビットの有効成分レボフロキサシンはクラミジアのDNA複製を阻害することで増殖を抑える作用と、クラミジアを撃退する殺菌的な作用があります。
より早くレボフロキサシンを服用することが望ましいため、症状が現われた際には泌尿器科や婦人科などの医療機関を受診するようにしてください。
ご自宅でクラミジアの検査を受けられる検査キットも販売されていますので、クラミジアと判明した場合にも備えてクラビットを自宅に常備しておくと早期の治療に役立ちます。
クラビットと淋病治療性感染症(STD)の一種である淋病は尿道に強い炎症と痛みを生じる感染症です。
性器クラミジア感染症と同時に感染していることが多く、性感染症が疑われる場合はクラミジアと同時に検査されることがよくあります。
クラミジアの感染は女性に多いのに対し、淋病は圧倒的に男性に多いのが特徴です。
女性の場合無症状であることが多く、女性が症状に気づいた時は重度であることが多いとされます。
感染力はさほど強くありませんが、性行為(セックス)での感染が一般的で、1回の性行為で淋病が感染する確立は、約30%ほどです。
感染源である淋菌は細菌の一種であるため、クラビットやジスロマックなど抗生物質で治療するのが一般的です。
泌尿器科では淋病に対し、クラミジアにも適応があるレボフロキサシン(クラビット)が一般的に処方されます。
1回500mgを1日に1回、1週間飲みきるのが大切です。
途中でクラビットの服用を辞めたり、規則正しく飲めなかったりした場合、耐性菌が現われることがあるので注意が必要です。
副鼻腔炎などの呼吸器の症状への効果クラビットは、呼吸器の感染症である、肺炎・慢性閉塞性肺疾患・中耳炎・副鼻腔炎などの治療においても効果を発揮します。
一見、ただの風邪のように思える場合もありますが、何らかの菌がひそんでおり、重篤な症状を引き起こすることもあるので注意が必要です。
また、呼吸器の感染症では、マイコプラズマやクラミジアが原因となることもあるので、特に注意が必要です。
マイコプラズマは学齢期の子供の扁桃炎や気管支炎、肺炎の原因となり、重症例では呼吸不全や胸水貯留を呈します。
マイコプラズマは通常の細菌とは異なり、細胞壁を持たないため、ペニシリンやセフェム系の抗生物質は効果をあらわしませんが、クラビットはDNAの複製を担う酵素に作用するため、有効性を示します。
ニキビ治療に使用する場合クラビットは、ニキビの治療においても効果を発揮します。
わたしたちの皮膚の表面には、「アクネ菌」という常在菌が存在しています。
このアクネ菌は皮脂をエサとして成長しますが、皮脂を分解する際にできる「脂肪酸」は皮膚の炎症を引き起こし、ニキビの原因となることがあります。
クラビットを内服することで、これらのアクネ菌が退治され、脂肪酸がつくられる量が減ることによってニキビの治療に効果を発揮します。
ニキビ治療には、ミノマイシンやファロム、ルリッドなどの抗生物質も用いられますが、クラビットはこれらのお薬に比べて副作用や飲み合わせが少ないという特徴もあります。
クラビットと風邪の治療風邪はほとんどの場合ウイルス感染によるものであり、クラビット500をはじめ抗生物質はウイルスには無効であるため風邪を治すことはできません。
クラビットを風邪に対する治療で使用する場合は、主に細菌感染による疾患(例えばマイコプラズマや溶連菌に感染した場合では風邪とよく似た症状がはじめに発現します。
)の可能性がある場合とウイルス感染時の細菌の二次感染の予防・対処が挙げられます。
また、少ないケースですが細菌性の風邪に対してはクラビットなどの抗生物質がもちろん有効です。
こういった場合に使用する場合、一般的にはクラビットを通常成人は1日1回500mgを3日間~長くて7日間ほど服用します。
クラビットなどの抗生物質には風邪自体を治す効果はないことと風邪による熱・鼻水・喉の痛みなどの症状を直接抑える作用はないことを留意してください。
また、自己判断での安易で蔓延的なクラビットの服用は耐性菌発現の恐れがあるため控えてください。
クラビットと膀胱炎の治療膀胱炎の治療は一般的にクラビット500をはじめとする抗生物質の内服による治療です。
軽度な急性膀胱炎であれば薬を使用せず自然治癒することもありますが、大体の場合は抗生物質を服用します。
急性膀胱炎は大腸菌などの細菌が膀胱内に侵入・繁殖して膀胱粘膜に炎症が起きる疾患ですが、クラビットなどのニューキノロン系抗生物質は膀胱炎の原因菌に対し強い抗菌作用を発揮し菌を死滅させることができます。
膀胱炎の治療でクラビットを使用する場合、通常成人は1日1回500mgを2~5日間ほど続けて服用します。
毎日同じ時間帯に服用できれば何時でも問題ありません。
多くの場合はこの日数で治癒しますが、症状が改善しない場合は蔓延的に服用せずに受診して医師の指示に従ってください。
クラビットなど抗生物質の自己判断での服用中止や延長は耐性菌発現の恐れがあり危険なので避けてください。
また、妊娠中の方はクラビットを原則服用できないので注意してください。
クラビットと蓄膿症の治療クラビット500は抗菌スペクトルが広く多くの細菌に強い抗菌作用を発揮するため様々な領域での感染症に使用されます。
あらゆる年齢層でよく起こる蓄膿症にも有効です。
蓄膿症は慢性副鼻腔炎のことをいいます。
副鼻腔炎は鼻粘膜に病原菌が感染して炎症が起き膿が溜まる疾患で、鼻の痛み・鼻水・鼻づまりなどの症状が続きます。
風邪が悪化すると急性副鼻腔炎を起こしやすくなりますが、さらに放置すると慢性化すなわち蓄膿症になり、上記の症状に加え嗅覚障害・目の間や頬の痛み、膿による口臭など症状も重くなっていきます。
症状や状態が酷い場合は手術が行われますが、基本的には抗生物質内服の治療により完治が可能です。
抗生物質はクラビットなどニューキノロン系抗生物質の他にマクロライド系抗生物質もよく使用されます。
クラビットは特に急性副鼻腔炎のほうに強い効果があります。
発症初期に正しく服用すれば数日間で完治することも多いです。
ただし、蓄膿症のほうは治療が長期間に渡ることも多く、クラビットをはじめ抗生物質の自己判断での蔓延的な服用は危険です。
必ず医師の指示に従い服用するようにしてください。

商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.