セロケン50mgは、狭心症や頻脈性不整脈、高血圧症の治療薬です

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

狭心症や頻脈性不整脈、高血圧症の治療薬です。心臓が過度に収縮するのをおさえたり、心拍数を下げて心臓の負担を減らす効果があります。
有効成分:メトプロロール酒石酸塩 (Metoprolol XL) 50mg

セット数1箱あたり通常価格  
1箱29802980
2箱19403880
3箱15604680
5箱12966480
10箱108810880

商品の詳細

セロケン50mgは、成分メトプロロールを含有した高血圧・狭心症・不整脈に対する治療薬です。
インドのムンバイに拠点を置くCipla社が製造販売している片頭痛治療薬です。
アストラゼネカ社のセロケンのジェネリック薬になります。
セロケン50mgはβ受容体遮断薬に分類され、高血圧の他、狭心症や不整脈に使用するためのお薬です。
このお薬の効き方は、心臓のβ1受容体と呼ばれる場所に選択的に作用して心臓の拍動を抑制させます。
そうすることで、心臓の拍動を落ち着かせて心拍数および脈を落ち着かせたり、血圧を下げたりする効果があります。

ご使用方法

服用方法は、症状によって服用量が変わります。
高血圧(軽症〜中程度の本態性高血圧)の方に対して、1日60〜120mgを1日3回に分けて服用します。
効果が得られない場合、最大1日240mgまで増量することができます。
ただし、年齢や症状により適宜増減します。
狭心症や不整脈(頻脈性)の方に対して、1日60〜120mgを1日2〜3回に分けて服用します。
ただし、年齢や症状により適宜増減します。
このお薬の有効成分量は1錠あたり50mgです。
日本で承認を受けている1錠あたりの有効成分量は20mgのですので注意してください。
このお薬は、半分にカットして服用することができます。
ネットショップなどで売られているピルカッターを使用して、簡単そして安全に半分などにカットすることができます。
もしハサミなどを使われる場合は、手など怪我をしないよう気をつけてください。
お薬を服用してから約2時間程(1.9時間)で効果が最大になります。
効果の持続時間は約3時間(2.8時間)です。

副作用

セロケンの服用による軽度な副作用は、脈が遅くなる(徐脈)、めまい・ふらつき、身体のだるさ、吐き気・嘔吐、頭痛、むくみがあります。
検査値での異常は、トリグリセリドの上昇、ALT・AST値の上昇が報告されています。
重大な副作用に、心臓機能の障害(心原性ショック、うっ血性心不全、房室ブロック、徐脈、洞機能不全)、喘息症状の誘発および悪化、肝機能障害、黄疸が現れることがあります。
服用して上記のようながあらわれていたり、気になる症状が現れましたら、すぐに医師・薬剤師に相談してください。
禁忌・併用注意次の人は、セロケンを服用することができません。
過去に成分メトプロロールや他のβ遮断薬を服用して過敏症を起こしたことのある方 糖尿病性ケトアシドーシス、代謝性アシドーシスのある方 心原性ショック、肺高血圧症による右心不全、うっ血性心不全の方 低血圧の方 重症の末梢循環障害のある方 褐色細胞腫の方(治療を受けていない) 妊婦または妊娠している可能性のある方 授乳中の方は母乳中へお薬の成分が移行することが報告されているので、やむを得ず服用する際は授乳を避けるようにしてください。
下記の項目に該当する方およびお薬を服用している方およびは服用前に医師または薬剤師に相談してください。
気管支喘息、気管支痙攣のある方 うっ血性心不全、徐脈、房室ブロック、異型狭心症のおそれのある方 血糖値のコントルールが十分ではない方および絶食状態の方 重篤な肝障害・腎障害の方 甲状腺中毒症の方 末梢循環障害のある方(レイノー症候群、間欠性跛行症) 高齢者および小児 ・ベタニス(成分名:ミラベグロン) これら以外にも、服用するのに注意が必要な場合があるので持病のある方は、医師・薬剤師に相談するようにしてください。
参考資料:セロケン添付文書
商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.