スルピタック(アミスルピリド)100mgは、統合失調症の治療薬です

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

統合失調症の治療薬です。非定型抗精神薬とよばれる新しいタイプのお薬で、統合失調症の陽性症状だけでなく陰性症状にも効果があります。スルピタックの有効成分であるアミスルピリドは、日本では未承認のお薬です。
有効成分:アミスルピリド100mg


セット数1箱あたり通常価格  
1箱64806480
2箱544010880
3箱492714781
5箱417620880

商品の詳細

統合失調症の治療薬です。
非定型抗精神薬とよばれる新しいタイプのお薬で、統合失調症の陽性症状だけでなく陰性症状にも効果があります。
スルピタックの有効成分であるアミスルピリドは、日本では未承認のお薬です。
統合失調症は10代に発症することが多い精神疾患で、陽性症状と陰性症状というあい反する2相の症状があるのが特徴です。
「陽性症状」には、被害妄想、幻覚、幻聴、思考障害などがあり、「陰性症状」には感情の平板化、意欲の欠如、自閉などがあります。
統合失調症のもう1つの特徴は患者に自分が病気だという「病識」がないことで、それが治療のさまたげになるケースが少なくありません。
従来の統合失調のお薬は、脳の神経伝達物質のドパミンの作用を抑制して陽性症状をおさえるものでしたが、ドパミン以外の神経伝達物質にも作用して、それが口のかわき、眠気、体重増加などの副作用の原因になっていました。
スルピタックはドパミンのD2受容体、D3受容体だけに選択的作用する「非定型抗精神薬」と呼ばれる副作用が少ないお薬です。
また、D2受容体が関係する陽性症状だけでなく、D3受容体が関係する陰性症状も改善します。

ご使用方法

統合失調症の場合:急性エピソードの場合は、1日あたり400~800㎎を服用し、1日の最大服用量は1200㎎です。
/li> 統合失調症の維持療法の場合:陰性症状が強い場合は1日あたり50~300㎎で、1日の最大服用量は300㎎以下です。
上記の使用量、使用方法は目安ですので、医師・薬剤師の指示のもと、適量をご使用ください。
副作用・使用上の注意 運動機能の低下、ふるえ、不眠、便秘、吐き気、不安、こうふん、けいれんなど。
副作用は上記に限りません。

商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.