サワシリンジェネリック250mg(アモキシシリン)は、サワシリンジェネリック250mg(アモキシシリン)はイギリスの大手製薬会社であるアストラゼネカ社が開発した、ペニシリン系抗生物質です

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

サワシリンジェネリック250mg(アモキシシリン)はイギリスの大手製薬会社であるアストラゼネカ社が開発した、ペニシリン系抗生物質です。国内で処方される抗生物質より低価格でお買い求めいただけ、梅毒や淋病など性感染症や、ピロリ菌の除菌に有効です。
有効成分:アモキシシリン250mg


セット数1箱あたり通常価格  
1箱67806780
2箱579011580
3箱529315879

商品の詳細

成分アモキシシリン配合のペニシリン系抗生物質で有名な「アモキシル(サワシリン)」のジェネリック薬で、淋病、梅毒など性感染症の治療や、ピロリ菌の除菌に用いられます。
サワシリンはペニシリン系の代表的な抗生物質です。
様々な細菌による感染症に効果があり、国内では1981年に開発された歴史のあるお薬です。
アモキシシリンジェネリックは同じ有効成分を配合し、同じ効能効果を持った後発品で、お財布にやさしいお薬です。
国内では、「サワシリン錠」「サワシリンカプセル」「パセトシン錠」や「ワイドシリン細粒」などの薬剤名で販売されています。
サワシリンはグラム陽性菌を中心に、大腸菌や一部のグラム陰性菌にも有効です。
扁桃炎や咽頭炎、気管支炎や中耳炎など比較的軽い感染症に用いることが多い医療用医薬品です。
医師の処方が必要な医療用医薬品ですが、比較的安全性の高いお薬のため、小児を対象としたドライシロップ剤や細粒(粉薬)なども販売されています。
様々な種類の細菌に有効なため、呼吸器や耳鼻科領域を中心に広く処方されています。
のどの痛みや発熱を伴なう一般的な風邪にも処方されるお薬です。
海外では性感染症の治療薬として汎用されています。
特に、トレポネーマという細菌が原因である「梅毒」にも効果があるとされています。
それ以外にも「淋病」「カンジタ」「クラミジア」といった性感染症にも適応があります。
これらの性感染症の主な症状は、性器や肛門、手指や口唇に痛みのないしこりや腫れものができたり、唇や口の中、喉にできものができたり、太もも付け根のリンパ節に腫れができるなどの症状が一般的です。
性感染症かどうかをご自身で判断するのは難しく、病院に行くのも恥ずかしいと思われる方には、梅毒セルフチェックキットなども販売されていますので、検討してみてください。
サワシリンは細菌の細胞壁と呼ばれる部分に作用して、合成を抑えることで細菌の殺菌作用を有しています。
また、ヘリコバクター・ピロリの除菌治療にも適応がありますが、早期胃癌に対する内視鏡的治療後以外には有効性は確立していないため、専門医への受診をおすすめします。
抗生物質は耐性菌という薬が効かなくなる菌が発生することがありますので、定められた用量のお薬を、定められた期間服用するのが大事なポイントとなります。
サワシリンの梅毒への効果抗生物質の中でもセフェム系に分類されるサワシリンは、様々な細菌に対して殺菌的に作用します。

副作用

も比較的穏やかで、併用できないお薬も少ないことから、内科・呼吸器科・泌尿器科・歯科・耳鼻咽喉科など様々な症状に対して処方されています。
医師の診察・処方が必要な医療用医薬品に指定されているため、一般的な医薬品に比べて効果が強く、副作用への注意も必要です。
性病のひとつである梅毒の治療薬としてもサワシリンは有名です。
2017年には感染者数が5000人を超えるなど感染者が微増している梅毒は、身近な感染症になりつつあります。
梅毒に罹っている方は、他の感染症にも罹患している可能性が高いことが分かっており、早く抗生物質による治療が必要です。
梅毒にはペニシリン以外にサワシリンがよく処方されています。
これは、他の抗生物質は溶連菌の耐性化が進んで効かなくなってきつつある一方で、サワシリンはほとんどの溶連菌に対して有効であるためです。
サワシリンの飲み合わせサワシリンは有効成分アモキシシリンを配合した抗生物質です。
あらゆる細菌を殺菌する作用があり、グラム陽性菌のほか、一部のグラム陰性菌にも有効です。
一般的な風邪の症状にも処方されるほか、呼吸器領域や耳鼻科領域を中心に各科で広く使われています。
有効成分のアモキシシリンは細菌の細胞壁の合成をブロックすることで、細菌を殺菌する作用があります。
ヘリコバクター・ピロリ感染症にも適応があるのも特徴です。
サワシリンは飲みあわせに気をつけなければならないお薬があります。
抗血栓薬のワーファリン(ワルファリン)と一緒に飲むと、ワーファリンの作用が増強する恐れがあります。
そのため、ワーファリンとの併用は避けてください。
また、痛風治療薬であるベネシッド(プロベネシド)との併用でも効果が強くでる恐れがあるため、一緒に服用されることは控えてください。
セフェム系の抗生物質にアレルギーをお持ちの方も服用いただけません。
サワシリンと膀胱炎あらゆる細菌を殺菌する作用があるサワシリンは、有効成分アモキシシリンを配合した抗生物質です。
医師の処方箋が必要な医薬品として指定されているため、ドラッグストアや薬局で購入することはできません。
一般的な風邪や表在性/深在性皮膚感染症などの皮膚科領域、リンパ管・リンパ節炎や乳腺炎、骨髄炎、咽頭・喉頭炎、扁桃炎などの呼吸器科領域でもよく処方されます。
その中でも、特に膀胱炎や腎盂腎炎、前立腺炎(急性症、慢性症)など、泌尿器科では第一選択薬としてよく処方されます。
膀胱炎とは、排尿時に痛みを感じたり排尿の回数が多くなったりするなどの症状があり、女性に多い感染症です。
尿道が短い女性にとって、膀胱炎は大変ポピュラーな病気です。
サワシリンはセフェム系抗生物質に分類され、膀胱炎の原因菌として最も多い大腸菌を中心に反応する菌の種類が多く、副作用が穏やかなため、膀胱炎には第一選択薬として処方されます。
使用方法淋菌、梅毒、大腸菌、ブドウ球菌、肺炎球菌などの除菌の場合成人の場合、1日に3~4回、250㎎を服用します。
小児の場合は1日に3~4回(体重1kgあたり20~40mg)服用します。
ピロリ菌除菌の場合アモキシシリン配合薬、ランソプラゾール配合薬(プロトンポンプ阻害薬)、クラリスロマイシン(クラシッド)を合わせて服用します。
成人で1日に2回、アモキシルを750mg、ランソプラゾール配合薬30mg、クラリスロマイシンを200~400mg服用し、これを7日間継続します用法用量は適応症によって異なりますが、通常成人にはサワシリン1回250mg1錠をアモキシシリンとして1日3~4回服用いただきます。
小児の場合は、体重によるコントロールが必要で、通常1日20~40mg/kgを3~4回服用いただきます。
1日量として最大90mgkgを超えてはいけないことが定められています。
食事の影響は受けにくいとされていますが、飲み忘れ防止のために食後の服用をお勧めいたします。
梅毒などの性病の治療の場合、早期に服用を始めるのが大切です。
また、用量にも違いがあり、通常成人には1回250mg2錠(計500mg)を1日3~4回服用いただきます。
性感染症の場合は、短い期間にたくさんの用量を服用することが効果的であると国内で証明されています。
しかし、お腹がゆるくなったり、気持ち悪くなったりするなどの副作用が出やすくなる可能性があります。

副作用

がひどい場合は、用量の調整が必要です。
サワシリンで下痢になる場合サワシリンの主な副作用として、下痢が報告されています。
国内の臨床試験の結果では、0.1~5%未満の頻度で下痢が報告されています。
サワシリンだけではなく、抗生物質に共通した副作用として下痢が発症するのは、抗生物質は細菌を死滅させる薬であるため、腸内環境を整える腸内細菌に対しても影響を及ぼし、腸内のバランスが崩れてお腹がゆるくなったり、下痢の症状がでてしまいます。
基本的にはサワシリンの服用を辞めると下痢も治まりますので、ひどい下痢が続く場合を除いてはあまり心配はいりません。
但し、下痢が続くと脱水症状になりやすいため、こまめに水分補給をするようにしてください。
水よりも経口補水液の摂取がより効果的です。
ひどい下痢の症状が4日以上継続する場合は、医療機関を受診するようにしてください。
また、下痢の予防として乳酸菌の整腸薬と併用することがあります。
胃腸が弱い方は医師や薬剤師に相談してください。
副作用ペニシリン系の抗生物質にアレルギーをお持ちの方は原則服用ができません。
国内の臨床試験の結果、主な副作用として発疹、食欲不振、下痢、悪心(気持ちが悪くなる)、嘔吐、腹痛、消化不良、軟便、味覚異常、頭痛などが報告されています。
重篤な副作用は報告されていませんが、消化器症状が悪化した場合は服用を中止して、医療機関を受診するようにしてください。
高度の腎障害のある方は、投与量を減らしたり、投与間隔をあけたり調整が必要なため、専門医の受診をお勧めいたします。
妊娠中の方は、産婦人科医などの専門医を受診の上で服用を検討してください。
1ヶ月以上蔓延と服用することにより、耐性菌が発生しやすくなりますので、服用は最小期間に留めるようにしてください。

商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

関連記事 - Related Posts -

最新記事 - New Posts -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.