サワシリンジェネリック500mg(アモキシシリン)は、サワシリンジェネリック500mg(アモキシシリン)はイギリスの大手製薬会社であるアストラゼネカ社が開発した、ペニシリン系抗生物質です

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

サワシリンジェネリック500mg(アモキシシリン)はイギリスの大手製薬会社であるアストラゼネカ社が開発した、ペニシリン系抗生物質です。国内で処方される抗生物質より低価格でお買い求めいただけ、梅毒や淋病など性感染症や、ピロリ菌の除菌に有効です。
有効成分:アモキシシリン500mg


セット数1箱あたり通常価格  
1箱69806980
2箱599011980
3箱542716281

商品の詳細

成分アモキシシリン配合のペニシリン系抗生物質で有名な「アモキシル(サワシリン)」のジェネリック薬で、淋病、梅毒など性感染症の治療や、ピロリ菌の除菌に用いられます。
ノバモックス500mgは有効成分としてアモキシシリンを500mg含有するペニシリン系の抗生物質です。
サワシリンのジェネリック医薬品で、同等成分で同等の効果でありながら先発品より安価に購入する事ができます。
ノバモックスの有効成分であるアモキシシリンは細菌を形成する細胞壁の合成を阻害して細菌の増殖を抑制・殺菌し細菌感染症による症状を改善、根治します。
グラム陽性菌をはじめ、大腸菌やインフルエンザ菌などの一部のグラム陰性菌に有効であるため扁桃炎や咽頭炎、気管支炎、中耳炎といったよく知られ誰もがかかり得る感染症や梅毒、淋病といった性感染症に対しても強い効果を発揮します。
またヘリコバクター・ピロリ菌にも有効で他の薬剤と併用して除菌治療に広く使用されています。
他の抗生物質と比べて特徴的であるのが、肺炎や髄膜炎や中耳炎などの原因菌となる肺炎球菌の感染症と、咽頭炎や扁桃炎などの原因菌となる溶血性連鎖球菌(溶連菌)の感染症に高い効果があることです。
特に溶連菌に対しては他の抗生物質は耐性化が進んで効果が弱まりつつあるので、ノバモックスの有効成分であるアモキシシリン(サワシリン)が選択されることが非常に多いです。
梅毒治療には大昔からペニシリン系が使用されており、今でもアモキシシリン(沢四隣)は一番よく使用されています。
このように突出して高い効果があり即効性と安全性も高く常在菌は殺菌しないので副作用も出にくく、高齢者から小児まであらゆる年齢層で非常によく使用されています。
しかし、特徴的でありながらサワシリンが有効な菌は決して多くありません。
例えば性病の場合梅毒には非常に有効ですが、他の性病に対しては効かない場合が多数あるためあまり使用されません。
世界には様々な細菌による感染症が存在するので、何らかの感染症にかかったからといって自己判断で安易に服用を開始するのは危険です。
サワシリンの飲み合わせサワシリンは様々な菌に有効な抗生物質ですが、いくつかの飲み合わせに注意する必要があります。
医療用医薬品としては、ワルファリン、経口避妊薬、プロベネシドを併用している方では、注意が必要となります。
抗凝固剤であるワルファリンはでは、ワルファリンの効果を増強させる可能性があります。
経口避妊薬においては、腸内細菌叢を変化させることによって経口避妊薬の腸肝循環による再吸収を抑制して、効果を減弱する可能性があります。
プロベネシドでは、尿細管分泌を阻害することで血中濃度を増加させる可能性があります。
また、一般的な食品についても、いくつかの飲み合わせが認められています。
カート茶と一緒に服用することで、カート茶の成分と不溶性の複合体を形成することがわかっています。
これによって消化管吸収が減少し、本剤の血中濃度が低下して、期待する効果が発揮できない場合があるのです。
サワシリンと膀胱炎サワシリンは、膀胱炎の適応を持っている抗生物質で、クラビット(レボフロキサシン)も膀胱炎に効果のある抗生物質です。
膀胱炎は、膀胱が大腸菌などの細菌感染によって炎症を起こす病態です。
特に女性に多い病気で、これは尿道が短く膀胱が体外と近いという、女性の体の仕組みによって説明されます。
通常は膀胱に侵入した細菌は、排尿によって外部に排出されます。
膀胱炎は、尿量が減少したり排尿を我慢するといったことが原因となり、痛みや出血、発熱などの症状を引き起こすのです。
また、膀胱から尿管を伝って腎臓まで到達すると、急性腎盂腎炎などの重篤な病気に繋がることがあります。
サワシリンは膀胱炎の原因となる菌を死滅させることが出来るお薬であり、一定期間しっかりと服用することで効果を発揮します。
服用をしていくと体内の菌が減ってくることから、症状は寛解していきます。
しかし、途中で服用を中止すると、残った菌が復活してしまい、症状が悪化してしまうのです。
指定された期間については、症状が改善したとしても、しっかりと服用するようにしましょう。
サワシリンと梅毒サワシリンは梅毒にも有効なお薬です。
梅毒は日本で初めて流行した江戸時代には特効薬が無く、不治の病として恐れられていました。
しかし、戦後になってサワシリンに代表される抗生物質が用いられるようになると、梅毒による死亡率は著しく低下したのです。
梅毒の治療薬としては、サワシリンなどに代表されるペニシリン系が第一選択となっています。
ペニシリンアレルギーの場合には、マクロライド系やテトラサイクリン系を用いることもあります。
(2016年に日本性感染症学会が発行しているガイドラインでは、マクロライド系は推奨されていません。
) 梅毒には大きく分けて、3つの病期があります。
薬物治療の開始が早ければ早いほど、治療期間も短く済むことが特徴です。
サワシリンは特にこの1~2期に効果を発揮することが分かっています。
日本性感染症学会では、1日3回、1回500mgの経口合成ペニシリン薬を服用するように定められています。
また、梅毒の第3期には神経梅毒といった症状も併発することがありますが、こちらにおいてもサワシリンの内服が著効することが分かっています。

ご使用方法

アモキシシリン(サワシリン)は通常成人はは1回250mgを1日3〜4回に分けて服用しますが、年齢や症状により適宜増減します。
アモキシシリン(サワシリン)500mgは高用量と言えますが、海外では1回500mgが主流です。
ヘリコバクター・ピロリ菌の除菌の場合のみ、1回750mgを他の薬剤(抗生物質と胃酸分泌阻害薬)と共に1日2回7日間服用します。
淋菌、梅毒、大腸菌、ブドウ球菌、肺炎球菌などの除菌の場合成人の場合、1日に3~4回、250㎎を服用します。
小児の場合は1日に3~4回(体重1kgあたり20~40mg)服用します。
ピロリ菌除菌の場合アモキシシリン配合薬、ランソプラゾール配合薬(プロトンポンプ阻害薬)、クラリスロマイシン(クラシッド)を合わせて服用します。
成人で1日に2回、アモキシルを750mg、ランソプラゾール配合薬30mg、クラリスロマイシンを200~400mg服用し、これを7日間継続しますサワシリンと下痢の副作用サワシリンでは、下痢の副作用が報告されています。
多くの抗生剤では、体内に存在する悪い菌を殺すことで効果を発揮します。
その際に、おなかの中にもともと常在している良い菌、つまり善玉菌なども殺菌してしまうのです。
これによって腸内細菌叢と呼ばれる、腸の中の細菌のバランスが崩れてしまうと、下痢などの副作用を起こしてしいます。
特に、腸の発達が未熟な乳幼児では、下痢が起こりやすいと言われています。
治療期間が終了すると腸内細菌叢は復活してくるため、便の調子も元に戻ります。
下痢の症状も一過性のものであるので、大きな心配はいらないでしょう。
また、便が緩くなるといった程度であれば、そのままサワシリンの服用を継続しても問題はありませんが、下痢の症状が重篤であれば、抗生剤の中止や変更を検討しなくてはならない場合もあります。
しかしながら、途中でサワシリンの服用を中止すると症状がはじめより悪くなったり、耐性菌が出現することがあるので、自己判断で中止するのではなく、専門家の判断を仰ぐようにしてください。
副作用アモキシシリン(サワシリン)の副作用は主に下痢が多く報告されていて、比較的多い副作用です。
強い抗菌作用により腸内細菌のバランスが乱れるためであるので、軟便程度でしたら心配は要りません。
もしも高熱を伴った激しい下痢や血便の場合は重大な副作用の可能性があるため服用を中止してすぐ受診してください。
またペニシリン系の抗生物質は蕁麻疹、アナフィラキシーなどのアレルギー反応を起こすことがあり、また滅多には起こりませんが重大な副作用として中毒性表皮壊死融解症、Stevens-Johnson症候群、偽膜性大腸炎、出血性大腸炎、間質性肺炎、肝機能障害,急性腎不全,無顆粒球症などが報告されているので、服用後身体に何らかの明らかな異常があれば上記同様にすぐ医師に相談してください。
アモキシシリン(サワシリン)はペニシリンアレルギーを起こしたことがある方と伝染性単核症の方は禁忌です。
また何らかの抗生物質でアレルギー・過敏症を起こしたことがある方、本人または家族にアレルギー性の疾患のある方、腎障害、高齢者、妊婦の方は服用するにあたり慎重な注意が必要です。
またワーファリン、経口避妊ピルなど飲み合わせがあまり良くない薬が幾つかあるので何らかの疾患で服薬治療中の方はアモキシシリン(サワシリン)を服用する前に医師か薬剤師に相談してください。
抗生物質の効きにくい耐性菌が増えているので自己判断による安易で蔓延な服用は控えてください。

商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.