ゼニカル42錠は、ゼニカルはロシュ製薬が開発し1998年に発売開始した、他のダイエット薬や痩身サプリメントとは根本的に作用メカニズムが違う唯一無二の肥満治療薬です

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

ゼニカルはロシュ製薬が開発し1998年に発売開始した、他のダイエット薬や痩身サプリメントとは根本的に作用メカニズムが違う唯一無二の肥満治療薬です。世界中のクリニックで処方されるダイエット薬で、安全性の高い医薬品です。
有効成分:Orlistat(オーリスタット)120mg


商品の詳細

クリニックで定番の安全なダイエット薬!
リバウンドを気にせず自然に減量するなら。
ゼニカルはロシュ製薬が開発し1998年に発売開始した、他のダイエット薬や痩身サプリメントとは根本的に作用メカニズムが違う唯一無二の肥満治療薬です。
人間の身体は脂肪を取り込むために脂肪を分解して細かく砕いてから吸収します(=身体に脂肪がつく)。
その際に必要なのが「リパーゼ」という酵素です。
ゼニカルの主成分であるオルリスタットはリパーゼが脂肪を分解していくのを妨害します。
脂肪を取り込むために分解する→ゼニカルのせいで分解できない→分解できないから取り込めずそのまま体外に排出される、その結果体内への脂肪の吸収量が減少するため減量に繋がります。
日本では未認可で保険収載されていませんが、海外ではFDA(アメリカ食品医薬品局)で認可されており世界中の肥満治療でよく使われています。
日本でも主に美容皮膚科や美容外科などの自費診療が充実しているクリニックで自費で購入したり、またはネットなど個人輸入で通販することが可能です。
ゼニカルは脂肪分の吸収をおさえて、ダイエットの食事制限を楽にします。
リバウンドしにくい健康的なダイエットをサポートする薬として世界中で使用されています。
ゼニカルは食事に含まれている脂肪分の約30%を、消化吸収せずに体外に排泄するはたらきがあります。
このため、ダイエット中のカロリー制限をゆるくして、ストレスのたまらないダイエットを継続することができます。
脂肪は分子構造の大きな食品成分なので、消化吸収するにはリパーゼという脂肪分解酵素の助けが必要です。
ゼニカルの成分オルリスタットは、このリパーゼのはたらきを抑制する作用があります。
吸収されなかった脂肪分は便にまざって排泄されます。
オルリスタット阻害薬は日本でも肥満治療薬として承認されています。
高血圧や高コレステロール、高血糖の改善薬としても使われています。
クリニックのゼニカルとの価格比較 クリニックで処方 ゼニカル42錠 成分:Orlistat(オーリスタット)120mg 1箱:約13000円(42錠) 1箱:5240円~7480円(42錠) ※複数セット割引なし ※診断・処方代別途 ※セット購入が可能で自宅に常備できる ※複数セット割引あり 1錠:310円 1錠:125円~178円 使用方法食事中または食後に1錠を服用します。
もし食後に服用を忘れた場合は1時間以内の服用であれば効果が期待できます。
通常は1日3回の服用ですが、脂肪分の少ない食事時は服用は控えたほうがいいでしょう。
ある程度の脂肪分は身体に必要であるため、ゼニカルを服用する意味が無くなるためです。
また、逆に食べた脂肪分を出してくれるからといってゼニカルが働きかけてくれる以上の脂肪分を余分に摂り過ぎることはダイエットにおいてナンセンスなので注意してください。
また、あくまで食事中の脂肪の吸収を阻害する薬なので、既に体内に付いている脂肪は取り除くことができません。
運動など別のアプローチと並行しながら長期的な計画を立ててダイエットをしてきましょう。
ゼニカルの安全性ゼニカルがどのように身体に作用するのかというと、脂肪分解酵素(脂肪を体内に取り込むために脂肪を分解する酵素)であるリパーゼの働きを阻害して取り込まれなかった脂肪分を体外に排出します。
つまり、ゼニカルは食事で摂取した脂肪分を体内に吸収させず便と共に排出させることでダイエット効果を発揮するのです。
このような作用機序から、ゼニカルは体外に排出されるため身体に残りません。
そのため肝臓などへの負担も軽く、安全性の高いダイエット薬であると言えます。
長期的に服用することも可能です。
尚、ゼニカルの半減期(薬の血中濃度がピーク時の半分になるまでの時間)は1時間なので作用時間は短いです。
取り込まれなかった脂肪分は通常の排泄と同様のサイクルを辿るため、実際に便として排出されるまでにはおよそ24~48時間かかります。
脳や神経(摂食中枢等)に直接作用して食欲自体を抑えるという強力なダイエット薬もありますが、幻覚や睡眠障害といった中枢神経系の重い副作用が報告されています。
ゼニカルは脳に作用しないためそのような心配はいりません。
脂肪を排出するという特徴ゆえ下痢の副作用は避けられませんが、全て排出すればおさまります。
ゼニカルとサノレックスの違いサノレックスは日本でも認可されているダイエットに特化した医薬品です。
(BMI35以上の肥満に対してのみの適応です。
)有効成分マジンドールを含有しており、食欲を抑制する働きによってダイエット効果を発揮します。
脳の満腹中枢を刺激することで食欲を抑制し、更に脂肪燃焼効果により新陳代謝を活発にするため確実なダイエット効果がありますが、中枢神経系の副作用があり安全性が低いことがデメリットです。
睡眠障害や幻覚といった症状が報告されています。
サノレックスの有効成分はアンフェタミン誘導体と呼ばれていて、覚醒剤に似ている作用があります。
そのため長期服用すると身体依存・精神依存に陥る恐れがあるため継続服用期間は3ヶ月までと制限されています。
弊社ではサノレックスはその安全性の低さから取り扱いは控えています。
一方、ゼニカルは日本では未認可のダイエット医薬品です。
海外では非常に多くの臨床実績があります。
有効成分はオルリスタットです。
脂肪分解酵素(脂肪を体内に取り込むために脂肪を分解する酵素)であるリパーゼの働きを阻害し、食事中の脂肪分の体内への吸収を抑制しそのまま体外に排出させることでダイエット効果を発揮します。
ゼニカルの成分オルリスタットは脳中枢には作用しないため依存性はなく、薬の作用時間も短く身体に残りません。
食事中の脂肪を体外に排出するという作用の特性上、下痢の副作用は避けられませんがサノレックスより安全性の高い薬です。
尚、サノレックスは法律上個人輸入で購入することができません。
ゼニカルとカーボブロッカーの違いフェーズ2は「カーボブロッカー」と呼ばれるダイエットサプリメントで、有効成分として白インゲン豆から抽出されたファセオラミンを含有しています。
フェーズ2は炭水化物(糖質)の体内への吸収を妨げることでダイエット効果を発揮します。
炭水化物は主にご飯、麺類、パン、砂糖、いも類です。
炭水化物は唾液中のαアミラーゼという消化酵素によってブドウ糖まで分解され身体のエネルギー源として使用されますが、余ったブドウ糖は脂肪として身体に蓄積されます。
そのため、炭水化物は生命維持に必要不可欠な栄養素ですが、過剰に摂取すると肥満の原因になります。
フェーズ2はこのαアミラーゼの働きを抑制することでブドウ糖を減らし、脂肪を蓄えにくくします。
炭水化物や甘いものが止められない方に特にお勧めです。
一方、ゼニカルはダイエットに特化した医薬品です。
日本では未認可ですが、海外では 減量治療において非常に多くの臨床実績があります。
有効成分としてオルリスタットを含有しています。
リパーゼという脂肪分解酵素(脂肪を体内に取り込むために脂肪を分解する酵素)の働きを阻害し、取り込まれなかった脂肪分を体外に排出することでダイエット効果を発揮します。
全体的に食べ過ぎの方や油っこいものが好きな方にお勧めです。
ゼニカルとフェーズ2は併用可能です。
2つの薬剤を組み合わせることで、ゼニカルでは脂質&フェーズ2では炭水化物をブロックしてくれるため素晴らしいダイエット相乗効果が期待できます。
副作用 主な副作用は下痢とオナラの増加です。
食事中の脂肪分を体外に排出するというメカニズムの結果、油のような便が出ます。
それは薬がきちんと効いている証拠なのですが、人によっては服用した翌日は外出できないほどの下痢に見舞われることがあるので、ゼニカルを初めて服用する際は予定のない日の前日にしたほうが懸命かもしれません。
また脂溶性ビタミンとβカロテンも脂肪と共に吸収が阻害され体内で不足がちになってしまいますので、肌が乾燥したり荒れたりすることがあります。
市販の栄養サプリメント(ビタミン剤)でカバーすれば問題ありません。
ゼニカルとビタミンゼニカルの作用は、脂肪を体内に取り込むために必要な酵素であるリパーゼを抑制し、取り込まれなかった脂肪分を体外に排出するという仕組みです。
ゼニカルは食事で摂取した脂肪分を体内に吸収させないことでダイエット効果を発揮する薬です。
この時、脂肪分と一緒に脂溶性ビタミン(A・D・E・K)やβカロテンも排出されてしまう傾向にあるというデメリットがあります。
脂肪吸収を邪魔することで必要なビタミンの吸収も阻害してしまうのです。
これらが体内で不足すると、肌の乾燥・肌荒れ・生理不順・血行不良といったトラブルを起こしやすくなります。
対策として、ビタミン剤で補充するのがお勧めです。
医療機関で処方されるビタミン剤でも市販のサプリメントでも何でも構いません。
サプリメントとゼニカルの服用時間を2時間以上空けると、サプリメントの栄養分を体内に効率良く十分に取り込むことができます。
ゼニカルの併用禁忌薬ゼニカルには併用してはいけない薬が幾つかあるので注意が必要です。
ワルファリン(商品名ワーファリンなど)などの抗血液凝固薬、シクロスポリン(商品名ネオーラルなど)などの免疫抑制薬とゼニカルは併用できません。
尚、必ずこれらの薬剤を優先してください。
また、禁忌ではありませんが、経口避妊薬 、甲状腺ホルモン製剤のレボチロキシン、血糖降下薬のアカルボース、抗不整脈薬のアミオダロン、抗てんかん薬などもゼニカルと飲み合わせがあまり良くありません。
これらの薬剤の体内への吸収が悪くなり、十分な効果が発揮できなくなる恐れがあります。
これらの薬剤をはじめ、何らかの疾患治療で定期的に薬を服用している方はゼニカルの服用を開始する前に必ず医師か薬剤師に相談してください。
使用上の注意 オルリスタットに対しアレルギーのある方は服用しないで下さい。
吸収不全症候群、食物アレルギーなどの症状がある、臓器移植を受けた、血液抗凝固薬・抗血栓薬(ワルファリン/ワーファリン・ヘパリンなど)を服用している、糖尿病、甲状腺疾患などの病歴がある方は、服用前に医師に必ずご相談下さい 1日3回120mgの服用量を超えても、効果は変わりませんのでご注意下さい。
副作用および使用上の注意はここに記載の限りではありません。
以下の項目に当てはまる方はゼニカルの使用を控えてください。
妊婦、授乳中の婦人 肝臓、腎臓の病気の方 消化吸収に関する病気の方 胆石症 甲状腺異常 シクロスポリンを服用中の方 ワーファリンなど抗凝固薬を服用中の方 また、以下の方は注意が必要です。
高齢者 小児
商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.