ゾビラックスジェネリック400mg56錠は、抗ヘルペスウイルス治療薬です

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

抗ヘルペスウイルス治療薬です。口もとにできる口唇ヘルペスや、帯状疱疹に効果があります。グラクソ・スミスクラインが、製造販売している医薬品として認可の下りているゾビラックスのジェネリック薬です。
有効成分:アクシロビル(Aciclovir) 400mg


商品の詳細

ゾビラックスジェネリック400mgは、有効成分をアシクロビルとした、単純疱疹(口唇ヘルペスや性器ヘルペス)、帯状疱疹の原因であるヘルペスウイルスの増殖をおさえる抗ウイルス薬です。
ヘルペスウイルスは、ヒトの細胞の中に入り込み、その中で増殖しながら潜伏します。
ゾビラックスジェネリック400mgを服用することによって、ヘルペスウイルスに感染した細胞の中に入り込み、ウイルスDNAがつくられるのを阻害します。
それにより、新しいヘルペスウイルスを作ることができないため、増殖をおさえることができます。
また、感染している細胞のみ効果を発揮するので、感染していない細胞には作用しないのが特徴です。
ヘルペスウイルスは、症状がおさまっても、神経節に潜伏するため、完全には排除できない特殊なウイルスです。
ですので、症状が現れないように気を付ける必要があります。
単純ヘルペスは、ストレス・過労によって免疫機能が低下し、再発する可能性があります。
また、お酒の飲み過ぎ、日光など紫外線にあたり過ぎるのも再発の危険性があるので気を付けてください。
特に、性器ヘルペスは、パートナーとの性交渉時に初感染することが多いです。
大切なパートナーにうつさないためにも、早めに治療して再発を防ぎましょう。
帯状疱疹の場合、発症後5日以内に服用したほうがよいので、早期治療をおすすめします。
また、飲み薬のみでも効果が得られますが、ヘルペス治療に使用する塗り薬も一緒に使うことで、より効果が得られます。

ご使用方法

成人の場合、 単純疱疹(口唇ヘルペスや性器ヘルペス)に対して、1回0.5錠(200mg)を1日5回、5日間服用してください。
帯状疱疹に対して、1回2錠(800mg)を1日5回、7日間服用してください。
単純疱疹でゾビラックスジェネリック400mgを服用する場合、錠剤を半分にカットする必要があります。
その際は、錠剤を均等に割る必要があるため、ネットショップなどで売られているピルカッターを使用して、安全に半分にすることができます。
もしハサミなどを使われる場合は、手など怪我をしないよう気をつけてください。
服用回数が1日5回と多いですので、飲むタイミングとして、朝食後、昼食後、午後4時頃、夕食後、就寝前の5回が望ましいです。
こちらは人間の症状の治療薬ですが、ペットにも効果が認められていますのでペット用での使用法や容量については獣医師とご相談ください。
飲み忘れた場合、気が付いたときに1回分服用してください。
ただ、次回服用する時間の間隔が狭い場合は、1回分飛ばして、次の時間に服用してください。
2回分を一度に服用すると副作用が強くあらわれる可能性があるので、必ず決められた量を守るようにしてください。
過剰に服用した場合、吐き気や嘔吐などの胃腸障害や頭痛、意識障害などの症状がみられることがあります。
このような場合、医師または薬剤師に相談してください。
ゾビラックスジェネリック400mgは、1回あたりの持続時間が短いため、1日5回を4時間おきに服用することで、治療効果が得られます。
飲み忘れのないようにしてください。
服用のタイミングは、通常、朝食後、昼食後、午後4時頃、夕食後、就寝前の5回が望ましいです。
飲み忘れた場合、気が付いたときに1回分服用してください。
ただ、次回服用する時間の間隔が狭い場合は、1回分飛ばして、次の時間に服用してください。
2回分を一度に服用すると副作用が強くあらわれる可能性があるので、必ず決められた量を守るようにしてください。
過剰に服用した場合、吐き気や嘔吐などの胃腸障害や頭痛、意識障害などの症状がみられることがあります。
このような場合、すぐ病院へ受診してください。
症状が改善しない場合は、医師の診察を受ける必要があります。
服用中は、通常生活よりも多めに水分をとるようにしてください。
水分制限のある方は、医師・薬剤師に相談してください。

副作用

主な副作用は、過敏症(皮膚のかゆみやぶつぶつなど)、腹痛、下痢、貧血があります。
このような症状が現れた場合は、医師または薬剤師に相談してください。
また稀ですが、腎臓の機能が低下による尿量減少、肝臓の機能が低下による全身けん怠感も報告されています。
この副作用が現れたら場合、服用を中止して医師の診察を受けるようにしてください。
眠気などの意識低下が起こるかもしれないので、車の運転や高所など危険な作業をされる方は十分に注意してください。
詳細は、第三者のコンテンツへリンクするつもりである。
使用・併用禁忌授乳中の方は、授乳を控えてください。
母乳中にアシクロビルの成分が混ざる可能性があるので、赤ちゃんに飲ませないようにしてください。
また、妊婦の方は、服用による安全性が確立されていませんのでお勧めできません。
医師の診断が必要ですので、病院へ受診するようにしましょう。
過去に有効成分アシクロビルを服用して過敏な反応を経験したことのある方は、服用することで発症するかもしれません。
医師または薬剤師に相談しましょう。

商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.