ザイザル錠ジェネリックは、最新の抗ヒスタミン薬で、効果が強く、副作用が低い一番売れている花粉・アレルギーの処方薬です

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

最新の抗ヒスタミン薬で、効果が強く、副作用が低い一番売れている花粉・アレルギーの処方薬です!花粉症・くしゃみ・鼻水・鼻づまり・じんましんなどに常備!
有効成分:レボセチリジン塩酸塩 (Levocetirizine Hcl) 5mg


セット数1箱あたり通常価格  
1箱22902290
3箱9972991
5箱7183590
7箱6564592
10箱5595590
15箱4997485
20箱4509000

商品の詳細

ザイザルは、かゆみやくしゃみ、鼻水、鼻づまりなどを治療する有名なお薬で、当商品はザイザルのジェネリック(後発薬)です。
アレルギー症状を引き起こす物質である、ヒスタミンなどの産生や放出をおさえるはたらきがあります。
ザイザルは「持続性選択的H1受容体拮抗薬」に分類されるお薬で、有効成分としてレボセチリジン塩酸塩が配合されています。
「抗アレルギー薬」や「抗ヒスタミン薬」とよばれることもあり、中でも効果の高さや副作用の少なさに特徴のある、第二世代に分類されています。
ザイザルは、これまでに用いられていた「第一世代」とよばれる抗アレルギー薬と比較して、眠気が少なく作用時間が長いという特徴があります。
マスト細胞からのヒスタミンやケミカルメディエーター、サイトカインをおさえるはたらきもあり、鼻閉(鼻が完全に詰まってしまう)にも効果があることが知られています。
一方で、ザイザルなどの第二世代の抗アレルギー薬では、効果があらわれるまでに時間がかかることが欠点とされています。
花粉症などの季節性の症状に対してザイザルを使用する場合では、症状があらわれやすい季節を考えて、その直前から季節が終了するまで服用を続けることが望ましいとされています。
ザイザルに配合されているレボセチリジンは、ラセミ体であるセチリジン(商品名:ジルテック)の光学異性体(有効成分を抽出したもの)であり、同等以上の効果を持ちながら副作用は軽減されています。
ヒスタミンH1受容体拮抗作用、好酸球に対する作用、細胞接着分子産生抑制作用などによって、抗アレルギー作用があらわれると考えられています。
現在用いられている類似薬としては、アレグラ(フェキソフェナジン)やジルテック(セチリジン)、アレロック(オロパタジン)、クラリチン(ロラタジン)、ビラノア(ビラスチン)などがあります。
現在のアレルギー治療では、第二世代の抗アレルギー薬が治療の中心ですが、急性期の症例やアレルギー性鼻炎のくしゃみ、水様性の鼻漏(鼻水がだらだらでる)に対しては、第一世代のものを使用する場合もあります。
使用方法 〔成人〕アレルギー性鼻炎、じんましん、湿疹・皮膚炎、痒疹、皮膚そう痒症 成人では、レボセチリジン塩酸塩として1回5mgを1日1回、就寝前に服用してください。
年齢、症状によって適宜増減することが可能ですが、1日の最大投与量は10mgまでとしてください。
〔小児〕アレルギー性鼻炎、じんましん、皮膚疾患(湿疹・皮膚炎、皮膚そう痒症)に伴うそう痒 7歳以上15歳未満の小児では、レボセチリジン塩酸塩として1回2.5mgを1日2回、朝食後及び就寝前に服用してください。
※7歳以下でも使用できるシロップ剤も、医療用医薬品として発売されています。
副作用・禁忌
●軽度の副作用:眠気、だるさ、口の渇き、ふるえ、抑うつなど
●重大な副作用:嘔気、肝機能障害、全身倦怠感、食欲不振、発熱、蕁麻疹、ショック、アナフィラキシー、呼吸困難、血圧低下、けいれん、黄疸、血液検査値異常など
●禁忌:本剤の成分またはピペラジン誘導体(セチリジン、ヒドロキシジンを含む)に対し過敏症の既往歴のある方、 重度の腎障害(クレアチニンクリアランス10mL/min未満)のある方
●併用に注意しなくてはならない薬剤 テオフィリン、リトナビル、中枢神経抑制剤、ピルシカイ ニド塩酸塩水和物、アルコールなど ※ここに記載した薬剤が全てではないので、注意をするようにして下さい。
使用上の注意眠気がおこることがあるので、本剤を服用中は自動車の運転や高所作業などはおこなわないようにしてください。
胎盤通過性や母乳への移行性が知られているので、妊娠又は妊娠している可能性のある婦人では、専門家に相談のうえで服用してください。
本剤の使用により効果が認められない場合には、漫然と長期にわたり使用しないようにしてください。

商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.