シンドーパ(レボドパ、カルビドパ)は、パーキンソン病に悩む方たちに最も多く用いられ、服用してからゆっくりと作用し、効果が長時間持続することが特徴となっています!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

パーキンソン病に悩む方たちに最も多く用いられ、服用してからゆっくりと作用し、効果が長時間持続することが特徴となっています!
有効成分:レボドパ25mg+カルビドパ100mg


セット数1箱あたり通常価格  
1箱28802880
2箱16903380
3箱12933879
5箱9764880

商品の詳細

シンドーバ(レポドパ・カルビドパ)という医薬品は、パーキンソン病に悩む方たちに最も多く用いられ、服用してからゆっくりと作用し、効果が長時間持続することが特徴となっています!有効成分であるレボドバ、カルビドパのふたつが合わさり、神経性の伝達物質であるドパミンの生成を活発にさせ、パーキンソン病の症状である手足のふるえや筋肉のこわばりを改善します!パーキンソン病とは日本でもとても患者数が多く、その治療や医薬品の種類もたくさんのものが挙げられています。
厚生労働省では難病とひとつとしても認定されているため、シンドーパがいろいろな医療機関で用いられています。
何らかの疾患やストレスによって、脳内のドパミンが減ってしまうと、手足のふるえや筋肉のこわばりが発症し、日常生活にも支障をきたしてしまいます。
このようにパーキンソン病を発症してしまった場合には、ドパミンを補うための医薬品にて治療をすることが改善される一番の方法となっています。
シンドーパの服用にて、ドパミンを一定量に保ち、パーキンソン病の症状を和らげるはたらきがあるため、症状に悩む患者さんの方たちにも多く用いられています。
他の医薬品を比較すると、レボドパ・カルビドパのふたつの有効成分を配合しているのは、シンドーパがもっとも一般的となっています。
日本ベーリンガーインゲルハイムから発売されているシフロール錠やワイス社から発売されているアーテン酸と比べますと、レポドバ・カルビドパの作用の効果が上回っていることがわかっています。
シンドーパは、その機能性が高いことから、他の医薬品との併用によって効果が軽減されることがあります。
服用を忘れた場合でも、パーキンソン病が悪化することはなく、一定の期間正しく服用を続けていけば、症状を緩和することができます。
飲み薬が一般的となっているなか、経腸剤という胃から腸へと抽出する製法のシンドーパも多く用いられています。

ご使用方法

目安の服用量が統一されていないため、医師の指示に従って適量の服用を行います。
上記の使用量、使用方法は目安ですので、医師・薬剤師の指示のもと、適量をご使用ください。
副作用・使用上の注意 筋肉のけいれん、吐き気、めまい、眠気、混乱、性欲の増加、口の渇きなど。
副作用は上記に限りません。

商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.