セロクエル(クエチアピン)300mgは、クエチアピン配合の当薬は統合失調症や双極性障害の治療に使用する向精神薬です

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

クエチアピン配合の当薬は統合失調症や双極性障害の治療に使用する向精神薬です。成分クエチアピンは「メジャートランキライザー」と呼ばれる精神安定剤で、日本国内では統合失調症の治療によく選択されます。
有効成分:フマル酸塩クエチアピン(Quetiapine Fumarate)


セット数1箱あたり通常価格  
1箱63806380
2箱49909980
3箱456013680

商品の詳細

使用方法・副作用などは先発薬メーカーの添付文書をもとに薬剤師が執筆しております。
医師や薬剤師の指示のもとご使用ください。
セロクエルは、クエチアピン配合の当薬は統合失調症や双極性障害の治療に使用する向精神薬です。
有効成分フマル酸塩クエチアピンは「メジャートランキライザー」と呼ばれる精神安定剤で、日本国内では統合失調症の治療によく選択されます。
統合失調症と言う精神疾患は幻覚や妄想などの精神症状が現れる精神疾患で、生活に多大な支障をきたす病気です。
統合失調症の原因はいまだ確認されていませんが、脳内で分泌される伝達物質であるドーパミンが過剰に分泌されるため、とも考えられています。
統合失調症が発症しやすい時期は、思春期や青年期の若い年齢層に出やすく、小児や老人に発症することもあります。
クエチアピン配合のセロクエルや当薬は、国内では主に統合失調症の治療薬として使用されますが、それ以外にもうつ病、PTSD、睡眠障害、アルコール依存、双極性障害などの疾患の治療にも用いられることがあります。

ご使用方法

通常、服用開始時は1回25mgを1日に2回服用します。
服用開始の2,3日後から、1回50㎎に増やして1日に2,3回服用します。
4日目から1日の服用量を300~400㎎に増やして、それを1日に2,3回に分けて服用します。
統合失調症の治療には1日の服用量が150mgから750㎎とされますが、1日の服用は800㎎以下とします。
効能効果統合失調症、双極性障害などの治療海外では、うつ病、PTSD、睡眠障害、アルコール依存症などの治療にも副作用吐き気、腹痛、食欲の不振、下痢、のどの渇き、頻尿、脱力感、発熱、のどの痛み、おなかのはりなど。

副作用

は上記に限りません。

商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.