ジャヌメットは、2型糖尿病を治療します

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

2型糖尿病を治療します。国内未発売ですが、DPP-4阻害薬として人気の成分「シタグリプリン」とビグアナイド系薬として汎用される「メトホルミン」の2つの成分配合の医薬品です。
有効成分:シタグリプチン(Sitagliptin) 50mg + メトホルミン (Metformin) 500mg


セット数1箱あたり通常価格  
1箱49804980
2箱37907580
3箱345810374
5箱321416070

商品の詳細

ジャヌメットは、2型糖尿病を治療するはたらきのあるお薬です。
DPP-4阻害薬の「シタグリプチン(ジャヌビア)」と、ビグアナイド(BG)系薬の「メトホルミン(メトグルコ)」という、2つの成分が配合されています。
シタグリプチンは、DPP-4とよばれる酵素を阻害することで、血糖値依存的にインスリン分泌を促進して、血糖値を下げるはたらきがあります。
メトホルミンは、筋肉や脂肪での糖の使用を促したり、糖が新たにつくられるのをおさえることで、血糖値を下げるはたらきがあります。
糖尿病治療において、2種類以上の薬剤が併用されることは多く、配合剤の役割は大きなものになりつつあります。
血糖降下薬としては、従来はSU剤などが汎用されてきましたが、近年ではDPP-4阻害薬やSGLT2阻害薬などの新しい作用機序を持った登場するようになりました。
中でも、DPP-4阻害薬は効果が高く、血糖依存的にはたらくため副作用も少ないということから、糖尿病治療の中心となっています。
単独では低血糖のリスクが少なく、SU剤などで起こりやすい副作用である体重増加もみられないことも、人気の理由となっています。
また、インスリン抵抗性を改善するはたらきがあることが再注目されるようになり、メトホルミンも使用が増えるようになりました。
ジャヌメットは、国内では発売されていませんが、DPP-4阻害薬として人気の成分である「シタグリプリン」と、ビグアナイド系薬として汎用される「メトホルミン」が配合された医薬品です。
類薬である「イニシンク」はアログリプチン(ネシーナ)とメトホルミンの配合剤で、「エクメット」はビルダグリプチン(エクア)とメトホルミンの配合剤です。
これらのように、DPP-4阻害薬とビグアナイド系薬の配合剤は人気が高く、有効性に優れることも知られています。
本剤を含む多くの経口血糖降下薬は、2型糖尿病に対して用いられています。
2型糖尿病は、遺伝的に糖尿病になりやすい人が、運動不足や肥満、ストレスなどをきっかけとして発症することが知られています。
高血糖の状態が続くと、失明や腎臓病、末梢神経障害などの糖尿病特有の合併症があらわれ、最悪の場合には死に至ることもあります。
糖尿病があることが検査で指摘された場合には、早めに治療を開始することが推奨されています。

ご使用方法

●2型糖尿病(ただし、シタグリプチンおよびメトホルミンの併用による治療が適切と判断される場合に限る。
)成人では1日1回1錠(シタグリプチン/メトホルミンとして50㎎/500㎎)を食直前または食後に服用してください。

副作用

胃腸炎、四肢のしびれ、じんましん、関節痛、空腹感、腹痛、便秘、過敏症、発疹など乳酸アシドーシス、低血糖、倦怠感、意識消失、脱力感、肝機能障害、黄疸、横紋筋融解症など禁忌・併用注意乳酸アシドーシスを起こしやすい方(既往歴、腎障害、透析患者、脱水症など)重症ケトーシス・糖尿病性昏睡又は前昏睡・1 型糖尿病のある方重症感染症、手術前後、重篤な外傷のある方栄養不良状態、妊婦又は妊娠している可能性のある婦人本剤の成分又はビグアナイド系薬剤に対し過敏症の既往歴のある方ヨード造影剤、腎毒性の強い抗生物質(ゲンタマイシンなど)、利尿剤、SGLT2阻害剤、血糖降下薬、血糖に影響を与えやすい薬剤(β遮断薬、副腎皮質ホルモンなど)、シメチジン、ドルテグラビル、バンデタニブ※ここに記載した薬剤が全てではないので、注意をするようにして下さい。
使用上の注意全身のだるさや筋肉痛があらわれた場合には、乳酸アシドーシスや低血糖を引き起こしている場合があるので、十分に注意するようにしてください。
妊娠又は妊娠している可能性のある婦人、授乳婦については、本剤の使用は控えるようにして下さい。
血糖の低下によりめまいやふらつきが起こることがあるので、自動車の運転や高所作業などは、十分に気をつけるようにしてください。

商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.