スピリーバ(臭化チオトロピウム)18mcgは、スピリーバは慢性気管支炎、慢性閉塞性肺疾患(COPD)の症状を緩和する治療薬で、粉末の吸入剤となります

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

スピリーバは慢性気管支炎、慢性閉塞性肺疾患(COPD)の症状を緩和する治療薬で、粉末の吸入剤となります。COPD(慢性閉塞性肺疾患)は有害物質を含む空気を吸い込むことで気管支や肺胞への害が生じる病気です。
有効成分:Tiotropium(チオトロピウム)


セット数1箱あたり通常価格  
1箱48804880
2箱36407280
3箱32269678

商品の詳細

スピリーバは慢性気管支炎、慢性閉塞性肺疾患(COPD)の症状を緩和する治療薬で、粉末の吸入剤となります。
COPD(慢性閉塞性肺疾患)は有害物質を含む空気を吸い込むことで気管支や肺胞への害が生じる病気で、日本国内では2006年の統計で死亡原因の10位にこのCOPDがランクされるほど深刻かつ患者の多い病気です日本では患者は500万人を超えるとされ、芸能人では和田アキ子さんがこのCOPDで数十年の喫煙歴にピリオドを打ち禁煙を達成されたようです。
上記のようにCOPDはタバコの喫煙と関係が深く、別名でタバコ病とも呼ばれています。
喫煙社の15~20%がCOPDになると言われています。
タバコでは受動喫煙もCOPDの原因になります。
また有害物質を含む空気もCOPDの原因のため、大気汚染が問題の地域でもCOPDが増えるとされています。
スピリーバは気管支を広げることで空気を吸いやすく改善し、呼吸が楽にするため気管支拡張薬と呼ばれます。

ご使用方法

使用には専用の吸入器(ハンディヘイラー)を用います。
ハンディヘイラーの使用法は医師の指示に従ってください。
効能効果慢性気管支炎COPD(慢性閉塞性肺疾患)副作用吐き気、腹痛、食欲の不振、下痢、のどの渇き、頻尿、脱力感、発熱、のどの痛み、おなかのはりなど。

副作用

は上記に限りません。
有効成分 Tiotropium(チオトロピウム) 内容量 30カプセル/回分
商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.