セルノスカプセル(男性ホルモン1%)は、男性ホルモンのテストステロン補充剤

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

男性ホルモンのテストステロン補充剤!【改善できる症状】やる気、意欲、睡眠の質、性欲、勃起力、精子量、筋力アップなど。男性の更年期はセルノスカプセルで乗り越えましょう!
有効成分:Testosterone(テストステロン)40mg


セット数1箱あたり通常価格  
1箱43804380
2箱31906380
3箱27938379
5箱274613730
7箱241116877
10箱226822680
20箱209441880

商品の詳細

セルノスカプセルは有効成分として男性ホルモンであるテストステロンを40mgを含有するホルモン製剤です。
「テストステロン欠乏症」が原因の男性性腺機能の低下、ED(勃起不全)、男性更年期などの症状の治療に主に使用されていて、特に海外では人気の薬です。
テストステロンは睾丸や腎臓で分泌されるホルモンであり、筋肉の増強、骨格や男性器の成長、身長の伸び、精子生成、性欲の増進、体毛の増加などに関わっています。
謂わば男性らしさを司るホルモンであり、思春期以降の男性では睾丸からの分泌が顕著に増加して男性的な身体の特徴が形成(二次性徴)されます。
20代をピークに、30歳を過ぎたあたりから年1-2%の割合で徐々に減少していく傾向にあります。
一般的には緩やかな減少ですが、減少が著しく急激な場合があり、近年よく聞くようになった「男性更年期障害」を起こすことがあります。
女性が女性ホルモンの減少で起こりうる更年期障害は有名ですが、男性更年期障害も女性と同じように気分ややる気の低下、更年期うつなど様々な不快な症状が起こることがあります。
またテストステロンの減少と共に男性器機能の低下、性欲の低下が起こる傾向があります。
セルノスカプセルを服用することで加齢などの原因によって体内で減少していくテストテロンが補充され、その結果減退した筋肉や骨を強く復活させたり正常な性腺機能や性欲を増進させるなど男性らしさを取り戻すことが可能です。
その他にもテストステロンが補充されることでやる気・意欲が高まる、睡眠の質が高まりよく眠れるようになる、肉体疲労の回復力が高まる、勃起力や朝立ちの改善、精子量の増加など魅力的な効果がたくさんあります。
またテストステロン欠乏の症状がなくても、アスリートの筋肉増強やパワー増強目的に使用することもあります。
セルノスカプセルは内服の他に肌に塗るジェルタイプも販売されています。
国内のクリニックではテストステロン5%配合の男性ホルモンクリーム(アンドロフォルテ)が処方されることが多く、特に富裕層の男性の間で人気です。
当社では海外サプライヤーから直接仕入れており、上記ホルモン剤をクリニックより大幅に低価格でご提供しております。
テストステロンとは、男性の睾丸内で生成される男性ホルモンで、男性らしさである筋肉、骨格や男性器の成長、精子生成などに不可欠なホルモンです。
女性では更年期と言って女性ホルモン量が急減して起こる心身の不調がありますが、男性の場合もこのテストステロンが減少することで性機能の低下や、性欲低下、気分ややる気の低下、骨量の低下など男性の更年期という症状で現れます。
テストステロン補充で改善が可能な症状 やる気、意欲が高まり、積極性へも影響する 睡眠の質が高まる、よく眠れるようになる 肉体的に疲労回復力が高まる 男性の勃起力の改善、朝立ちなどを感じやすくなる 精子量の増加で射精量が増える 性欲が高まる「男も「更年期」がわかると楽になる(はらたいらさん著)」近年では男性にも更年期があることは一般的に知られていますが、初めて広く話題に上がったのは「故はらたいらさん」が男性の更年期でご自身が経験した辛い経験を著書「男も「更年期」がわかると楽になる」で発表されたのがきっかけと言えるでしょうか。
現在ではLOH症候群(男性ホルモン分泌量が減少して起こる症状)とも呼ばれており、治療法として減少した男性ホルモン(テストステロン)を服用薬や塗り薬で補充するホルモン補充療法も一般的になりました。
その当時は更年期障害と言う症状は女性だけのものと思われていましたが、中高年男性においても男性ホルモン分泌量が減少して起こる心身の不調だということが明確になりました。
今では男性の更年期やLOH症候群は我慢ではなく、ホルモン補充という治療方法も取り入れられるようになりました。
以下、故はらたいらさん著書からの引用です。
「俺もそうだ!
」と感じる男性は非常に多いと思います。
『最初に気付いた症状は、だるさ、気力のなさ、集中力の低下などです。
新聞を読んでも頭に入らない。
机に向かって漫画を描こうとしても“よしやるぞ!
”という元気がわいてこない。
おかしい。
こんなこと今までになかった。
どうしたんだろう。
』 『めまいや肩こりなど肉体面での不調もありました。
』 『生まれて初めて経験する“心と体の絶不調”にただオロオロと戸惑うばかりでした。
』LOH症状とはLOH症候群(ロー症候群)とは、加齢と男性ホルモンの分泌低下によって起こる症状であり、これまでには「男性更年期障害」などと呼ばれていました。
女性における更年期障害では、多くの女性が閉経を前に経験するものであり、仕組みも解明されていることから比較的わかりやすいことが特徴です。
一方で、男性では閉経のように目に見える出来事が無く、個人差も大きいことが特徴です。
症状が強く出る方もいれば、逆に全く症状を感じない方もいるのです。
「男性にも更年期がある」ということは、欧米では1940年代から提唱されていましたが、様々な偏見や社会通念により、なかなか認識されずにいました。
近年では社会の成熟化や高齢化に伴い、抗加齢医学への関心とともに、世界的に知られることとなりました。
これまでは「男性更年期障害」という表現が用いられていましたが、不定愁訴のひとつである「うつ病」や「うつ状態」との切り分けが難しく、男性更年期障害の病態は複雑です。
そこで、加齢と男性ホルモンの分泌低下にともなう症状として正確に定義するため、現在では「LOH症候群(ロー症候群)」と呼ばれているのです。
男性ホルモンのテストステロンとはテストステロン(Testosterone)は、男性ホルモン(アンドロゲン)の一種です。
男性の場合では、約95%が睾丸(精巣)の中で、残る5%が副腎で合成されています。
テストステロンには様々な効果があることが知られています。
男性の胎生期においても男性内生殖器の発達に関係することや、男性の二次性徴(声変りが起こる、思春期の男性性器の発育、陰毛の発毛など)に関わっていることも分かっています。
骨格や筋肉の成長促進作用があることも分かっており、筋肉量の増加を促します。
その他にも、わずかではありますが塩分など尿の排泄を抑制する働きもあり、血圧を上昇させる働きもあるのです。
また、性欲・性衝動の亢進作用はセルノスカプセルをお使いの方の期待する作用の一つでもあり、テストステロンの作用として有名です。
いわゆる性欲や性衝動は、テストステロンの作用であると言われています。
さらに、男性ホルモンは異性を惹きつけるフェロモンを発生させ、ドーパミンという興奮作用のある神経伝達物質を増やします。
骨盤神経に作用して勃起を起こすなど、男性がセックスを行うために必要な興奮や勃起などを起こす働きもあるのです。

ご使用方法

男性機能の改善や男性更年期の改善目的に服用する場合、セルノスカプセルを通常成人男性は目安として1日20~50㎎(1〜2粒)を服用します。
もしも服用し忘れた場合は飛ばして次回分から通常通りに服用してください。
一度に2回分服用しないようにしてください。
造成機能障害による男性不妊の治療目的で使用される場合がありますが、この治療は特殊であり造成機能が低下するリスクもあるため必ず医師の指導の下で服用してください。
自己判断で安易に服用するのは控えてください。
男性ホルモンとペニスサイズ増大の関係男性ホルモンを含有する医薬品において、副作用として性器増大などが一部報告されています。
しかしながら、国内で性器の増大を目的とした医療用医薬品は承認されておらず、効果についても疑問が持たれています。
性欲欠乏、勃起力減退(勃起機能の衰え)、陰萎(陰茎の張力の低下や勃起の低下)、性感減退、遺精(勃起が不十分なうちに射精してしまうこと)、早漏、睾丸欠落症、先天性睾丸発育不全などの諸症状に対する効果は期待できますが、性器を大きくする作用は期待できないと考えられるのです。
男性ホルモンを増やす方法テストステロンの原料はコレステロールであり、体内で複雑なプロセスを経ることでテストステロンへと変換されています。
また、テストステロンの分泌量は、脳の命令でコントロールされています。
血液中に分泌されたテストステロンは一時間前後で約半分となり、大部分は肝臓で代謝されて尿中に放出されます。
成人男性が精巣で1日に分泌するテストステロンは、およそ7mgと言われていますが、少量は女性ホルモンであるエストロゲンに変換されています。
テストステロンの分泌を増やすためには、ストレスを溜めない健康的な生活習慣を心がけ、適度な運動を維持することや十分な睡眠、規則正しい生活リズムをとるようにすると良いでしょう。
また、そもそもコレステロール不足にならないように、バランスの良い栄養摂取が必要となります。
ただし、コレステロールの過剰摂取は問題があるので、注意をするようにしてください。

副作用

セルノスカプセルの副作用は多毛、勃起持続、陰茎肥大、陰萎、乳房肥大、継続的大量投与による精子減少、発疹などが報告されています。
またテストステロンが正常値を超えたら赤血球の数値の上昇したり(多血症)、皮脂分泌が活発になることにより顔や身体にニキビができることがあります。
滅多に起こりませんが重大な副作用として肝機能が低下することもありますので、セルノスカプセルを服用後に何らかの明らかな身体の異常をきたしたら服用中止してすぐ受診してください。
アンドロゲン依存性腫瘍などホルモン分泌に関わる疾患及びその既往歴がある方はセルノスカプセルを服用できない場合があるため 服用を開始する前に必ず医師に相談してくださいら。
また何らかの疾患で服薬治療中の方もセルノスカプセルの服用を開始する前に医師か薬剤師に相談してください。
セルノスカプセルは男性ホルモン製剤なので女性や小児の方は服用禁忌ですし薬剤に直接触れることも避けてください。
男性でも未成年の方は身体や男性器の成長に影響を起こす恐れがあるので服用を避けてください。

商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.