ダイアモックス(アセタゾラミド)250mgは、眼の房水を減らして眼圧を下げる緑内障のお薬です

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

眼の房水を減らして眼圧を下げる緑内障のお薬です。身体のよぶんな水分の排泄をうながす作用があります。てんかんや睡眠時呼吸症候群の治療に使われることもあります。日本ではダイアモックスと同じ成分のお薬として、ダイアモックス錠250mg(三和化学)が販売されています。
有効成分:アセタゾラミド250mg


セット数1箱あたり通常価格  
1箱42804280
2箱29905980
3箱25607680
5箱217610880

商品の詳細

眼の房水を減らして眼圧を下げる緑内障のお薬です。
身体のよぶんな水分の排泄をうながす作用があります。
てんかんや睡眠時呼吸症候群の治療に使われることもあります。
日本ではダイアモックスと同じ成分のお薬として、ダイアモックス錠250mg(三和化学)が販売されています。
緑内障は高い眼圧などによって視神経が障害されて、じょじょに視野が欠けていく病気です。
左右の目が欠けた視野を補い合うので、自分では気づきにくいのが特徴です。
40歳以上の人に発生しやすい病気で、70歳以上の高齢者では10人に1人が発症すると言われています。
一度失われた視野は治療しても回復しないので、その進行を止めることが治療になります。
進行すると失明する場合があり、日本人の失明原因の第一位が緑内障です。
ダイアモックスは「炭酸脱水酵素阻害薬」と呼ばれるお薬で、身体のよぶんな水分を尿として排泄する利尿剤の1種です。
房水の過剰をおさえて眼圧を下げ、緑内障の進行をとめる効果があります。
脳にある炭素脱水酵素の作用を阻害することで、脳の異常な興奮をしずめる抗てんかん作用もあります。
また利尿作用によって睡眠時無呼吸症候群や月経前症候群の症状を改善する効果もあります。

ご使用方法

てんかんの場合:成人で1日あたり250~750㎎を分けて服用。
緑内障の場合:1日当たり250~1000㎎を分けて服用。
心性浮腫、肝性浮腫、肺気腫に於ける呼吸性アシドーシスの場合:1日当たり250~500㎎を分けて服用。
メニエール病・症候群の場合:1日1回250~500㎎を分けて服用。
月経前症候群の場合:1日当たり125~375mgを月経の5~10日前に服用するか、症状が出てからすぐに服用。
睡眠時無呼吸症候群の場合:1日当たり250~500mgを分けて服用。
上記の使用量、使用方法は目安ですので、医師・薬剤師の指示のもと、適量をご使用ください。
副作用・使用上の注意 吐き気、下痢、所よく不振、手足のしびれ、倦怠感、発心など。
副作用は上記に限りません。

商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.