シロスタゾール100mgは、シロスタゾールは血栓や脳梗塞などの予防だけでなく、慢性動脈閉塞症が原因の手足の痛みを緩和する効果も

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

シロスタゾールは血栓や脳梗塞などの予防だけでなく、慢性動脈閉塞症が原因の手足の痛みを緩和する効果も。近年では軽度認知症外の予防効果も注目されています。
有効成分:シロスタゾール(Cilostazol)


セット数1箱あたり通常価格 
1箱93809380

商品の詳細

シロスタゾールは血小板の働きを抑制して血液の凝固を阻止し、血流を改善するお薬です。
血栓や脳梗塞などの予防だけでなく、慢性動脈閉塞症が原因の手足の痛みを緩和する効果もあります。
シロスタゾールは抗血小板薬と呼ばれるお薬で、血小板が原因で血液が凝固するのを防ぎます。
血管を拡張する作用もあるため血流を改善します。
また、近年の医学研究の発表では、シロスタゾールに脳卒中の再発を予防する効果があるとされています。
シロスタゾールと認知症の予防また、シロスタゾールの効果に関する新たな研究では認知症の予防に効果が期待できるとされています。
特に初期のアルツハイマー型認知症の予防に効果が期待できるとされ、初期の認知症の予備軍的な症状(特に物忘れが多いなど通常の老化による脳機能の老化とは区別ができる認知障害)の悪化を抑制して、認知症の予防をする効果がシロスタゾールにあると言われています。
上記情報の詳細は国立循環器研究センターのウェブサイトをご確認ください。
軽度認知障害の兆候とは? 物忘れが多いと本人やご家族が気づく とは言え、日常生活に大きな支障にはなってない 物忘れが多いが、認知症まではいってない 加齢が原因の記憶力の低下ではない使用方法成人の場合、朝、晩の2回の空腹時に1回あたり100㎎を服用します。
食前なら30分ほど前、食後なら2時間後など。

副作用

シロスタゾールで報告されている副作用は、発疹、じんましん、頻脈、動悸、ほてり、血圧上昇、めまい、頭痛など。

副作用

はこれに限りません。

商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.