ストロングハート・チュアブル(中型犬用)は、ストロングハートチュアブル中型犬用は世界で初めて発売されたカルドメック錠のジェネリックの医薬品です

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

ストロングハートチュアブル中型犬用は世界で初めて発売されたカルドメック錠のジェネリックの医薬品です。他の製薬会社が同じ成分で安全性も配慮し、お手頃な値段で販売しています。また、ミート味で食べやすくなっています。犬のフィラリア症予防に効果があるだけでなく、腸内の寄生虫の駆除もしてくれます。サバフォーマ社の商品です。
有効成分:イベルメクチン136mcgピランテル114mg

セット数1箱あたり通常価格  
1箱29132913
2箱19453890
3箱16234869
4箱14625848
10箱117111710

商品の詳細

同じ有効成分(イベルメクチン+ピランテル)を含む他の医薬品 キウォフハート小型犬用 – 760円(1箱)~キウォフハート中型犬用 – 917円(1箱)~キウォフハート大型犬用 – 1269円(1箱)~ストロングハート・チュアブル(大型犬用) – 1269円(1箱)~ハートガードプラス(カルドメック)大型犬用 – 4495円(1箱)~ 全て表示 ハートガードプラス(カルドメック)小型犬用 – 3293円(1箱)~ハートガードプラス(カルドメック)中型犬用 – 3615円(1箱)~ ▲隠す 概要ストロングハートチュアブルの主成分はイベルメクチン、パモ酸ピランテルの2つの有効成分からです。
イベルメクチンは血流内に入り混んだフィラリアの幼虫ミクロフィラリアを駆虫する働きがあります。
イベルメクチンの作用により、イヌ糸状虫の幼虫が(ミクロフィラリア)心臓に移り成虫に成長するのを防ぎ、フィラリアの発生を予防できます。
パモ酸ピランテルは犬のお腹の中にいる鉤虫や回虫などといった寄生虫を駆除しうんちと一緒に排出してくれます。
それ以外に、腸管糞腺虫症やヒゼンダニ症や耳ダニなどの治療にも有効とされています。
便の中に排出されるため、投薬後の処理の際には手袋などをして予防してください。
また稀に便に白くゴマつぶ状で排泄されることもあり目で見て確認できるケースもあります。
驚かれる方もいますが、お薬を飲んだおかげでお腹の中にいた虫がやっつけられたと思ってください。
念のため多頭飼いされているかたは便に出たことほかのワンちゃんとの接触を避けておく方が懸命です。
フィラリア予防についてフィラリアの予防については完全に蚊からの接触を防ぐことは不可能です。
蚊に、刺されなければ感染することはありませんが、夏場など蚊から逃げることはできません。
フィラリアが血流内に入ったとしても、駆虫してくれればいいのです。
蚊から送り込まれてくるフィラリアは血液の中を通って心臓に到着します。
心臓の中をすみかとします。
そのため心臓に寄生してしまうと、薬では3年ステロイドと併用しての投与と外科的なものであれば手術があります。
しかし、手術も麻酔をかけるため心臓に負担がかかります。
発症してしまうとやっかいな病の一つです。
そのため蚊のではじめからいなくなってから次の月までの投薬が必要なのと、お薬を与える前に血液検査をして血流内にフィラリアがいないかを調べることが重要になります。
去年、血液検査をしてフィラリアに感染していなかったとしてと稀に投薬日のズレなどで薬の効果を発揮できておらず飲んでいても感染してしまったということもあります。
そのため必ず血液検査を受けてからが基本になります。

ご使用方法

犬フィラリアと呼ばれる寄生虫は、蚊を媒介にして寄生します。
そのため、蚊ので始める時期から蚊のいなくなってから次の月まで投薬が必要になってきます。
月に一度の日にちを決めて与えてください。
飲み忘れた場合、遡って最高1ヶ月半前のものを予防できます。
それよりも期間が空いている場合はその間にフィラリア感染を起こしているケースがあります。
その場合は獣医師に相談してください。
チュアブルタイプでわんちゃんの好きなミート味のためおやつ感覚で与えてもらって大丈夫です。
ただし、全量を必ず食べたか確認してください。
服用後に吐いていないかもきちんと注意してください。
また、食欲のあるわんちゃんにおいて、普段からドックフードを丸のみして食べているわんちゃんの場合、勢い余って喉に詰まらせてしまうケースがあります。
のどにつまらせてはいけないので細かく砕いて全量を与えてください。
イベルメクチンの大きさにもよりますが、詰まられて窒息してしまうケースもあります。

副作用

吐き気、痒み、めまいなどが起こるケースがあります。
肉系のアレルギーのある犬では下痢などを引き起こる場合もあります。
ヒゼンダニの死滅後にかゆみが強く出る場合があります。
犬が執拗にかいているようであれば、注意し獣医師に相談してください。
稀にキット不使用で直接顕微鏡でフィラリアに感染しているのを検査する病院もありますが、見落としている場合があります。
フィラリアに感染していて、投薬した場合発熱や全身性のショックを起こすケースがあります。
必ず、検査キットを使用してもらってください。
禁忌 下記の犬種にはイベルメクチン毒性をしめる危険性があります。
投薬ときには注意してください。
念のため獣医師に相談してください。
注意事項 血液検査にて感染のないことを確認した上で投薬を行ってください。
感染後、投薬した場合には副作用をおこし、死亡してしまうことがあります。
お子様の手の届かない所に保管してください。
高温多湿はさけ、涼しいところで保管してください。
他の薬を服用中の場合は必ず獣医師に相談してください 禁已をお読みください。

商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.