ケトコナゾール配合シャンプー(ニゾラルシャンプー)は、抗真菌作用をもち、フケにお悩みの方にぴったりの薬用シャンプーです

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

抗真菌作用をもち、フケにお悩みの方にぴったりの薬用シャンプーです。市販のスカルプシャンプーでは治療できない脂漏性皮膚炎に効果があり、頭皮トラブルを解決することで育毛効果も期待されています。
有効成分:ケトコナゾール 2% w/w


セット数1箱あたり通常価格  
1箱33803380
2箱21904380
3箱18275481
5箱15167580
7箱13979779

商品の詳細

ケトコナゾール配合シャンプーは、抗真菌(抗カビ)薬の成分を配合したシャンプーで、ニゾラールシャンプーとも呼ばれています。
通常の洗浄剤に抗生物質が添加されることによって、フケ・かゆみ・頭皮の汗臭を防ぐだけではなく、薄毛の解消にも効果を発揮することがわかっています。
国内ではケトコナゾールを配合したシャンプーは販売されていませんが、似た製品としては持田ヘルスケアの販売する、「コラージュ」というシリーズが該当します。
こちらは抗真菌成分である「ミコナゾール硝酸塩」と、抗酸化・抗菌成分「オクトピロックス®」を配合した医薬部外品で、頭皮の気になる症状に効果を発揮することがわかっています。
ちなみに、ケトコナゾール単独の薬剤は医療用医薬品では「ニゾラール」として用いられているお薬です。
本剤の有効成分であるケトコナゾールは、真菌症を治療する際に使われるアゾール系真菌薬のひとつです。
真菌症とは真菌(カビ)が皮膚や体内に寄生、感染して起こる感染症で、白癬(タムシ、水虫など)やカンジダ症などがあります。
ケトコナゾールは皮膚糸状菌(Trichophyton属、Microsporum属、Epidermophyton属)、Candida属、癜風菌(Malassezia furfur)に対して、強い抗真菌作用を示すことがわかっており、このような真菌の細胞膜の構成成分である、エルゴステロールの生合成阻害作用を介して抗真菌作用を示すのです。
また、ケトコナゾールのシャンプー剤には、脂漏性皮膚炎を抑える事によって脱毛を抑えるという効果もあるのです。
頭皮においてマラセチア菌が異常繁殖すると、フケを生じて毛根に炎症を起こす、脂漏性皮膚炎が発症します。
この状態が悪化すると、粃糠(ひこう)性脱毛症が起こり、脱毛症状が引き起こされるのです。
ケトコナゾールは真菌であるマラセチア菌を殺菌して、このような粃糠性脱毛症を抑えることができるのです。
日本皮膚科学会が出版している「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017 年版」においても、ケトコナゾールの外用の有用性が、審議されています。
結論としては、根拠となるデータが少ないことから「ケトコナゾールの外用を行ってもよい」という記載にとどまっていますが、効能を否定するような内容ではありません。
頭皮において、皮脂が異常分泌されている状態を整え、毛髪にとって適した頭皮環境にすることで、脱毛症の改善効果が期待できるのです。
2%ケトコナゾールシャンプーと。
市販のシャンプーを用いた27 名の男性被験者を対象として、21カ月の比較試験を行いました。
使用した方のpilary index(PI)=成長期毛率(A%)×毛髪直径平均値(Dμm)を見たところ、2%ケトコナゾールシャンプーを使用した群では、使用開始6 カ月より増加していることがわかっています。
別の試験においても、2%ケトコナゾール含有ローションを用いた試験では、6 名の男性被験者のうち2名において、著明な発毛を認めたのです。
(観察期間10~12 カ月間の症例集積研究において、皮膚科医が評価) 以上の結果から、男性型脱毛症に対してケトコナゾールを外用で用いることは、発毛効果に関して有用性を示す弱い根拠があるので外用を行ってもよいとされています。
一方で、女性型脱毛症に対する有効性を示す根拠は未だ不足していますが、副作用が軽微な点も考慮して同じく行ってもよいこととされています。
※スカルプDシャンプーなど『市販のスカルプシャンプー』には成分ケトコナゾールは含まれませんので、脂漏性皮膚炎を治療することができません。

ご使用方法

最初の2~4週間は週に2回、頭皮治療シャンプーを使って洗髪します。
その後は1~2週間に1回のペースで使用してください。
頭皮を濡らしてから頭皮治療シャンプーで洗髪し、5分ほど放置してからよくすすぎます。
本製品の期待できる効果および使用方法は、下記の通りです。
頭皮のフケ・かゆみ・頭皮の汗臭の防止、脂漏性皮膚炎に伴う粃糠性脱毛症など 頭皮と髪全体をしっかり濡らし、適量を手に取り、指の腹で頭皮をマッサージするようにていねいに洗ってからすすいでください。

副作用

本剤の主成分であるケトコナゾールは、妊娠中の投与に関する安全性は確立していません。
皮膚からはほとんど吸収されないことがわかっていますが、経口投与における動物実験で催奇形作用が報告されています。
妊婦、授乳婦及び妊娠している可能性のある婦人に対しての使用は、専門家の判断を仰ぐようにしてください。
頭皮治療シャンプーの2つの特徴(1)脱毛の原因DHTの生成を阻止する有効成分ケトコナゾールは抜け毛の原因となる酵素DHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑制し、男女の抜け毛の原因を改善します。
DHTは男性型脱毛症、いわゆるAGAが原因の抜け毛と関連がありますが、近年、多くの女性が日々のストレスなどで抜け毛や薄毛に悩んでおり、そのような女性の薄毛はFAGA(女性男性型脱毛症)と呼ばれます。
(2)頭皮に常に存在する真菌の繁殖を阻止する頭皮には常在菌といって常に菌が存在し頭皮の状態や体調などで活発化して繁殖する場合があります。
この常在菌の異常繁殖が脂漏性皮膚炎やフケ、かゆみ、頭皮の湿疹、赤みなどの原因で脱毛の原因となります。
頭皮治療シャンプーの成分ケトコナゾールには市販のスカルプケアシャンプーにはない抗菌作用が強く、週に2回の使用のみで十分に常在菌の異常繁殖を治療できます。
脂漏性湿疹の症状と原因脂漏性湿疹は頭皮や顔にできる湿疹で、赤いポツポツができる角質のくず(フケ)が皮膚に付着する非常にかゆい という特徴があります。
幼児や高齢者に多い皮膚病ですが、成人でもストレスやホルモンバランスの乱れなどで免疫機能がおちたときにでることがあります。
皮脂の分泌が多い部分に起きやすい症状ですが、直接の原因は日和見的に真菌(カビ)の1種のマラセチアが繁殖することです。
真菌類はふだんから皮膚の上にある菌ですが、体力が弱ったり、精神的なストレスがたまったりして免疫力が低下すると異常に繁殖することがあります。
真菌が繁殖すると、皮脂が肌に刺激のある遊離脂肪酸に変化して皮膚を刺激し、湿疹をおこします。
これらの症状の改善に効果を発揮するのが頭皮治療シャンプーの有効成分ケトコナゾールです。

商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.