ゾロフトジェネリック(ラストラルスペシャル)100mgは、ゾロフトジェネリック(ラストラルスペシャル)は、脳内物質のセロトニンに作用して、うつ病の症状を改善する抗うつ薬です

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

ゾロフトジェネリック(ラストラルスペシャル)は、脳内物質のセロトニンに作用して、うつ病の症状を改善する抗うつ薬です。気分の高揚や落ち込み、物事に対する意欲に関係しているのがセロトニンとノルアドレナリンです。
有効成分:セルトラリン 100mg


セット数1箱あたり通常価格  
1箱34803480
2箱21904380
3箱18605580
5箱15087540

商品の詳細

使用方法・副作用などは先発薬メーカーの添付文書をもとに薬剤師が執筆しております。
医師や薬剤師の指示のもとご使用ください。
ゾロフトジェネリック(ラストラルスペシャル)は、脳内物質のセロトニンに作用して、うつ病の症状を改善する抗うつ薬です。
脳内ではさまざまな神経伝達ホルモンが分泌されていますが、そのなかで気分の高揚や落ち込み、物事に対する意欲に関係しているのがセロトニンとノルアドレナリンです。
抗うつ薬はこの2つの脳内物質に作用してうつを改善する薬ですが、それ以外の脳内物質にも影響をあたえて、眠気をおこしたり、不整脈をおこしたりする副作用がありました。
セロトニンとノルアドレナリンだけに作用して、このような副作用を減らした新しいタイプの抗うつ薬がSSRIとSNRIです。
ゾロフトジェネリック(ラストラルスペシャル)は、セロトニンだけに選択的に作用する「SSRI選択的セロトニン再取り込み阻害薬」です。

ご使用方法

1日に1回、4分の1錠(25mg)を朝食後に1日1回服用します。
開始量は25mgを服用し、症状により1日最高100mgまで増量できます。
服用を急に止めると症状が悪化することがあります。
ようすを見ながら少しずつ減らします。

副作用

主な副作用として、吐き気、眠気、口渇、頭痛、下痢、めまい、発熱、発疹などが報告されています。
使用上の注意<以下に1つでも該当する方は、決して服用なさらないで下さい(禁忌)。
> 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者 モノアミン酸化酵素(MAO)阻害薬を投与中あるいは投与中止後14日間以内の方 ブチロフェノン系抗精神病薬のピモジド(商品名オーラップ)を投与中の方ゾロフトジェネリック(ラストラルスペシャル)は安全性が高く、長期の治療にもSSRIは1999年に開発された、従来の抗うつ薬よりも抗うつ効果と安全性の高いお薬です。
その1つのゾロフトジェネリック(ラストラルスペシャル)は、長期間の使用や服用量を増やすことが可能で、根気強い治療が必要なうつ病に適しています。
ゾロフトジェネリック(ラストラルスペシャル)はうつ病の他に、パニック障害、強迫性障害、心的外傷後ストレス(PTSD)などの治療にも使われています。
うつ病の原因ふだんから暗い人がうつ病にかかりやすいというのは誤解です。
うつ病は「こころの風邪」ではなく脳内物質の分泌バランスの不調で、性格には関係なく発病します。
うつ病は心の病気だから薬には頼らない方が良い、というまちがったイメージが症状を悪化させ、回復を遅らせていることがよくあります。
うつ病の発症は、仕事の重い責任や近親者の死などの大きな精神的ストレスがきっかけになることがありますが、薬の効かない心の病気ではありません。
自律神経失調症と診断された人の中には、かなりの数のうつ病の人が含まれていると考えられています。
うつ病になると、それまではなかったこんな症状が気分の落ち込み。
とくに朝の気分の落ち込みがはげしい。
理由のわからない不安や悲しみ。
不眠(反対に過眠の症状が出ることもあります)熟睡できない。
夢ばかり見る。
頭痛、肩こり。
仕事への意欲や能力の低下。
以前簡単にできていたことができなくなる。
無口になる。
人との関係をさける。
ものごとに俊敏に対応できなくなる。
外出、入浴などの日常生活への意欲の低下。
自己否定、自責の感情が強くなる。
自傷行為、自殺願望。
うつ病には不安障害やパニック障害がともなうこともうつ病の治療は根気強く継続する必要があり、家族や職場の理解やフォローがたいせつです。
うつ病には不安障害やパニック障害がともなうこともあります。
不安障害は、とくに理由がないのに自分や家族の将来、事故、天災などに対する不安が大きくなる病気です。
パニック障害は、電車などの閉鎖空間にいるとき、道路を歩いているときなどに強いストレスを感じる病気です。
長い時間ドアの開かない急行には乗れず、各駅停車の電車だけを利用するなどの症状がでます。

商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.