ゾロフトジェネリック25mgは、うつ病・うつ状態やパニック障害、外傷後ストレス障害の改善、さらにはゆううつな気持ちや不安、イライラなどのこころの症状などに働きかける薬です

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

うつ病・うつ状態やパニック障害、外傷後ストレス障害の改善、さらにはゆううつな気持ちや不安、イライラなどのこころの症状などに働きかける薬です。
有効成分:セルトラリン (Sertraline) 25mg


セット数1箱あたり通常価格  
1箱44804480
2箱31906380
3箱27278181

商品の詳細

ゾロフトジェネリックは、ゆううつな気持ちや不安、イライラなどのこころの症状や、不眠や食欲減退などの体の症状を治療するお薬です。
抗うつ作用や抗不安作用を有しており、こころや体の症状を改善させるはたらきがあります。
うつ病・うつ状態やパニック障害、外傷後ストレス障害などに用いられるほか、適応外で全般性不安障害や線維筋痛症に対して処方されることもあります。
ゾロフトジェネリックは「選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)」に分類されるお薬で、有効成分として塩酸セルトラリン25mgが配合されています。
脳内の神経伝達物質である「セロトニン」の量を増やすことにより、持続的にセロトニン神経系の伝達を亢進することが知られています。
うつ病や気分障害に用いられるお薬の中でも、選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)は安全性が高く、第一選択として使用されています。
過量投与しても比較的安全で、治療域が低いことが知られていますが、その効果は三環系抗うつ薬(TCA)を上回らず、重症例に用いることはできません。
セルトラリンは、脳内のセロトニン神経に存在するセロトニン再取り込み機構を、強力かつ選択的に阻害することが知られています。
脳内のシナプス間隙におけるセロトニン濃度を高めることにより、持続的にセロトニン神経系の伝達を亢進するものと考えられています。
現在、国内で発売されている選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)は本剤の他に、フルボキサミン(ルボックス、デプロメール)、パロキセチン(パキシル)、エスシタロプラム(レクサプロ)が使用されています。
類薬として、セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬(SNRI)も用いられていますが、こちらはセロトニンとノルアドレナリンの双方に作用するため、より広い治療スペクトラムが期待されています。

ご使用方法

成人では、塩酸セルトラリンとして1日25 mgを初期用量として1日100 mgまで漸増をおこない、1日1回服用してください。
1日100mgを超えない範囲で、年齢、症状によって適宜増減することが可能です。

副作用

悪心、傾眠、口内乾燥、頭痛、下痢、浮動性めまいなどセロトニン症候群、悪性症候群、けいれん、昏睡、肝機能障害、抗利尿ホルモン不適合分泌症候群(SIADH)など禁忌・併用注意本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある方、 MAO阻害剤を投与中あるいは投与中止後14日間以内の方、ピモジドを投与中の方MAO阻害剤、ピモジド、メチルチオニニウム塩化物水和物、トラマドールなど※ここに記載した薬剤が全てではないので、注意をするようにして下さい。
使用上の注意うつ症状を呈する方においては希死念慮があり、自殺企図のおそれがあるので、医師の診察を受けるようにしてください。
妊婦又は妊娠している可能性のある婦人における安全性は確立していないので、本剤の服用はひかえるようにしてください。
眠気、めまい等があらわれることがあるので、自動車の運転や危険な機械の操作は、おこなわないようにしてください。

商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.