コエンザイムQ10 100mgは、コエンザイムQ10は、年齢とともに減少し老化と深い関わりがある成分です

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

コエンザイムQ10は、年齢とともに減少し老化と深い関わりがある成分です。コエンザイムQ10の摂取により活性酸素の攻撃を防ぎ老化の進行を抑制する効果があります。
有効成分:Coenzyme Q10(コエンザイムQ10)100mg


セット数1箱あたり通常価格  
1箱31803180
3箱18135439
5箱14457225
7箱13269282
10箱127812780

商品の詳細

コエンザイムQ10 100mgは、体内において不足した補酵素を補うお薬です。
細胞のエネルギー産出をサポートし、エネルギーやスタミナを増加させる働きがあります。
また、強力な抗酸化作用を持ち、酸化抑制や心臓血管機能の維持の役割を担っています。
コエンザイムQ10の「コエンザイム」とは「補酵素」という意味をあらわしており、「10」という数字は化合物中のイソプレン骨格の数をあらわしています。
ユビキノンともよばれる脂溶性のビタミン様物質であり、生体内においても合成され、心臓・肝臓・腎臓などに多く含まれています。
「代謝性強心剤」という分類のお薬で、ユビデカレノン100mgを主成分としています。
医療用医薬品でも「ノイキノン」として用いられているお薬で、うっ血性心不全の治療に用いられるお薬です。
コエンザイムQ10の働きとして、強力な抗酸化作用が認められています。
年齢を重ねることによって、しみやしわが増えてしまい、肌の透明感が失われてしまいます。
これらの原因の一つとしては、体内で酸化が起こっていることが挙げられます。
酸化は細胞の老化とも言われており、活性酸素が過剰に分泌されることによって、疲労をしやすい・疲れやすい・肌の張りツヤがなくなるなど、様々な影響が出るのです。
抗酸化作用を持つ本剤を服用することによって、活性酸素に拮抗する働きが期待されているのです。
コエンザイムQ10の薬効薬理としては、虚血心筋での酸素利用効率の改善、心筋でのATP(アデノシン三リン酸)の賦活、低下した心機能の改善、抗アルドステロン作用が挙げられます。
特に、ミトコンドリア細胞内で電子伝達系酵素としてATPを賦活させ、エネルギー酸性に大きな役割を果たしていることが分かっています。
各種の動物実験においても、低酸素灌流条件で心筋収縮力を改善する作用やATP産生速度の低下抑制作用、心機能低下の抑制作用が認められています。
コエンザイムQ10の臨床成績としては、虚血性心疾患、高血圧症やリウマチ性心疾患等に基づくうっ血性心不全に対する有用性が認められています。
自他覚症状(浮腫、肺うっ血、肝腫脹や狭心症状等)に対しても効果があることが分かっており、二重盲検試験及び一般臨床試験において、本剤を投与することの有用性が認められています。

ご使用方法

コエンザイムQ10の効能・効果および用法・用量は下記の通りです。
基礎治療施行中の軽度及び中等度のうっ血性心不全症状: 通常、成人では1回10mgを1日3回、食後に服用してください。
(医療用としては、錠5mg、錠10mg、糖衣錠10mg、顆粒1%などの剤型が用いられています。
)アンチエイジングのサプリメントとして用いる場合には、1日30~300mgを目安に摂取するようにしてください。
年齢や健康状態、酸化ストレスの度合いによって、推奨されている量は異なっています。
健常者の方の健康維持が目的であれば30mg、スポーツをしている人やご高齢の方は60~100mg程度の摂取が推奨されています。
体調不良や過度の負荷がかかっている時には200~300mgの摂取が良いとされる研究もあります。
(サプリメントや一般用医薬品では60mgや100mgの規格のものが用いられており、医療用よりも高用量で使用されています。
また、ビタミンなどを配合したものもあります。
) 摂取する方法に指定はありませんが、食事と一緒に摂ることによって、消化器性の副作用を軽減することが可能です。

副作用

コエンザイムQ10の副作用としては「胃部不快感、食欲減退、吐気、下痢、発疹」などが報告されています。
本剤の主成分であるユビデカレノンは融点が低い(約48℃)ことが分かっています。
まだら変色を起こす場合もあるので、高温環境下に長時間放置しないようにしてください。
妊娠中や授乳中における使用経験は十分ではないので、これらに該当する場合には専門家の判断を仰ぐようにして下さい。

商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.