セルノスジェル(男性ホルモン1%)は、ジェルタイプの男性ホルモン補充剤で男性更年期の強い味方です

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

ジェルタイプの男性ホルモン補充剤で男性更年期の強い味方です!【改善できる症状】やる気、意欲、睡眠の質、性欲、勃起力、精子量、筋力アップなど。10歳以上若返るにはテストステロン補充剤!
有効成分:Testosterone(テストステロン)1%


セット数1箱あたり通常価格  
1箱64896489
2箱49779954
3箱450813524
5箱411220560

商品の詳細

ジェルタイプのテストステロン(男性ホルモン)補充薬で、テストステロン欠乏が原因による性腺機能低下症に有効です。
男性ホルモンを皮膚から直接吸収するため、少量の適用で高い効果が期待できる男性ホルモン補充薬です。
セルノスジェル(男性ホルモン剤)は、女性や子供には使用できません。
テストステロンは男性の睾丸で生成される男性ホルモンの一種で、筋肉、骨格の発達や男性器の成長、精子の生成などに必須のホルモンです。
これら男性らしい体つきや男性力の成長に必須なだけでなく、脂質代謝や性機能、造血機能、アグレッシブでタフな精神力などにも必要なホルモンのひとつがテストステロンです。
男性は女性のようにホルモンが急激に減ることはないですが、通常、30代あたりでテストステロンの分泌量が減りはじめます。
それ以外にも他の疾患や薬物など他の要因でも減少し、これにより生殖腺の機能が低下する症状を性腺機能低下症と呼び、成人では性欲の低下、精力の低下やED、骨密度の低下、抑うつ状態、認識脳の低下などの原因になると言われ、男性の更年期障害(LOH)の主要な原因がテストステロンの低下と言われています。
セルノスジェル(テストステロン)は肌に塗ることで血中に成分が吸収され、肝臓で分解されます。
服用タイプのホルモン補充材と比較しても少ない量で済み、肝臓への負担が服用剤や注射より少ないのが特徴です。
国内のクリニックでは濃度の高いテストステロン5%配合の男性ホルモンクリーム(アンドロフォルテ)が処方されることが多いです。
1%のホルモン薬では効果が限定されるためです。
上記アンドロフォルテは特にに富裕層の男性が、更年期を快適に乗り越えるため、生涯現役のエネルギッシュな人生を送るために人気の様です。
当社では海外サプライヤーから直接仕入れており、上記ホルモン剤をクリニックより大幅に低価格でご提供しております。
人気の服用タイプの男性ホルモン剤にはセルノスカプセルがあります。
当社では海外サプライヤーから直接仕入れており、上記ホルモン剤をクリニックより大幅に低価格でご提供しております。
セルノスジェル(テストステロン補充)により期待できるポイント やる気や意欲が高まり、生活上で積極性へも影響する 睡眠の質が改善してよく眠れるようになる 疲れにくくなり、疲労回復力も高まる 勃起力が改善し、朝勃ちを感じやすくなる 性欲が高まる 精子が増えて、射精量が増えるセルノスジェルなど男性ホルモン剤の使用用途 性欲の減退。
勃起不全。
仕事や生活への意欲の低下。
気分の落ち込み。
男性更年期障害の症状の改善 筋力トレーニングの補助薬。
骨密度の強化。
FTMの人が男性らしい体型になるため。
「男も「更年期」がわかると楽になる(はらたいらさん著)」 近年では男性にも更年期があることは一般的に知られていますが、初めて広く話題に上がったのは「故はらたいらさん」が男性の更年期でご自身が経験した辛い経験を著書「男も「更年期」がわかると楽になる」で発表されたのがきっかけと言えるでしょうか。
現在ではLOH症候群(男性ホルモン分泌量が減少して起こる症状)とも呼ばれており、治療法として減少した男性ホルモン(テストステロン)を服用薬や塗り薬で補充するホルモン補充療法も一般的になりました。
その当時は更年期障害と言う症状は女性だけのものと思われていましたが、中高年男性においても男性ホルモン分泌量が減少して起こる心身の不調だということが明確になりました。
今では男性の更年期やLOH症候群は我慢ではなく、ホルモン補充という治療方法も取り入れられるようになりました。
以下、故はらたいらさん著書からの引用です。
「俺もそうだ!
」と感じる男性は非常に多いと思います。
『最初に気付いた症状は、だるさ、気力のなさ、集中力の低下などです。
新聞を読んでも頭に入らない。
机に向かって漫画を描こうとしても“よしやるぞ!
”という元気がわいてこない。
おかしい。
こんなこと今までになかった。
どうしたんだろう。
』 『めまいや肩こりなど肉体面での不調もありました。
』 『生まれて初めて経験する“心と体の絶不調”にただオロオロと戸惑うばかりでした。
』LOH症候群を知ろうLOH症候群とは加齢性腺機能低下症と言い、テストステロンなどの男性ホルモンの低下に伴い起こる諸症状を指します。
LOHはlate-onset hypogonadismの略で、遅発性の性機能低下という意味があります。
LOH症候群の症状としては、うつ・性機能低下・認知機能の低下や、骨粗鬆症・HDLの低下・コレステロール値とLDLの上昇などメタボリック症候群のリスクファクターになる症状も含まれます。
女性の更年期障害にたとえて、男性更年期とも呼ばれることがあります。
テストステロン(男性ホルモン)が人生の中で最もピークとなるのが20代で、中高年と呼ばれる40代後半~50代・60代にかけてテストステロンの分泌は低下していきます。
命に関係ないと軽視されてきたテストステロンの減少ですが、様々な研究結果から性機能の低下はうつ症状などのメンタルケアや、生活習慣病の予防に大きな影響を与えることが分かってきています。
血液検査を実施し、血中遊離テストステロン値8.5pg/ml未満の場合は、テストステロン補充療法が検討されることになります。
男性更年期障害は最近ではLOH症候群と呼ばれます男性更年期とは男性ホルモンであるテストステロンの減少に伴う症状を指し、主に50代~60代の男性に現れる症状です。
不安・いらいら・うつ・不眠などの精神症状や、疲労感・頻尿・性機能低下・ほてり・不眠などの身体症状が主な症状として現れます。
高齢化社会に伴い女性更年期と同じように男性更年期症状も注目されるようになり、LOH症候群やPADAMとも呼ばれています。
女性更年期に比べて発症年齢は10歳多く、女性更年期が45歳~55歳が好発年齢に対し、男性更年期は55歳~65歳が一般的です。
しかし、近年は男性更年期の発症年齢が若年化しており、早い方は30代後半から男性ホルモンの低下に伴う諸症状が見られることもあります。
こうした背景からメンズヘルス医療が注目されており、男性更年期だけではなく、AGA(男性型脱毛症)や前立腺がん、男性不妊のような男性特有の症状を包括した医療のニーズが高まっています。
医療機関では男性更年期症状に対し、主にテストステロンのホルモン補充療法が実施されます。
テストステロンと女性の性欲の関係これまでにも複数の研究で、卵巣摘出あるいは閉経後の女性において、血中テストステロンの上昇が性機能および性欲を改善するということが示されています。
ある研究では、女性の性機能障害(性欲障害)に対してテストステロンを単回投与したところ、テストステロンの血中濃度のピーク到達から3~4時間後に、性的感覚および性欲の上昇が報告されました。
つまり、女性の性機能障害に対して単回投与であれば、連続使用にともなうリスクを最少化しながら望ましい効果が得られる事が期待されるのです。
現状ではまだまだエビデンス(証拠となるデータ)が乏しい状況であるので、具体的におすすめは出来ませんが、今後の期待が高まっている領域なのです。
テストステロンの恋愛への影響テストステロンは、「恋愛」に対しても影響があることが知られています。
一部の研究では、恋愛状況にある女性(同じ町で恋愛をしている男女)と恋愛状況にない女性(独身者や遠距離恋愛者)の2つの群において、テストステロンの値を比較しました。
すると、恋愛状況にない女性(独身者や遠距離恋愛者)では、テストステロンの値が明らかに高かったことが認められています。
この場合では、女性において、テストステロンが恋愛に影響があると示唆されています。
また、テストステロンは異性を惹きつける体臭と言われるフェロモンを発生させて、ドーパミンという興奮作用のある神経伝達物質を増やすことがわかっています。
骨盤神経に作用して勃起を起こすなど、男性がセックスを行うために必要な興奮や勃起などを起こすことも分かっており、このような作用が恋愛に対しても影響する可能性もあるのです。
テストステロンとハゲの関係テストステロンは「ハゲ」を引き起こす物質であると誤解されていますが、実はそうではありません。
テストステロンそのものは脱毛に関与する物質ではなく、むしろ「男性更年期による脱毛」を防止すると考えられています。
このテストステロンに5α還元酵素という酵素が結びついた時に、ジヒドロテストロンという物質が生成されることがわかっています。
ジヒドロテストロンには、毛髪の元となる細胞(毛母細胞)の働きを低下させる作用があることがわかっており、薄毛と関係の深いホルモンであると言われているのです。
毛髪に対して悪影響を及ぼすのはあくまでも“ジヒドロテストロン”なので、テストステロンが5α還元酵素によってジヒドロテストロンへと変化してしまうことを防げば、薄毛の進行を抑えることにもつながるのです。
ちなみに、プロペシアやフィンペシアなどのAGA治療薬においては、テストステロンをジヒドロテストステロンへと変化させる5α還元酵素を阻害する働きがあります。
プロペシアを併用することでジヒドロテストステロンの生成を防ぐことが出来る可能性があるので、長期的に使用する場合には専門家の判断を仰ぐと良いでしょう。

ご使用方法

通常は、腹部、肩部、腕部などに同じ時間にセルノスジェルを毎日塗ります。
通常は朝に塗るのが理想とされています。
服用や注射タイプのホルモン補充法より肝臓への負担が少ないのが特徴です。
1日の適用量は5g(1小袋)で、最大10gまで増量できます。
個人差があるためテストステロン2.5gの使用でも効果が期待できる場合があります。
サシェット(小袋)を開封した後すぐに皮膚に塗ります。
セルノスジェルを肌にすりこむ必要はなく、塗った後3,5分ほどそのままにしておき、乾いた後に服を着ます。
塗った後の手は石鹸などでよく洗い流します。
ジェルを生殖器やその周りに塗らないでください上記の使用量はあくまで目安のため、医師の指示に基づいて適量を使用します。
男の更年期とテストテロン ホルモンバランスの変化による女性の更年期はよく知られていますが、女性ほど劇的ではない男性のホルモンバランスの変化は軽視されがちです。
しかし、男性も中高年になって男性ホルモンの分泌が減ることで、さまざまな心身の不調がおきることがあります。
明るい気分になれない、仕事や遊びに意欲がわかない、セックスにそれほど興味がわかないなど、中高年の「元気のなさ」にはテストテロンの不足が関係していることがあります。
テストテロンの不足は、不眠や気分の落ち込みなどのうつ状態の要因にもなります。
中高年男性の幸福感を大きく作用するのが男性ホルモンのテストテロンです。
最近の研究では、テストテロンの不足が脳の認知機能を低下させ、認知症の発生を早める可能性があることが指摘されています。
テストテロンはタンパク質の合成をうながす作用があるので、筋肉の増強にも使用されます。
ただし競技スポーツの選手は「ドーピング」とみなされるので、使うことができません。
筋肉を増強することはスポーツのためだけでなく、脂肪の蓄積をおさえて肥満を予防する効果があります。

副作用

使用上の注意男性の場合:ざ瘡、陰茎の肥大、陰萎、女性化乳房女性の場合:多毛、ざ瘡、陰茎肥大、性欲高進む副作用および使用上の注意はここに記載の限りではありません。
塗布後の5~6時間はシャワー、水泳など水との接触を避けてください。
男性器自体への塗布は避けてください。

商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.