スマトリプタン錠100mgは、市販の頭痛薬では効果がうすい片頭痛の強い痛みも抑える鎮痛剤

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

市販の頭痛薬では効果がうすい片頭痛の強い痛みも抑える鎮痛剤!バファリンやロキソニンではダメ。スマトリプタンは、片頭痛治療薬として古い歴史があるイミグランと同じ有効成分であるスマトリプタンコハク酸塩を配合したジェネリック薬品です。
有効成分:Sumatriptan(スマトリプタン)100mg


商品の詳細

片頭痛治療薬として古い歴史があるイミグランは、日本では2001年から承認・販売されています。
同じ有効成分であるスマトリプタンコハク酸塩を配合したスマトリプタンは、イミグランのジェネリック医薬品です。
イギリスの製薬会社であるアルムス社が開発したお薬のため、その品質は国内の医薬品と同等です。
最大の特徴は、日本では1錠50mgで販売されているのに対し、スマトリプタンは1錠100mgの高用量を配合していることです。
ピルカッターなどで半錠に割って飲むことで、50mg錠として服用いただけます。
スマトリプタンコハク酸塩は、片頭痛の原因となる血管の拡張を鎮める作用があります。
片頭痛とは主に“ズキンズキン”や“ガンガン”と脈打つような痛みを感じる頭痛のことを指します。
片頭痛に悩む方は約840万人いると推定されており、特に女性に多い身近な病気の一つです。
片頭痛の症状を治療せずに放置すると、その症状は悪化すると言われており、適切な薬物治療が必要です。
国際頭痛学会では、片頭痛を症状や発生機序によって約23種類に分類しています。
【使用・併用禁忌】に記載された片頭痛の方には効果を示さない可能性があるため、必ず専門機関を受診して片頭痛の診断を受けるようにしてください。
スマトリプタンは片頭痛以外にも、顔に痛みを感じる三叉(さんしゃ)神経痛や、目の奥に激しい痛みがでる群発頭痛にも効果があるとされています。
片頭痛の痛みを感じた時に飲むお薬です。
そのため、常備薬として常に携帯されることをおすすめいたします。
片頭痛の症状こめかみの片方が、ズキンズキンと脈を打つように痛む。
痛みがでる前に、目がチカチカするなどの予兆があることが多い。
明るいところ、騒音があるところにいると痛みが増す。
身体を動かすと痛みが増す。
痛みが続く時間は、数時間でおさまる人、2~3日続く人など、幅があります。
痛みの発作の回数も、週に1回くらいから月に1回くらいなど、個人差があります。

ご使用方法

飲み始めは、片頭痛の症状があった際に1回50mgを服用してください。
水またはぬるま湯と一緒に服用してください。
片頭痛の症状が治まらない時は、2時間以上空けて50mgを服用してください。
1日の最大用量は200mgです。
服用した後、1~2時間以内に痛みを抑える作用が発揮されます。
服用後2時間が経過すると、痛みを抑える作用は半減されてしまいます。
片頭痛の予防として服用することは控えてください。
アルコールやコーヒーなどと一緒に服用しないで下さい。
経口剤以外の片頭痛治療薬と併用される際には、以下の間隔を空けてください。
錠剤の後、注射液または点鼻液を追加投与する場合:2時間以上 注射液の後、錠剤を追加投与する場合:1時間以上 点鼻液の後、錠剤を追加投与する場合:2時間以上 妊娠中の妊婦さんにも、医師が治療の必要性を判断すれば服用いただけます。
但し自己判断せず、産婦人科医や専門医を受診してください。
授乳中の方は、服用後12時間以上空けて授乳するようにしてください。
以下の頭痛薬との併用は控えてください。
思わぬ副作用が現われる可能性があります。
クリアミン配合錠 ジヒデルゴット錠 ヒポラール錠 バファリンやロキソニンなどの市販薬 片頭痛でない方がスマトリプタンを服用されると、思わぬ副作用が現われる可能性がございます。
一般的な頭痛と片頭痛は、発生機序が異なります。
自己判断せず、専門機関の受診をおすすめいたします。

副作用

用法用量を正しく理解して服用いただければ、安心して服用いただけるお薬です。
臨床試験の結果ではごく稀な副作用として、アナフィラキシーという急性発作や、てんかん発作、不整脈や心筋梗塞が報告されています。
これからの既往がある方は、主治医にご相談の上で服用を検討してください。
その他に、蕁麻疹や悪心(気分がわるくなる)、嘔吐などが報告されています。
これらの症状が出た際には、服用を中止して医療機関の受診をおすすめいたします。
これらの服用は一過性で、時間の経過と共に消失するのが一般的です。
18歳未満の方は服用を控えてください。
65歳以上の方が服用される際は、主治医や薬剤師にご相談の上で服用を検討してください。
使用・併用禁忌以下の症状をお持ちの方にはスマトリプタンを服用いただけません。
家族性片麻痺性片頭痛 孤発性片麻痺性片頭痛 脳底型片頭痛もしくは眼筋麻痺性片頭痛 片頭痛の診断を受けたことがない方は、医療機関を受診してください。
以下の疾患をお持ちの方は、服用を控えるか、主治医に相談の上で服用を検討してください。
高血圧の方 虚血性心疾患の可能性のある方 てんかん発作の既往がある方 肝機能障害、腎機能障害のある方 小児やペットの手の届かない場所で保管してください。
片頭痛は女性に多い慢性頭痛です。
片頭痛は20~40代の女性に多い慢性頭痛で、患者の70%以上が女性です。
原因は分っていませんが、妊娠中や閉経後は症状が出なくなることが多いので、ホルモンバランスと関係があると考えられています。
母親に片頭痛があると、娘にもでる確率が高くなります。
ストレスから解放される週末などに痛みの発作が出やすいなど、ストレスとも関係が深い病気です。
痛みの直接の原因は、脳内物質のセロトニンの作用で頭の動脈の血管が拡張して、周囲の神経を刺激することです。
片頭痛の痛みをがまんする必要はありません。
片頭痛はまだ根本的な治療法がない慢性の病気です。
女性は閉経後に症状が出なくなることが多いのですが、若い女性にはそれまで長い年月があります。
なるべく薬は飲まないようにといって痛みをがまんするのは、長期間にわたってQOL(生活の質)を下げることになります。
痛みがでると暗い部屋で横になってじっとしているという人もいるようですが、それより早く薬をのんで痛みを忘れる方が得です。
とくにストレスから解放される週末にでることも多い痛みなので、楽しみにしていた予定をキャンセルしなくてもよい対処法が必要です。

商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.