タケプロンジェネリック30mgは、胃酸の過剰分泌を抑えて胃潰瘍や逆流性食道炎を治療する有名なお薬です

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

胃酸の過剰分泌を抑えて胃潰瘍や逆流性食道炎を治療する有名なお薬です。国内ではタケプロンというお薬名で販売されています。
有効成分:Lansoprazole(ランソプラゾール)30mg


セット数1箱あたり通常価格  
1箱55805580
2箱44908980
3箱399311979

商品の詳細

タケプロンジェネリック30は有効成分としてランソプラゾール30mgを含有する胃腸薬でプロトンポンプ阻害薬と呼ばれています。
商品名タケプロンのジェネリック医薬品であり、先発品と同等の成分・効果でありながらより安価で購入することが可能です。
胃壁細胞に存在する胃酸には胃腸に侵入する様々な菌を殺す役割がありますが、胃酸は強酸性であるため胃内が弱っていると胃酸が胃を傷つけたり穴が空き潰瘍ができることや、胃酸が食道に逆流すると胃酸で食道がただれ炎症することがあります。
その結果胃痛や胸焼け、胃潰瘍や逆流性食道炎など様々な胃病変が起こります。
タケプロンジェネリック30の有効成分ランソプラゾールは胃酸を分泌するための酵素(プロトンポンプ)を阻害することで強力に胃酸の分泌を抑える作用を持っているので、胃酸が原因の胃腸疾患による症状を改善することができます。
難治性の潰瘍にも優れた効果を発揮するため胃潰瘍や逆流性食道炎の治療に非常によく使用されています。
低用量アスピリン療法または抗炎症・鎮痛剤の長期間での服用時における胃潰瘍の再発予防目的にも有効です。
なお、作用が強く治癒が早いこともあり保険適用上では胃潰瘍と十二指腸潰瘍では投与期間は6~8週間までという制限があります。
また様々な胃病変の原因であるヘリコバクター・ピロリ菌の除菌にも効果があります。
胃酸の分泌を抑制して胃内部のpHを上昇させることにより抗生物質の抗菌力を高めることができるため、2種類の高用量の抗生物質と併用して1週間服用することでピロリ菌を死滅させます。
発売当初の効能に加え、胃潰瘍の原因菌である「ヘリコバクター・ピロリ」除菌の補助や、「非びらん性胃食道逆流症」治療、それ以外にも鎮痛の「低用量アスピリン療法」や鎮痛薬が原因の胃潰瘍にも効果を発揮すると言われています。
効能効果胃潰瘍ピロリ菌の除菌十二指腸潰瘍逆流性食道炎非びらん性胃食道逆流症使用方法胃潰瘍などの潰瘍疾患や逆流性食道炎の場合、タケプロンジェネリック30を通常成人は1回1錠30mgを1日1回服用します。
再発・再燃を繰り返す逆流性食道炎の維持療法においては1回15mg1日1回服用になりますが効果不十分の場合は30mgに増量することが可能です。
低用量アスピリン療法または抗炎症・鎮痛剤の長期間での服用時における胃潰瘍の再発予防目的の場合、通常成人は1回15mgを1日1回経口服用します。
ヘリコバクター・ピロリ菌除菌治療の場合、通常成人は有効成分ランソプラゾールとして1回30mgを抗生物質であるアモキシシリン、クラリスロマイシンと同時に1日2回7日間に渡り服用します。
この3剤による除菌治療が失敗した場合は2次除菌治療としてランソプラゾール1回30mgをアモキシシリンと抗真菌薬であるメトロニダゾールと同時に1日2回7日間に渡り服用します。

副作用

タケプロンジェネリック30の副作用は少ないですが下痢、便秘、 腹部膨満感、頭痛、めまい、発疹などの症状が報告されています。
ピロリ菌の除菌治療は全ての薬剤が高用量であるため下痢が起こることが多いですがあまりにも酷い下痢であればすぐ医師に連絡してください。
ピロリ菌除菌の場合は自己判断で安易に服用を中止すると除菌治療に失敗してしまうため必ず医師の指示を仰いでください。
また滅多に起こりませんが重大な副作用として血液障害、肝障害、皮膚障害、間質性肺炎、アナフィラキシーショックなどが報告されているため注意してください。
肝障害、高齢者の方は副作用発現のリスクが上がるためタケプロン服用に慎重な注意が必要です。
また胃酸を減らす作用から他薬剤の吸収に影響することがあり、抗エイズウイルス薬のアタザナビル、リルピビリンは併用禁忌です。
他にもテオフィリン、イトラコナゾール、抗がん剤数種、免疫抑制剤、強心剤など禁忌ではないものの飲み合わせがあまり良くない薬が存在するため何らかの疾患で服薬治療中の方はラン30を服用する前に必ず医師か薬剤師に相談してください。

商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.