ゾフルット・クリーム0.05%は、アトピー性皮膚炎、接触性皮膚炎などの塗り薬です

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

アトピー性皮膚炎、接触性皮膚炎などの塗り薬です。免疫の過剰な反応を抑制して皮膚の炎症をおさえ、腫れ、赤み、痛みなどの症状をやわらげます。
有効成分:フルチカゾンプロピオン酸エステル 0.05% w/w

商品の詳細

アトピー性皮膚炎、接触性皮膚炎などの塗り薬です。
免疫の過剰な反応を抑制して皮膚の炎症をおさえ、腫れ、赤み、痛みなどの症状をやわらげます。
中程度の強さがあるステロイド外用薬です。
日本ではゾフルット・クリームと同じ成分のプロピオン酸フルチカゾンを配合したステロイド外用薬は発売されていません。
皮膚の炎症は大きく分けると、細菌の感染によるものとアレルギーなどの免疫の過剰による非感染性のものの2種類があります。
ゾフルット・クリームは非感染性の皮膚炎や湿疹を治療するステロイド外用薬です。
5段階あるステロイド外用薬の強さでは4番目の「ミディアム」(中程度の強さ)に当たります。
幼児や高齢者でも使用できるマイルドなステロイド剤です。
ゾフルット・クリームが有効な皮膚炎はアトピー性皮膚炎、接触性皮膚炎、手湿疹(主婦湿疹)などです。
免疫機能の過剰による患部の腫れ、痒み、赤み、熱感などの症状をすばやく改善します。
湿疹の症状が重いときにはステロイド外用薬で症状を改善してから、長期の維持管理用としてワセリンや尿素系の保湿剤を使用します。
ワセリンや尿素剤だけで治療しようとすると症状が長引いたり悪化するので注意しましょう。
当ステロイド剤の強さステロイドの強さは、5段階のうちIV群のミディアム(中程度)タイプとなります。
強さ 製剤 ステロイド商品名 I群 Strongest: SG (もっとも強力) ジフロラゾン酢酸エステル プロピオン酸クロベタゾール ジフロラゾン酢酸エステル テノベート ジフラール デルモベート ハロベートクリーム ハロベート軟膏 II群 Very Strong: VS (かなり強力) ジプロピオン酸ベタメタゾン 吉草酸ジフルコルトロン 酪酸プロピオン酸ベタメタゾン リンデロンDP ネリゾナ アンテベート ベトネベートS ベトネベート・スキンクリーム III群 Strong: S (強力) 吉草酸ベタメタゾン・フラジオマイシン 吉草酸ベタメタゾン 硫酸フラジオマイシン フルオシノロンアセトニド ベトネベートN リンデロンV フルコート フルコートN タコロスフォルテ軟膏 IV群 Medium: M (中) トリアムシノロンアセトニド プロピオン酸アルクロメタゾン トリアムシノロンアセトニド レダコート アルメタ ケナログ ゾフルットクリーム V群 Weak: W (弱) 酢酸プレドニゾロン 酢酸デキサメタゾン ヒドロコルチゾン・クロタミトン プレドニン オイラックスH テラ・コートリル 使用方法 1日に1回、少量を薄めに塗ります。
症状によって1日2回使用します。
上記の使用量、使用方法は目安ですので、医師・薬剤師の指示のもと、適量をご使用ください。
副作用・使用上の注意 かゆみ、チクチク感、熱さなど。
副作用は上記に限りません。

商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.