サインバルタジェネリック60mg (アンクシオスター)は、インドのサバ社が開発したアンクシオスターは、次世代の抗うつ薬です

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

インドのサバ社が開発したアンクシオスターは、次世代の抗うつ薬です。日本で処方されているサインバルタと同じ有効成分デュロキセチンを配合しており、抗うつ作用以外に鎮痛効果もあり、心身ともに健康な状態へもたらしてくれます。
有効成分:デュロキセチン 60mg


商品の詳細

使用方法・副作用などは先発薬メーカーの添付文書をもとに薬剤師が執筆しております。
医師や薬剤師の指示のもとご使用ください。
サインバルダジェネリック(デュロキセチン)という医薬品は、神経伝達物質をバランスよく送り込み、落ち込みがちな気分を明るくするはたらきのある次世代の抗うつ薬として知られています!
鎮痛の効果も高く、服用することで筋肉や神経の痛みを緩和し、心身ともに健やかな状態へと整えていくことができる医薬品ともなっています!
うつ病の症状に深い関わりのあるセロトニン・ノルアドレナリンをちょうど良い分量で脳内に送り、うつ病にありがちな沈んだ気持ちを緩和し、穏やかな効き目の作用のため、たくさんの方たちに処方されています。
サインバルダジェネリック(デュロキセチン)は、うつ病などの精神疾患の治療のほかにも尿失禁の予防・疼痛抑制作用にも優れた医薬品となり、その効果も多岐にわたっています。
うつ病は日本国内でも患者数が多く、治療法も難しいデリケートな疾患として知られていますが、サインバルダジェネリック(デュロキセチン)の服用により、脳内神経伝達物質のはたらきを正常に保ち、ストレスから心身を守ることができます。
サインバルダジェネリックの有効成分であるデュロキセチンは、三世代の抗うつ剤として代表的な医薬品でもあり、セロトニン・ノルアドレナリン両方の作用を高め、うつ病の症状にダイレクトにアプローチしてくれます。
疼痛の緩和にもシナプス間濃度を高め、痛みを感じることのないように作用します。
緊張からくる尿失禁の症状に悩み方たちにも処方がされることもあり、メンタルクリニック以外の医療機関でも多く取り入れられています。
塩野義製薬や日本イーライリリー社からも似た作用の医薬品が販売されていますが、これらと比較してみると、臨床試験においても有効な抗うつ剤ということが明らかになっています。

ご使用方法

成人で1日当たり60㎎を服用し、症状に応じて増量し、1日に服用量は120㎎まで。
上記の使用量、使用方法は目安ですので、医師・薬剤師の指示のもと、適量をご使用ください。
副作用・使用上の注意 じんましん、発疹、火照り、悪寒、脱水、頭痛、うるえ、脱力感、倦怠感など。
副作用は上記に限りません。

商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.