ジェイゾロフト50mgは、ジェイゾロフトは、ファイザー製薬が開発した比較的新しい抗うつ薬のひとつです

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

ジェイゾロフトは、ファイザー製薬が開発した比較的新しい抗うつ薬のひとつです。先発医薬品であり、安定した効果を期待できます。SSRI(選択的セロトニン再取込み阻害薬)に分類される、 脳内のセロトニン濃度を上げることで病状の改善を期待できます。
有効成分:Sertraline(サートラリン)50mg


セット数1箱あたり通常価格  
1箱42804280
2箱31406280
3箱27608280
5箱249612480
10箱228822880

商品の詳細

使用方法・副作用などは先発薬メーカーの添付文書をもとに薬剤師が執筆しております。
医師や薬剤師の指示のもとご使用ください。
ジェイゾロフトはアメリカのファイザー社が開発した医療用医薬品で、選択的セロトニン再取り込み阻害剤に分類される抗うつ薬です。
国内では2006年に承認・販売されており、うつ病・うつ状態、パニック障害、外傷後ストレス障害に適応がある比較的新しいお薬です。
有効成分としてセルトラリンを配合しており、セロトニンを再取り込みするセロトニントランスポーターの働きを阻害します。
これにより、神経伝達物質であるセロトニンの濃度が高まり、気分が楽になり前向きになると考えられています。
また、不安や緊張した気分をほぐして、気持ちを楽にする効果も期待されています。
うつ病のほか、突然動悸や息切れ、強い不安を伴うパニック障害や外傷後ストレス障害(PTSD)などいろいろな心の不具合に応用されています。
PTSDとは震災など、強烈なショック体験や強い精神的ストレスが心のダメージとなって、時間がたってからもその経験に対して強い恐怖を感じる障害です。
国内で3番目に開発された選択的セロトニン再取り込み阻害剤であるジェイゾロフトは、抗不安作用と抗うつ作用を併せ持ち、他の同類薬より作用が強力です。
また、選択的にセロトニンに作用するため、従来の抗うつ薬に比べて口の乾きや便秘、心毒性などの副作用が少ないのも特徴です。
臨床試験の結果、再発率(再燃率)が低いことが顕著に現われました。
また、抑うつ気分・不安や焦燥・睡眠の状況・社会活動性・不安に伴う身体症状・食欲の程度から、プラセボ(偽薬)に比べて顕著な改善が見られています。
抗うつ薬は専門医による受診の上で処方されるのが基本です。
人によってはジェイゾロフトの服用により、精神的変調をきたす報告があります。
稀に衝動的になったり攻撃性が現われたり、かえって良くない症状をまねく恐れがあります。
また、薬の減量に伴い退薬症状(離脱症状)を起こすことがあるので、中止の際は必ず徐々に減量する必要があります。
使用方法国内の用法用量として、成人に対し1日1回セルトラリン25mgを初期用量として経口で服用します。
1日の最大用量は100mgで、漸増的に(徐々に)増やすことが必要です。
飲み始めは必ず25mgから開始し、注意深く観察してください。
1日1回の服用で済みます。
1日2回以上の服用は控えてください。

副作用

国内の臨床試験の結果、副作用として悪心(気分が悪くなる)が18.9%、傾眠(眠くなる)が15.2%、口内乾燥が9.3%、頭痛が7.8%、下痢が6.4%、浮動性めまいが5.0%報告されています睡眠障害(不眠等)や錯乱状態、記憶障害や注意力障害、攻撃的障害が見られた際は、減量について医師と相談してください。
肝機能障害のある方、躁うつ病の方、自殺念慮又は自殺企図の既往のある方、脳の器質的障害又は統合失調症の素因のある方、衝動性が高い併存障害を有する方、てんかん等の痙攣性疾患又はこれらの既往歴のある方、QT延長又はその既往歴のある方、出血の危険性を高める薬剤を併用している方、緑内障又はその既往歴のある方は服用できません。
未成年の方、65歳以上のご高齢の方も服用が認められていません。
外傷後ストレス障害の方が服用される場合、症状の経過を十分に観察して定期的にジェイゾロフトの投与継続の要否について検討する必要があります。
妊娠中の方、授乳中の方は服用できません。
服用される方のご家族にも副作用などについて十分理解いただく必要があります。

副作用

として自殺企図や興奮、攻撃的になるなどの行動の変化及び基礎疾患の悪化があらわれるリスク等について十分説明を行い、ご家族の方も医師と緊密に連絡を取り合うことが推奨されています。
使用・併用禁忌18歳未満へのジェイゾロフトの効果は確立していないので、未成年に投与する場合は慎重に行う必要があります。
妊婦に対しては「必要な場合に限り、内服してもよい」というスタンスです。
一般的に、内服薬は胎児に対してなにかしらの影響を与えています。
内服がないに越したことはありませんが、内服をしていない場合でも流産や奇形の危険性は伴います。
もし、ジェイゾロフトを飲んでも飲まなくてもよい病状なら中止し、飲まないと病状が悪化する場合は飲みながら妊娠・出産したほうがよい、ということです。
主治医と相談し、方針を決めて下さい。
ただ、女性の場合は産後のマタニティーブルーになることもあるため、妊娠中も飲む方針でいくことが多いと考えられます。
また、ジェイゾロフトは母乳に移行しますので、産後も内服を続ける場合は人工乳で育児をするように気を付けてください。
また、パーキンソン病治療薬「セレギリン(エフピー)」との併用は禁止されています。
上記のセロトニン症候群を引き起こすおそれがあるためです。
安定剤の「ピモジド(オーラップ)」と併用すると重篤な不整脈が出るおそれがあります。
この2つの薬剤は併用禁忌です。
一緒に内服しないでください。
併用注意の薬剤は多く、例えばワルファリンや他の抗うつ薬、アルコールなどが含まれます。
必ず主治医に現在内服している他の薬剤を申告してください。

商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.