ゾルミストスプレー式点鼻薬(ゾルミトリプタン)5mgは、ズキズキ痛い片頭痛の痛みを抑えるスプレー

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

ズキズキ痛い片頭痛の痛みを抑えるスプレー!ゾルミトリプタン配合。市販薬では収まりません。
有効成分:ゾルミトリプタン


セット数1箱あたり通常価格  
1箱39803980
2箱27405480
3箱22936879
5箱201210060

商品の詳細

偏頭痛の発作が出たときに使用して痛みを抑えるお薬です。
鼻から吸入するスプレー式のお薬です。
痛みが出たときにすぐ使用すると数分で痛みが和らぎます。
日本ではゾルミトリプタンを配合したお薬として、ゾーミッグ錠(アストラゼネカ)、ゾルミトリプタンOD錠(日本ジェネリック)などが発売されています。
偏頭痛は女性に多い慢性頭痛で、とくに月経がある年代の女性に多発します。
こめかみのあたりにズキンズキンと脈打つような痛みがあるのが特徴です。
原因はよく分っていませんが、頭の血管が拡張して周囲の神経を刺激することで痛みが発生します。
発作の頻度は人によって違いますが、月経によるホルモンバランスの変化やストレスからの解放時に多発する傾向があります。
ゾルミストスプレー式点鼻薬は、血管にあるセロトニン受容体に作用して血管を収縮する作用があります。
痛みによる三叉神経の炎症を抑える効果もあります。
偏頭痛の発作を予防するお薬ではなく、発作が出たときに痛みをやわらげるお薬です。
偏頭痛は市販の薬を使用していると服用回数が増えて発作の頻度や程度が高まる「薬物乱用型頭痛」になることがあるので、専用のお薬を使うことが望まれます。

ご使用方法

片頭痛(偏頭痛)が出た場合、なるべく早く1回1プッシュを、左右どちらかの鼻腔内に吹き入れます。
目のプッシュは1回目から2時間以上空けてから行います。
1日の最大使用量は10mlです。
上記の使用量、使用方法は目安ですので、医師・薬剤師の指示のもと、適量をご使用ください。
副作用・使用上の注意 めまい、味覚の異常、知覚過敏、頭痛、眠気、どうき、腹痛、口の渇き、吐き気など。
副作用は上記に限りません。

商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.