サインバルタジェネリック60mg (ドゥゼラ)は、サインバルダジェネリック(デュロキセチン)という医薬品は、神経伝達物質をバランスよく送り込み、落ち込みがちな気分を明るくするはたらきのある次世代の抗うつ薬として知られています

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

サインバルダジェネリック(デュロキセチン)という医薬品は、神経伝達物質をバランスよく送り込み、落ち込みがちな気分を明るくするはたらきのある次世代の抗うつ薬として知られています!
有効成分:デュロキセチン 60mg


セット数1箱あたり通常価格  
1箱52295229
2箱41378274
3箱359810794
5箱320916045

商品の詳細

使用方法・副作用などは先発薬メーカーの添付文書をもとに薬剤師が執筆しております。
医師や薬剤師の指示のもとご使用ください。
サインバルタの成分デュロキセチンは、糖尿病性の神経障害、変形性の関節炎、慢性の腰痛などの中枢神経系の痛みを抑えます。
サインバルタ・ジェネリック(ドゥゼラ)は主にうつ病やうつ状態の治療に用いられるお薬で、セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害剤(SNRI)に分類される新しいお薬です。
国内では2010年に「サインバルタ」という薬剤名で販売されており、国内ではまだジェネリック医薬品は販売されていません。
サインバルタ・ジェネリック(ドゥゼラ)は、有効成分デュロキセチンを配合したジェネリック医薬品です。
抑うつ効果以外に、糖尿病性神経障害や慢性腰痛症、変形性関節症の痛みの鎮痛効果が認められています。
但し、変形性関節症に伴う疼痛に用いる場合は、3ヵ月以上疼痛を有する慢性的な痛みがある患者さんにのみ適応があります。
販売開始当初は、主に精神科や心療内科で処方されていましたが、慢性疼痛への適応が拡大されたことで、整形外科や内科でも処方されているお薬です。
抗うつ作用として、デュロキセチンは脳内の2つの神経伝達物であるセロトニンとノルアドレナリンの濃度を高め、憂うつな気分をやわらげて意欲を高める効果があります。
セロトニンの増加は不安やイライラをやわらげ、ノルアドレナリンの増加は意欲(やる気)を高めると言われています。
セロトニンとノルアドレナリンに選択的に働きかけるため、従来の抗うつ薬にみられる不快な副作用が少ないのが特徴です。
サインバルタ・ジェネリック(ドゥゼラ)はセロトニンに対する作用がアドレナリンより強いため、パニック障害の方にも処方されることがあります。
鎮痛作用としては、糖尿病性神経障害に効果が高いとされます。
血糖値が高い状態が続くことで神経細胞の働きに異常をきたし、手足がしびれたりしつこい痛みが続いたりします。
サインバルタ・ジェネリック(ドゥゼラ)は、このような糖尿病性神経障害に伴う疼痛を和らげる作用があります。
その他の適応外処方として、女性に多いストレス性尿失禁にも効果が期待されています。
サインバルタは国内で医療用医薬品として指定されており、専門医による処方箋が必要なお薬です。
服用に際してはかかりつけ医や専門医に相談の上で、慎重に検討してください。
当薬と同成分のお薬 商品名:サインバルタ(Cymbalta) 製薬メーカー:イーライリリー 有効成分:デュロキセチン塩酸塩使用方法国内で指定されている用法用量では、抗うつ作用及び糖尿病性神経障害に対して、1日1回デュロキセチン40mgを朝食後に経口で服用します。
但し、飲み始めは1日20mgより開始し、1週間以上の間隔を空けて1日用量として20mgずつ増量していきます。
サインバルタ・ジェネリック(ドゥゼラ)には1カプセルに60mgのデュロキセチンが配合されているため、用量の調整が必要です。
また、1日の最大用量は60mgまでと定められています。
線維筋痛症・慢性腰痛症・変形性関節症に伴う疼痛に対しては、1日1回、デュロキセチンとして60mgを朝食後に経口で服用します。
但し、飲み始めは1日20mgより開始し、1週間以上の間隔を空けて1日用量として20mgずつ増量していきます。
24歳以下の患者さんが抗うつ薬を服用すると、自殺念慮や自殺企図のリスクが増加するという報告があります。
サインバルタ・ジェネリックの服用に際しては、専門医に相談の上で慎重に検討してください。
また、気分の波がある方には煽ってしまうリスクがあるので、気分の落ち込みのみが目立つ方に使われることが多い抗うつ薬です。

副作用

使用上の注意国内の臨床試験の結果、主な副作用として悪心が36.6%、傾眠が31.0%、口渇が22.9%、頭痛が21.0%、便秘が13.9%、下痢が11.8%、めまいが10.9%報告されています。
前立腺肥大症等排尿困難のある方、高血圧又は心疾患のある患者さん、緑内障又は眼内圧亢進のある患者さん、軽度から中等度の肝障害のある患者さん、過度のアルコール摂取者、軽度から中等度の腎障害のある患者さん、自殺念慮又は自殺企図の既往のある患者さん、躁うつ病の患者さんは原則服用ができません。
服用後は眠気やめまい等が起こることがあるので、自動車の運転等危険を伴う機械を操作する際には十分な注意が必要です。
突然服用を中止することで不安、焦燥、興奮、浮動性めまい、錯感覚(電気ショック様感覚を含む)があらわれることが報告されています。
突然の服用の中止を避けて、少しずつ減量することが必要です。

商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.