セロクエルジェネリック50mg(キュータン)は、統合失調症の陽性症状と陰性症状の両方に効果があるお薬です

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

統合失調症の陽性症状と陰性症状の両方に効果があるお薬です。幻覚、妄想、興奮を抑えるほか、自閉、意欲低下、無感情の症状も改善します。双極性障害の躁状態を抑える効果もあります。
有効成分:クエチアピンフマル酸塩 50mg

セット数1箱あたり通常価格  
1箱43804380
2箱31406280
3箱27608280
5箱241112055

商品の詳細

使用方法・副作用などは先発薬メーカーの添付文書をもとに薬剤師が執筆しております。
医師や薬剤師の指示のもとご使用ください。
セロクエルジェネリックは統合失調症の陽性症状と陰性症状の両方に効果があるお薬です。
フマル酸クエチアピンを有効成分とします。
セロクエルジェネリック50mgは、強い不安や緊張感をやわらげ、心の病気によって起こる幻覚、妄想などを治療します。
「多元受容体作用抗精神病薬(MARTA)」という分類のお薬で、フマル酸クエチアピン50mgを有効成分として含有する医薬品です。
セロトニン・ドパミン以外のコリン、ヒスタミン、アドレナリンなど、多くの受容体にも作用することが出来るため、非常に高い効果が期待できます。
医療用医薬品でも「セロクエル」として用いられているお薬で、まだまだ医師の処方の多いお薬なのです。
セロクエルジェネリックでは、抗幻覚妄想効果は弱いとされていますが、鎮静効果は強いことが分かっています。
抗うつ効果も有しており、従来の定型抗精神病薬では効果が不十分であった症例に対しても、有効性が認められています。
治療抵抗性統合失調症や、認知機能、双極性障害に対する効果も期待され、有用性の高いお薬としてその効果が期待されています。
錐体外路症状(手足の震えなど)やプロラクチン値の上昇も少ないとされおり、副作用の少なさにおいてにも優れています。
一方で、体重増加や血糖上昇、脂質代謝異常の副作用が問題となりやすく、適切な管理をしなくてはなりません。
セロクエルジェネリックでは、ドパミンD2受容体に比べてセロトニン5HT2A受容体に対する親和性が高いことがわかっています。
しかし、ムスカリン受容体及びベンゾジアゼピン受容体に対しては、ほとんど親和性を持っていません。
また、種々の受容体に対して親和性があることも知られており、これらが臨床における作用に寄与していると考えられています。

ご使用方法

効能・効果および用法・用量は下記の通りです。
統合失調症: クエチアピンとして1回25mg、1日2~3回より服用を開始してください。
状態に応じて徐々に増量し、通常、1日投与量として150~600mgを、2~3回に分けて服用してください。
投与量は年齢・症状により適宜増減することが可能ですが、1日量として750mgを超えないようにしてください。
投与量を急激に減らしたり、中止したりすることによって、不眠、 悪心、頭痛、下痢、嘔吐等の離脱症状があらわれることがあります。
投与を中止する場合には、徐々に減量をするようにしてください。

副作用

使用上の注意副作用としては「不眠、傾眠、不安、検査値異常、便秘、体重増加、筋のこわばり、ジスキネジー、めまい」などが報告されています。
特に、重大な副作用としては「高血糖、肝機能障害、静脈血栓症、血栓塞栓症、息切れ、胸痛、四肢疼痛、浮腫、体重増加」などが報告されているので、体調変化を感じた際には専門家の判断を仰ぐようにして下さい。
禁忌は「昏睡状態の方、バルビツール酸誘導体等の中枢神経抑制剤の強い影響下にある方、アドレナリンを投与中の方、本剤の成分に過敏症のある方、糖尿病および糖尿病の既往歴のある方」とされています。
著しい血糖値の上昇から、糖尿病性ケトアシドーシス、糖尿病性昏睡等の重大な副作用が発現し、死亡に至った例が報告されています。
本剤を服用している間は血糖値の測定等をしっかりと行い、血糖値の異常や、口渇、多飲、多尿、頻尿等の症状があらわれた場合には、直ちに投与を中断して医師の診察を受けるようにしてください。
中枢神経抑制剤、アルコール、フェニトイン、カルバマゼピン、バルビツール酸誘導体、リファンピシン、イトラコナゾール、エリスロマイシンを服用中の方は、相互作用が起こる可能性があるので医師に相談をするようにして下さい。
(ここに記載した薬剤が全てではないので、注意をするようにして下さい。
) このお薬では動物実験において胎児への移行性が認められているので、妊娠又は妊娠している可能性のある婦人については、医師の判断を仰ぐようにして下さい。
授乳婦については、成分が母乳に移行することがわかっているので、授乳を控えるようにして下さい。

商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.