ケフレックス(セファレキシン)500mgは、ケフレックスはセファレキシンを主成分とするセフェム系の抗生物質です

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

ケフレックスはセファレキシンを主成分とするセフェム系の抗生物質です。国内でもケフレックスカプセル250㎎として処方されています。細菌の細胞壁合成を阻害することで細菌の増殖を抑えて、幅広い感染症に効果があります。
有効成分:セファレキシン500mg


セット数1箱あたり通常価格  
1箱33803380
2箱21904380
3箱17605280
5箱13966980

商品の詳細

ケフレックス(セファレキシン)はカプセルタイプの抗生物質で、有効成分としてセファレキシンを500mg配合しています。
セフェム系の抗生物質に分類され、様々な細菌の殺菌に効果があります。
国内ではケフレックスカプセル、L-ケフレックス顆粒、ケフレックスシロップ用細粒として2007年に承認・販売されています。
塩野義製薬が販売するケフレックス以外にも、セファレキシンを配合した抗生物質としてラリキシン錠があります。
製品特許が切れた後は、国内でも多くのジェネリック医薬品が製造販売されています。
当社のケフレックス(セファレキシン)500mgは、インドの製薬会社であるフリン・ファーマ社が製造販売しています。
ケフレックスは中耳炎や副鼻腔炎などの耳鼻咽喉科でよく処方される傾向にあります。
他にも皮膚感染症や乳腺炎、咽頭炎、膀胱炎、急性気管支炎、肺炎などにも適応があります。
のどの痛みや発熱を伴う一般的なかぜの症状にも処方されます。
歯科領域では歯周組織炎、歯冠周囲炎、顎炎、抜歯創・口腔手術創の二次感染にも適応があり、歯医者さんでも処方される医療用医薬品です。
セフェム系抗生物質であるケフレックス(セファレキシン)は、グラム陽性菌だけではなく一部のグラム陰性菌にも有効です。
細菌の細胞レベルに作用し、細菌の細胞壁の合成を妨げることで殺菌的に作用します。
セフェム系の抗生物質では比較的副作用は少ないお薬ですが、抗生物質の共通的な副作用として下痢や腹痛があります。
じん麻疹や喘息など、アレルギー性の疾患をお持ちの方は主治医に相談の上で服用してください。
腎臓系の疾患をお持ちの方や、ご高齢の方も副作用がでやすいため、服用する用量を少なくするなどの注意が必要です。
国内の臨床試験の結果、ケフレックスカプセルでは発疹、蕁麻疹、紅斑、そう痒、発熱、リンパ腺腫脹、関節痛などの症状が5%の頻度で発症しています。
稀にアナフィラキシーという急性アレルギー症状が発現することがあります。
呼吸困難や全身性のかゆみなどの症状が現れた際には、すぐに医療機関を受診するようにしてください。

ご使用方法

通常成人に対し、1回250mgを6時間ごとに服用します。
朝9時に服用した場合、お昼15時、夜の21時に1錠を服用します。
ケフレックス(セファレキシン)は1錠500mgのため、ピルカッターなどで半錠に割ってから服用してください。
単純膀胱炎、皮膚組織炎症、連鎖球菌咽頭炎の場合は、1回250mg(半錠)を12時間ごとに服用します。
朝9時に服用した場合は、次に夜21時に服用してください。
重症の場合は1回500mgまで増量が可能です。
ただし、ご年齢や体重・症状に応じて医師が用量を調整しますので、自己判断で増量することは控えてください。
服用して2日~4日で症状が改善しますので、症状が治まったら服用を止めて下さい。
4日以上服用しても効果が現われない場合は、他のお薬への変更を検討してください。
飲むタイミングは、できるだけ食後に服用するようにしてください。
胃腸薬(制酸剤)と一緒に服用することは控えてください。
効果が現われにくくなるため、2時間以上空けて服用してください。
糖尿病の診断に用いる尿糖検査(ベネディクト試薬、フェーリング試薬)に影響があることが分かっています。
疑陽性が出ることが稀にあります。
尿糖検査を実施される際は、ケフレックス(セファレキシン)を服用している旨申告してください。
妊娠中の方、授乳中の方は原則服用できませんが、医師の判断で有益性がリスクを上回った際に処方されることがあります。
高齢者の方は代謝機能が落ちているため、副作用が現れやすくなります。
また、ビタミンKの欠乏に伴い出血傾向もありますので、注意が必要です。
セファレキシンは犬・猫のバクテリアの感染を治療する抗生物質としても有名です。
犬の場合は1日に2回セファレキシンとして投与します。
容量は1回あたり体重の1kgあたり22~30mgの投与が目安です。
猫の場合は1日に1回投与しますが、1回あたり体重1kgに着き22mgの投与が目安です。

副作用

使用上の注意 蕁麻疹、発疹、発熱、リンパ腺振、血小板の減少、GOT、GPT,Al-P上昇、下痢など。
副作用は上記に限りません。

商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.