ダイフルカンジェネリック50mgは、ダイフルカンジェネリックは、ファイザー株式会社のジフルカンのジェネリック医薬品で、深在性抗真菌薬です

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

ダイフルカンジェネリックは、ファイザー株式会社のジフルカンのジェネリック医薬品で、深在性抗真菌薬です。有効成分であるフルコナゾールは、カンジダ症、真菌血症、呼吸器真菌症、消化管真菌症、尿路真菌症などの治療に用いられます。
有効成分:Fluconazole(フルコナゾール)50mg


セット数1箱あたり通常価格  
1箱32803280
2箱20904180
3箱16274881

商品の詳細

ダイフルカンジェネリック50mgは膣カンジダを治療する内服薬「ダイフルカン(ジフルカン)」のジェネリック医薬品です。
フォルカンは水虫や膣カンジダなどの真菌による感染症に効く抗生物質です。
国内では「ジフルカン(ダイフルカン)」や「フルコナゾール」という薬剤名で販売されており、歴史の古いお薬です。
抗真菌薬の中でも、イミダゾール系の抗真菌薬に分類されます。
フォルカンは有効成分であるフルコナゾールを同一量配合したジェネリック医薬品で、お財布に優しいのが特徴です。
ダイフルカン(ジフルカン)は真菌による感染症の中でも、膣カンジダに有効なお薬として有名です。
国内の臨床試験では、膣カンジダに対し28日間フルコナゾールを服用したところ、約80%の方が膣カンジダの症状が消える結果が出ています。
膣カンジダとは5人に1人の女性が発症する感染症で、デリケートゾーンがかゆかったり、白くぼろぼろしたおりものが出たりするのが特徴です。
カンジダ自体は、女性の性器以外にも皮膚などあらゆるところに存在する常在菌で、強い菌ではありませんが、主に性行為(SEX)などを通じて移ったカンジダが、免疫が低下した体内では異常増殖して膣カンジダを引き起こしてしまうことがあります。
免疫力が低下する原因として、妊娠や糖尿病治療中の方、過労やストレスが挙げられます。
免疫が低下することで簡単に再発してしまうのがカンジダ症の特徴です。
妊娠を機に膣カンジダを発症する方も少なくありませんが、妊娠中は原則お薬を服用できませんので注意が必要です。
カンジダとはカビの一種で、真菌に分類されます。
細菌やウイルスとは異なり、真菌は大きいのが特徴です。
ダイフルカン(ジフルカン)は真菌の膜成分である、エルゴステロール生合成を抑制することにより抗真菌作用を示します。
ダイフルカン(ジフルカン)はカンジダ症以外にも、クリプトコッカス症にも適応があります。
抗生物質は一緒に服用できない“併用禁忌”のお薬が多いため以下の注意事項をよくお読み下さい。
また、服用方法や服用期間を間違えると適切な効果を期待できませんので、用法用量を守って正しく服用して下さい。
膣の潤いを増す二次的作用ダイフルカン(ジフルカン)成分のフルコナゾールを服用すると、膣の潤いが不足している女性の潤いが増して性交痛をやわらげる二次的効果があるといわれています。

ご使用方法

膣カンジダに対し、飲み始めは1日1回、50mg(半錠)を服用してください。
半錠にするには、ピルカッターをお買い求めいただき、錠剤を割線に沿って割って下さい。
多めの水又はぬるま湯で服用してくださいダイフルカン(ジフルカン)服用期間は症状により異なりますが、概ね1週間~2週間服用いただくのが一般的です。
重症の場合、28日間(約1ヶ月)服用が必要なケースもありますが、症状が重い場合は必ず専門医を受診してください。
かゆみなどの症状は服用して3日ほどで治りますが、必ず1週間は服用を継続してください。
2回目以降の服用の場合は、1日100mgまで増量が可能です。
小児や新生児にも適応がありますが、用量は体重による調整(3mg/kg)が必要です。

副作用

妊娠中の方は服用できません。
服用により胎児への悪影響(催奇形性など)が報告されています。
国内の臨床試験では、副作用として悪心(気分が悪くなる)が0.30%、下痢が0.30%、発疹が0.20%、浮腫(むくみ)が0.20%報告されています。

副作用

として肝逸脱酵素(ALT・AST)の上昇が報告されているため、肝臓系の疾患をお持ちの方は定期的に医療機関を受診してください。
腎疾患をお持ちの方は、服用により症状悪化の可能性があるため注意が必要です。
胃腸薬との併用は、ダイフルカン(ジフルカン)の効果が現弱する恐れがあるため併用を控えてください。
ワルファリン(ワーファリン)などの抗血小板薬を服用中の方は、思わぬ副作用が発現する恐れがあるため、原則併用はできません。
また、トリアゾラム(ハルシオン等)、エルゴタミン(クリアミン配合錠)、キニジン(硫酸キニジン)、アスナプレビル(スンベプラ)とも同時服用は禁止されています。
ダイフルカン(ジフルカン)を服用して4~7日経過しても膣カンジダの症状が改善しない場合、他の症状などが考えられますので、服用を中止して必ず医療機関を受診してください。

商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.