セロクエルジェネリック100mg(キュータン)は、統合失調症の陽性症状と陰性症状の両方に効果があるお薬です

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

統合失調症の陽性症状と陰性症状の両方に効果があるお薬です。幻覚、妄想、興奮を抑えるほか、自閉、意欲低下、無感情の症状も改善します。双極性障害の躁状態を抑える効果もあります。
有効成分:クエチアピンフマル酸塩 100mg


セット数1箱あたり通常価格  
1箱50805080
2箱37907580
3箱349310479
5箱306215310

商品の詳細

使用方法・副作用などは先発薬メーカーの添付文書をもとに薬剤師が執筆しております。
医師や薬剤師の指示のもとご使用ください。
セロクエルジェネリックは主に精神科や心療内科で処方される第二世代の抗精神病薬に分類される医薬品です。
統合失調症やうつ病・うつ状態、躁鬱病(双極性障害)に効果があります。
有効成分としてフマル酸クエチアピンを100mg配合しています。
国内ではアステラス製薬より2001年に販売が開始され、製品特許が切れた2012年以降は国内外問わず多くのジェネリック医薬品が販売されています。
最大の特徴は色々な受容体に作用することで、過剰なドパミンの働きを抑えるだけではなく気分を安定させる効果や鎮静作用も認められています。
そのため、セロクエルジェネリックはMARTA(多元受容体標的化抗精神病薬)とも呼ばれています。
セロクエルジェネリックの鎮静作用を応用し、衝動コントロールや不眠に対して処方されるケースがあります。
幻聴や妄想といった陽性症状に対する効果はマイルドと言われていますが、意欲低下や感情鈍麻と言った陰性症状や認知機能の改善には、高い効果が期待されています。
同じMARTAに分類されるお薬として、「オランザピン(薬剤名:ジプレキサ)」や「アセナピン(薬剤名:シクレスト)」などがありますが、ドパミン関連の副作用の少なさからセロクエルが最もシェアの高いお薬となります。
また、非定型抗精神病薬に分類されるため、気分安定薬としての働きもあります。
気分の高まりを沈め、落ち込みを改善し、気分の波を小さくする作用があります。
うつ病の患者さんにはすでに飲まれている抗うつ薬に上乗せする形で処方され、効果の増強として使用されています。
セロクエルジェネリックは国内では医師の診察・処方が必要な医療用医薬品に指定されています。
ドラッグストアなどで購入できる一般用医薬品に比べて効果が強い分、適切な服薬に関する知識が必要です。
一度も精神科や心療内科を受診されたことの無い方の服用は控えてください。
特に自己判断による精神疾患の診断は大変危険です。

統合失調症の他に、双極性障害、不安障害、うつ病、アルコール依存症、PTSDなどの治療に用いられています。

ご使用方法

通常成人に対し、1回25mgを1日2~3回に分けて服用します。
その後症状に応じて徐々に増量します。
通常、1日投与量は150~600mgとし、2~3回に分けて服用してください。
ただし、1日量として750mgを超えてはいけません。
セロクエルジェネリックは1錠に100mg含まれているため、ピルカッターなどで半錠・1/4錠に割って服用してください。
増量する際は、十分な時間をかけて増やしてください。
また、減量する際も徐々に減らすようにしてください。

副作用

使用上の注意セロクエルジェネリックを服用後に著しい血糖値の上昇から、糖尿病性ケトアシドーシス、糖尿病性昏睡等の重大な副作用が発現し、稀なケースでは死亡に至ることあります。
血糖値がコントロールされていない方は服用ができません。
また、血糖値に問題が無い方も、小まめに血糖値を測定するなど十分な観察が必要です。
服用後に口渇、多飲、多尿、頻尿等の症状が現れた際には服用を中止して速やかに医療機関を受診してください。
バルビツール酸誘導体等の中枢神経抑制剤を服用中の方は一緒に服用できません。
アドレナリンを投与中の方や、糖尿病の方(既往も含む)も服用できません。
国内の臨床試験の結果、主な副作用として不眠が19.3%、神経過敏が17.8%、傾眠が14.2%、倦怠感が10.8%、不安が10.6%報告されています。
その他の副作用として、高血糖が3.3%、便秘が1.9%、肝機能障害が1.6%、倦怠感が1.3%報告されています。
血糖値上昇や低血糖の症状には十分な注意が必要です。
65歳以上のご高齢の方には、服用により副作用が出やすい傾向にあるため、服用量を減らすなどの調整が必要です。
妊娠中の方や授乳中の方は原則服用ができません。
決められた用法用量を超えて過量服用した場合、傾眠・鎮静・頻脈などの重大な副作用があわられる可能性があります。
用法用量のコントロールができない方は服用をお控え下さい。

商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.