ジスロマック500mgは、ファイザー製薬のジスロマックは性病のクラミジアや淋病の治療薬です

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

ファイザー製薬のジスロマックは性病のクラミジアや淋病の治療薬です。成分アジスロマイシン500mg配合で1日1回2錠で治療できます。効果が1週間ほど続くため1日の服用で感染症が完治します。
有効成分:アジスロマイシン500mg(Azithromycin)


商品の詳細

クラミジアや淋病などが原因の尿道炎や女性の子宮頸管炎などの特効薬となります。
ジスロマック500mgは有効成分としてアジスロマイシン500mgを含有するマクロライド系抗菌薬です。
肺炎球菌をはじめとするグラム陽性菌、インフルエンザ菌などの一部のグラム陰性菌、嫌気性菌、非定型菌のマイコプラズマやクラミジアなどに非常に幅広い領域の細菌に対して殺菌効果を発揮します。
薬学的には蛋白合成阻害薬に属します。
細菌の発育に必要な蛋白鎖の伸長を阻害することで細菌の発育・増殖を抑制します。
マクロライド系抗菌薬は静菌的に作用すると言われていますが、ジスロマックは一度に高用量を服用し高い効果を発揮するため殺菌的に作用することも可能です。
また、ジスロマックは抗菌作用だけでなく抗炎症作用も持ち合わせているため抗炎症作用を期待した上での使用も多くあります。
ジスロマックは比較的新しいマクロライド系の抗菌薬で、他の同系統の薬と比較すると胃酸による不活化をほとんど受けず体内によく吸収されるため高濃度を保ちながら長時間持続します。
また、マクロライド系の抗菌薬は併用薬との相互作用が多く併用禁忌薬や飲み合わせに注意しなければならない薬が多いことがデメリットでしたが、ジスロマックは薬物間相互作用が比較的少なく併用薬との飲み合わせをあまり気にしなくていいことも特徴です。
ジスロマックは血中半減期が時間に比例して延長していくので作用時間がとても長く、1日1回3日間のみの服用で同系統の抗菌薬を7~10日間服用した場合と同等の効果を発揮します。
ジスロマックなどマクロライド系抗菌薬は一般的な抗生物質が効かない非定型菌にも有効であるため、マイコプラズマ肺炎やクラミジア感染症に多く使用されます。
服用によりアレルギー反応が起きることもごく僅かなので、ペニシリン系やセフェム系などの抗菌薬に対するアレルギー体質の方も服用できます。
呼吸器感染症、クラミジアや淋病などの性感染症(尿道炎や子宮頸管炎)、皮膚科、耳鼻科、歯科領域の感染症など非常に幅広い治療に世界中で多く使用されています。
ジスロマックのジェネリック薬 商品名:Azee 1000mg錠(アジー) 製薬メーカー:シプラ(Cipla) 有効成分:アジスロマイシン1000mg使用方法一般的な感染症の場合、ジスロマックを通常成人は1日1回500mgを3日間続けて服用します。
3日間服用することで7~10日間効果が持続します。
食事や時間帯の影響は受けないので、毎日同じ時間帯を自由に決めて服用してください。
尿道炎・子宮頸管炎の場合、1000mg2錠を一度だけ服用します。
この服用により約10~14日間効果が持続します。

副作用

ジスロマックの副作用は少ないですが下痢、腹痛、吐き気、嘔吐、血栓性静脈炎、カンジダ症、発疹、皮膚炎、光線過敏、発汗などの症状が報告されています。
特に下痢などの胃腸症状は比較的多く起こる副作用ですが、軽度であればさほど問題ありません。
もしも症状が重い場合や一向に改善しない場合、血便や発熱を伴う場合などはすぐに受診してください。
ジスロマックは一度服用すると体内に長く留まるため、副作用が発現した場合症状が長引く可能性があります。
滅多に起こりませんが、重大な副作用としてアナフィラキシーショック、中毒性表皮壊死融解症、皮膚粘膜眼症候群、腎障害、偽膜性大腸炎、肝障害、などが報告されているので念のため注意してください。
アレルギー体質、心臓病、重い肝障害の方はジスロマックの服用に慎重な注意が必要です。
服用開始する前に必ず医師に相談してください。
ジスロマックには併用禁忌薬はありません。
制酸薬(胃腸薬)、抗血液凝固薬のワルファリン、強心薬のジゴキシン、免疫抑制薬のシクロスポリンなど禁忌ではありませんが飲み合わせに注意が必要な薬は幾らか存在するので、何らかの疾患で服薬治療中の方はジスロマックの服用を開始する前に必ず医師か薬剤師に相談してください。
アルコールの摂取は副作用発現リスクを上げ、また細菌感染による炎症を長引かせる傾向もあるので、ジスロマック服用中&作用持続中の飲酒はなるべく控えるようにしてください。

商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.