コンビエアー100mcg/20mcg(200回分)は、ぜんそくを治療する噴霧式の吸入薬です

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

ぜんそくを治療する噴霧式の吸入薬です。作用の異なる2つの成分が気管支を拡張して、息苦しさやせきこみの症状を軽くします。ぜんそく発作時のほか長期の維持管理用にも使用されます。慢性閉塞性肺疾患(COPD)の治療にも用います。
有効成分:イプラトラピウム 20mcg


セット数1箱あたり通常価格  
1箱33803380
2箱22904580
3箱17935379
5箱14767380

商品の詳細

ぜんそくを治療する噴霧式の吸入薬です。
作用の異なる2つの成分が気管支を拡張して、息苦しさやせきこみの症状を軽くします。
ぜんそく発作時のほか長期の維持管理用にも使用されます。
慢性閉塞性肺疾患(COPD)の治療にも用います。
日本ではコンビエアー・インヘラーと同じ成分のお薬は販売されていません。
気管支ぜんそくはアレルギー反応によって生じる慢性の気管支炎です。
アレルゲンに触れることで気管支のけいれん的な収縮が起きて呼吸が困難になります。
発作時以外にも気管支に慢性的な炎症があり、発作時の対応とともに日常の維持管理が重要です。
慢性閉塞性肺疾患(COPD)は肺気腫と気管支炎が合併した病気で、おもに長期の喫煙によって発症します。
コンビエアー・インヘラーは気管支ぜんそくの治療薬であるサルブタモール(β2刺激薬)と臭化インブラトロニウム(抗コリン薬)の2つを配合したお薬です。
サルブタモールは交感神経のを刺激して気管支平滑筋をゆるめて気管を広げます。
臭化インブラトロニウムは気管支を収縮させる神経伝達物質の生成を阻害して、気管支のけいれんをおさえます。
この2つの作用により、すばやくぜんそく発作の苦しい症状を収めます。
慢性閉塞性肺疾患(COPD)の息苦しさを改善するためにも使用されます。

ご使用方法

1回の吸入で臭化イプラトロピウム20mcg、サルブタモールが100mcgが吸入されます。
1日の最大使用回数は12吸入です。
上記の使用量、使用方法は目安ですので、医師・薬剤師の指示のもと、適量をご使用ください。
副作用・使用上の注意 めまい、頭痛、不眠、しびれ、吐き気、下痢など。
副作用は上記に限りません。

商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.