シプラクチン(シプロヘプタジン)4mgは、シプラクチン(シプロヘプタジン)という医薬品は、日本国内で50年もの歴史を持つ抗アレルギー剤として多くの方たちから信頼を得ている薬です

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

シプラクチン(シプロヘプタジン)という医薬品は、日本国内で50年もの歴史を持つ抗アレルギー剤として多くの方たちから信頼を得ている薬です!抗セロトニン・抗ヒスタミンのダブルの効果がとても強力であることから、幅広いアレルギー性の疾患に効力を発揮します!
有効成分:シプロヘプタジン4mg


セット数1箱あたり通常価格  
1箱25802580
2箱14902980
3箱11273381
5箱7963980

商品の詳細

シプラクチン(シプロヘプタジン)という医薬品は、日本国内で50年もの歴史を持つ抗アレルギー剤として多くの方たちから信頼を得ている薬です!
抗セロトニン・抗ヒスタミンのダブルの効果がとても強力であることから、幅広いアレルギー性の疾患に効力を発揮します!
2歳からと小児から高齢者まで幅広い年代の方たちに使用することができ、多くの医療機関で取り入れられている医薬品となっています。
シプラクチン(シプロヘプタジン)は、アレルギー性の鼻炎や皮膚炎、じんましんや皮膚のかゆみの症状の緩和にとても大きな効果があるため、抗アレルギー剤として代表的な医薬品としても知られています。
私たち人間の身体は、免疫力が低下するとアレルゲンというアレルギーを発生させる物質が体内へ吸収されやすくなってしまいます。
シプラクチンの有効成分であるシプロヘプタジンは、アレルギー物質であるヒスタミンという受容体の作用を抑制し、服用することでアレルギーから身体や皮膚を守るはたらきも挙げられています。
神経伝達物質のひとつであるセロトニンを正常に分泌させるため、血管や精神面の不調にも大きな役割を果たすことから、たくさんの効果があることがわかります。
セロトニンの分泌を正常にすることから、シプラクチン(シプロヘプタジン)を服用するときには、他の医薬品との併用にも気を配る必要があります。
アルコールや抗うつ剤は、シプラクチン(シプロヘプタジン)の本来の効力を弱めてしまう恐れがあるため、併用を避けるようにしましょう。
日本国内に留まらず世界各国で、多く取り入れられているシプラクチン(シプロヘプタジン)は、日医工からぺリアクチンという名称で販売されています。
シプラクチン(シプロヘプタジン)と比べてみますと、服用してからの吸収がスムーズなことから、抗アレルギーのはたらきを素早く実感できることも大きな特徴となっています。
※ こちらの商品は、錠剤シートのみ、もしくは簡易箱にて配送させていただいております。

ご使用方法

成人の場合、1日に2,3回を食後に服用します。
1日の最大服用量は体重1kgあたり0.5mgで、32mgを以下にします。
7~14歳の場合、1回4mgを1日に2,3回を食後に服用します。
1日の最大服用量は16mg以下にします。
2~6歳の場合、1回2mgを1日に2,3回を食後に服用します。
1日の最大服用量は12mg以下にします。
使用をし忘れた場合はすぐに1回分を使用し、次回の使用時間が近い場合は次回から服用し、一度に2回分を使用することは避けます。
上記の使用量、使用方法は目安ですので、医師・薬剤師の指示のもと、適量をご使用ください。
副作用・使用上の注意発疹、注力低下、眠気、めまい、もうろう、しびれ、不眠、頭痛、食欲不振、げりなど。
副作用は上記に限りません。

商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.