コルガウト (コルヒチン) 0.5mgは、コルガウト (コルヒチン) 0.5mgは常の鎮痛剤では効果がない強い痛風発作にも効果的

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

コルガウト (コルヒチン) 0.5mgは常の鎮痛剤では効果がない強い痛風発作にも効果的
有効成分:Colchicine (コルヒチン) 0.5mg


セット数1箱あたり通常価格  
1箱52805280
2箱42408480
3箱376011280

商品の詳細

コルガウト0.5mgは、有効成分としてコルヒチン0.5mgを含有する医薬品です。
コルガウトは「痛風発作抑制薬」という分類のお薬で、医療用医薬品でも「コルヒチン」として用いられているお薬です。
コルガウトは、痛風発作の特効薬として用いられていますが、その効果は時には診断にも役に立つ、非常に優れたお薬なのです。
痛風時の炎症による痛みやはれをやわらげ、熱を下げる効果のあるお薬です。
また、2016年9月には効能追加により、家族性地中海熱という疾患にも用いられるようになりました。
痛風発作が起こる時には、局所において浸潤した白血球の尿酸貪食作用及び貪食好中球の脱顆粒が上昇することが分かっています。
コルヒチンは、白血球および好中球の作用を阻止することで働きます。
特に好中球の走化性因子(LTB4、IL-8)に対する反応性を大きく低下させることにより、痛風の発作を抑制すると考えられています。
鎮痛、消炎作用はほとんど認められず、尿酸の代謝にも影響を及ぼさないことが分かっています。
コルガウトは痛風発作の発現後、服用開始が早いほど効果的であることがわかっています。
また、長期間にわたる痛風発作の予防的投与は重篤な副作用(肝・腎障害、血液障害、生殖器障害、脱毛など)発現の可能性があるため、有用性が少ないと考えられています。
服用する際には短期間にとどめるようにしてください。
当薬と同成分のお薬 商品名:コルヒチン錠 製薬メーカー:高田製薬 有効成分:コルヒチン使用方法効能・効果および用法・用量は下記の通りです。
痛風発作の緩解及び予防 :成人にはコルヒチンとして1日3~4mgを6~8回に分けて経口投与する。
年齢、症状により適宜増減する。
発病予防には通常、成人にはコルヒチンとして1日0.5 ~1mg、発作予感時には1回0.5mgを経口投与する。
家族性地中海熱 :成人にはコルヒチンとして1日0.5mgを1回又は 2回に分けて経口投与する。
患者の状態により適宜増減するが、1日最大投与 量は1.5mgまでとする。
小児にはコルヒチンとして1日0.01~0.02mg/kg を1回又は2回に分けて経口投与する。
患者の状態により適宜増減するが、1日最大投与 量は0.03mg/kgまでとし、かつ成人の1日最大投与量を超えないこととする。

副作用

副作用としては「発熱、下痢、悪心、嘔吐、腹痛、腹部疝痛、過敏症、全身そう痒、発疹、クレアチニン上昇」などが報告されています。
特に、重大な副作用としては「再生不良性貧血、顆粒球減少、白血球減少、血小板減少、横紋筋融解症、ミオパシー」などが報告されているので、体調変化を感じた際には専門家の判断を仰ぐようにして下さい。
禁忌は「本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者、肝・腎臓障害のある患者で、CYP3A4を強く阻害する薬剤およびP糖蛋白を阻害する薬剤を服用中の患者、妊婦」とされています。
肝・腎機能障害を有する方。
高齢の方、衰弱の著しい方は、重篤な副作用が発現する恐れがあるので、服用する際には専門家の判断を仰ぐようにして下さい。
大量使用や誤用による急性中毒症状として、服用後数時間以内に悪心・嘔吐、腹部痛、激烈な下痢、血管障害、ショックなどの症状が現れることがあるので、用法・用量を厳守して異常があった際にはすぐに医療機関を受診するようにしてください。
肝代謝酵素 CYP3A4を阻害する薬剤(イトラコナゾール、アタザナビル、 クラリスロマイシンなど)を服用中の方は、相互作用が起こる可能性があるので医師に相談をするようにして下さい。
(ここに記載した薬剤が全てではないので、注意をするようにして下さい。
) また、グレープフルーツジュースが薬剤の代謝に影響を及ぼす場合もあるので、本剤の服用中にはグレープフルーツジュースは飲まないようにしてください。
このお薬では妊婦が禁忌として指定されているので、妊娠又は妊娠している可能性のある婦人については、服用をしないようにしてください。
痛風とは痛風は患者の99%は男性ですが、血液中の尿酸値の急な上昇が原因で関節に強烈な痛みを伴う症状です。
『プリン体』は体の新陳代謝でも体内生成されますが、プリン体の多い食物の摂取で肝臓で尿酸になります。
尿酸は通常血液内で溶けて腎臓でろ過され、老廃物として尿として対外に排出されます。
しかし、プリン体の含有量が高い食物を過剰にとりすぎたりすると体内の尿酸値が高まります。
男性と女性の標準的な尿酸値は以下ですが、尿酸値がこれを超えて「7.0mg/dl」以上になると『高尿酸血症』と呼ばれる症状に悪化し、尿酸が血液に溶けずにどんどん体内に溜まります。
こうして蓄積された尿酸が体内のナトリウムと結びつき『尿酸結晶』という形で体内に蓄積されます。
男性:3.5~7.5mg/dl女性:2.4~5.8mg/dlこの尿酸結晶が関節部分など付着しやすい部分に蓄積されて炎症を起こす症状が痛風です。
痛風は風があたるだけで痛いというほど、男性が人生で経験する中でも1,2を争う激しい痛みを起こします。
痛風を予防、改善する食事や日常生活尿酸値が高い方は、肥満や過食傾向、運動不足などが見られます。
そのため、痛風を予防または過去に痛風を経験した場合は、食生活の改善や適度な運動が推奨されます。
また、プリン体を多く含む食品は尿酸値を上げることになるため、プリン体の摂取制限を行います。
特にプリン体を多く含む食品は以下です。
動物の内臓系魚、動物の干物また、プリン体は水に溶けやすい性質があるため、焼いたり干したりする料理よりは、茹でたり煮たりする料理が好ましいとも言えます。
同時に、普段から水分を多くとることも大切です。
お酒をよく飲む方は、アルコールの摂取制限も必要です。
日本酒なら1合、ビールなら500ml、ウイスキーならダブルを1杯を1日の最大摂取量の目安にし、週に2回はお酒を飲まない日を設けましょう。
また、ストレスをためすぎないよう努力することと、適度な有酸素運動も痛風予防、改善、および生活習慣病の改善に必須です。

商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.