セロケン25mgは、狭心症や頻脈性不整脈、高血圧症の治療薬です

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

狭心症や頻脈性不整脈、高血圧症の治療薬です。心臓が過度に収縮するのをおさえたり、心拍数を下げて心臓の負担を減らす効果があります。
有効成分:メトプロロール酒石酸塩 (Metoprolol XL) 25mg

セット数1箱あたり通常価格  
1箱25802580
2箱16903380
3箱12603780
5箱9364680
10箱7587580

商品の詳細

セロケン25mgは、狭心症や頻脈性不整脈、高血圧症の治療にもちいられているお薬です。
心臓が過度に収縮するのをおさえたり、心拍数を下げて心臓の負担を減らすはたらきがあります。
セロケン25mgは「β遮断薬(β1選択性ISA-)」とよばれる分類のお薬で、有効成分として「メトプロロール酒石酸塩」が配合されています。
医療用医薬品としても「セロケン」という商品名で用いられており、成分の放出をコントロールした「セロケンL」という徐放錠も販売されています。
高血圧の治療薬として第一選択ではありませんが、虚血性心疾患や頻脈を合併した高血圧においては、使用されることの多い種類のお薬です。
また、ISA(内因性交感神経刺激作用)がみられないため、心臓に対する保護作用により、心不全の予後を改善することも知られています。
類似薬としては、テノーミン(アテノロール)、メインテート(ビソプロロール)、ケルロング(ベタキソロール)などがあります。
心拍出量を低下させることが主な作用機序で、そのほかにも降圧効果や血漿レニン活性の低下作用、抗狭心症効果、抗不整脈効果などが知られています。
本剤の最大効果は服用後1~2時間にみられ、6~8時間後においても効果が持続することが知られています。

ご使用方法

成人では、メトプロロール酒石酸塩として1日60~120mgを、1日3回に分けて服用してください。
効果不十分な場合には、240mgまで増量することも可能です。
年齢や症状によって、適宜増減するようにしてください。
成人では、メトプロロール酒石酸塩として1日60~120mgを、1日2~3回に分けて服用してください。
年齢や症状によって、適宜増減するようにしてください。

副作用

めまい、ふらつき、倦怠感、悪心、嘔吐、頭痛、浮腫、発疹、腹痛など徐脈、心原性ショック、洞機能不全、肝機能障害、黄疸、うっ血性心不全、ぜんそく症状など禁忌・併用注意セロケンの成分メトプロロール及び他のβ-遮断剤に対し過敏症の既往歴のある方糖尿病性ケトアシドーシス・代謝性アシドーシスのある方心疾患をお持ちの方、低血圧症、重症の末梢循環障害(壊疽等)のある方未治療の褐色細胞腫のある方妊婦又は妊娠している可能性のある婦人交感神経系に対し抑制的に作用する薬剤、血糖降下剤、カルシウム拮抗剤、抗不整脈剤、降圧剤、選択的セロトニン再取込み阻害剤、ミラベグロン、クロニジン、シメチジンなど※ここに記載した薬剤が全てではないので、注意をするようにして下さい。
使用上の注意服用する際には少量より開始して、定期的に心機能検査をおこなうようにしてください。
血圧の低下によってめまいやふらつきがあらわれる可能性があるので、自動車の運転や高所作業などは、避けるようにしてください。
セロケンの急な中止により、症状が悪化した症例が報告されているので、休薬を要する場合には徐々に減量するようにしてください。

商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.