ジゴキシン250mcgは、植物由来成分のジギタリス配合、心不全、呼吸困難、むくみなどの症状を改善

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

植物由来成分のジギタリス配合、心不全、呼吸困難、むくみなどの症状を改善
有効成分:ジゴキシン 250mcg


セット数1箱あたり通常価格  
1箱37803780
2箱26905380
3箱22606780
5箱19369680

商品の詳細

心臓の収縮力を強める心不全の治療薬です。
ジギタリスという植物から成分を採った、昔から使われている強心剤です。
息切れや呼吸困難、むくみなどの症状を改善します。
日本ではジゴキシンと同じ成分のお薬として、ジゴキシン錠0.25mg「AFP」(アルフレッサ)、ジゴシン錠0.25mg(中外製薬)などが発売されています。
心不全は心臓のポンプ機能が弱まって、血液の循環がとどこおる病気です。
症状は、動悸、息切れ、疲労感、むくみなどですが、血液の循環が悪くなることで肺や腎臓などさまざまな臓器に深刻な影響を及ぼします。
心不全の原因になるのは、心筋梗塞や心筋炎、不整脈などの心臓の病気のほかに、高血圧、腎臓病などです。
ジゴキシンは西洋で昔から強心剤として使われていたジギタリスという薬草に由来するお薬です。
日本では50年ほど前から心不全の治療薬として使用されています。
心筋細胞のカルシウムイオン濃度を高めて、心臓の収縮力を高める作用があります。
交感神経の興奮をしずめて頻脈をしずめる作用もあります。

副作用

が少ない安全なお薬で、心不全の長期維持療法に向いています。
ジゴキシンの服用によって心不全の患者の入院頻度を減らすことができたという報告もあります。

ご使用方法

使用方法は医師の指示のもと適用量を服用します。

副作用

使用上の注意 食欲の不振、下痢、嘔吐、頭痛など。
副作用は上記に限りません。

商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.