セレブレックス(セレコキシブ)100mgは、セレコキシブ配合の消炎・鎮静剤で、腰痛、関節リウマチ、変形性関節炎、腱鞘炎などに

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

セレコキシブ配合の消炎・鎮静剤で、腰痛、関節リウマチ、変形性関節炎、腱鞘炎などに。国内ではセレコックスの薬名でファイザー、アステラス製薬が販売する有名な鎮痛薬!
有効成分:Celecoxib(セレコキシブ)100mg


セット数1箱あたり通常価格  
1箱87998799
2箱765515310
3箱730821924
5箱690534525

商品の詳細

セレブレックス(成分名:セレコキシブ)は関節リウマチや腰痛、腱鞘炎などに効果を発揮する医薬品です。
日本での販売名はセレコックスで、多くの整形外科で採用されています。
その効果は、痛みや炎症を引き起こす生体物質の生成を抑制することにより発揮されています。
痛みも炎症も、人間の体は同じ経路で引き起こされます。
細菌感染や外傷、自己免疫異常などを原因として、患部には多くの生体物質が合成されます。
それらの生体物質のひとつに、痛みを伝達して水分を貯留させる働きを持つブラジキニンや、血管を拡張して患部に水分が集まりやすくするプロスタグランジンなどが存在します。
セレブレックスは、このブラジキニンやプロスタグランジンが合成される経路であるアラキドン酸カスケード内で働くCOX-2に特異的に作用し、痛み・炎症を抑制します。
他の消炎鎮痛剤との違いは、COX-2に特異的な部分です。
他の消炎鎮痛剤では胃粘膜の維持などの有益な効果を持つ成分を合成するCOX-1までも阻害してしまい、副作用が起きやすくなっています。
セレブレックスは、副作用を抑えて効果を発揮できるように作られた医薬品なのです。
関節リウマチについて関節リウマチは、女性に発生しやすい疾患です。
詳しい原因はいまだに研究されていますが、自分の細胞に対して免疫反応を起こしてしまうことが原因とされています。
初期には手指のこわばりからスタートし、痛み・腫れが徐々に発生していきます。
治療せずに放置することで関節内部の破壊が進行してしまい、変形してしまうと元の状態には治りません。
治療は進行を抑えるためのものと、痛み・炎症が抑えるためのものを並行して行います。
腱鞘炎や腰痛では、作業のし過ぎなどによって神経の炎症を起こしてしまい、痛みが発生していると考えられます。
治療では神経の圧迫を解消するための医薬品や、痛み・炎症を抑える医薬品を使用することとなります。

ご使用方法

関節リウマチに使用する場合には、1回100mg~200mgを1日2回食後で使用します。
腱鞘炎や腰痛に使用する場合には、1回100mgを1日2回食後で使用します。
術後・外傷後・抜歯後の消炎・鎮痛には、初回のみ400mgを使用し、その後は1回200mgを1日2回で使用します。

副作用

発生しやすい主な副作用とその発現頻度は、下記のようになっています。
上部腹部痛(3.1%)胃不快感(2.9%)下痢(2.5%)口内炎(2%)吐き気(1.2%)発疹(1.2%)また、頻度不明ながら重大な副作用の報告もあり、下記のようになっています。
アナフィラキシー、消化管潰瘍・消化管出血、心筋梗塞、心不全、脳卒中、肝炎、肝不全、急性腎不全、間質性腎炎、間質性肺炎、再生不良性貧血・無顆粒球症、中毒性表皮壊死症注意点セレブレックスを使用していても症状が改善しない場合には、使用を中止しなければいけません。
慢性疾患に対してはおおよそ2週間~4週間の使用が目安となっており、改善がなければ治療の切り替えを行います。
また、セレブレックスを1年以上継続して使用した際には、心筋梗塞や脳卒中などの発生率を増加させるという報告があるため、漫然と長期間使用することは控えなければいけません。
使用禁忌・併用注意下記の患者においては、セレコキシブを使用することはできません。
1本剤の成分又はスルホンアミドに対し過敏症の既往歴のある患者 2アスピリン喘息(非ステロイド性消炎・鎮痛剤等による喘息発作の誘発)又はその既往歴のある患者3消化性潰瘍のある患者4重篤な肝障害のある患者5重篤な腎障害のある患者6重篤な心機能不全のある患者7冠動脈バイパス再建術の周術期患者8妊娠末期の女性併用に注意しなければいけない医薬品は、下記の通りです。
ACE阻害剤(エナラプリスマイレン酸塩、イミダプリル塩酸塩、テモプリル塩酸塩など) アンジオテンシンⅡ受容体拮抗剤(カンデサルタンシレキセチル、バルサルタン、ロサンタンカリウムなど) フロミドチアジド系利尿剤(トリクロルメチアジド、ヒドロクロロチアジドなど) アスピリン リチウム フルコナゾール フルバスチタン ワルファリンパロキセチン デキストロメエトルファン制酸剤(アルミニウム製剤、マグネシウム製剤など)
商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.