ダラシンTゲルジェネリック1%は、有名な大人のニキビ治療薬「ダラシンTゲル」のジェネリックで、顔のニキビ以外にも、治りにくい「背中のニキビ」も改善するニキビ治療クリーム

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

有名な大人のニキビ治療薬「ダラシンTゲル」のジェネリックで、顔のニキビ以外にも、治りにくい「背中のニキビ」も改善するニキビ治療クリーム。
有効成分:クリンダマイシン1% w/w


セット数1箱あたり通常価格  
1箱26802680
2箱15903180
3箱11933579
5箱8364180

商品の詳細

有名な大人のニキビ治療薬「ダラシンTゲル」のジェネリックで、顔のニキビ以外にも、治りにくい「背中のニキビ」も改善するニキビ治療クリーム。
ニキビ治療薬であるクリンダマイシンゲルは、医療用医薬品として「ダラシンTゲル」という薬剤名で販売されています。
スイスのガルデルマ社が開発した「ダラシンTゲル」は、国内では2002年に佐藤製薬より発売されている比較的新しい外用薬です。
無色透明で粘り気のある塗り薬であるクリンダマイシンゲルは、ブドウ球菌属とアクネ菌に適応があります。
ゲル状のお薬のため、蒸発しにくい性状となっています。
リンコマイシン系の抗生物質に分類され、細菌のリポソームというタンパク質の合成を阻害することで抗菌作用を発揮します。
洗顔後1日2回ニキビ部分に塗ることで、ニキビの原因であるアクネ菌を殺菌する作用があります。
この薬理作用から、国内の皮膚科ではニキビ治療のために「ダラシンTゲル」が一般的に処方されています。
ニキビの中でも特に赤ニキビに効果が高いとされています。
一般的な顔にできるニキビだけではなく、背中ニキビにも効果があります。
国内の臨床試験の結果、4週間「ダラシンTゲル」を塗った場合、ニキビ(ざ瘡)の改善率は81.8%と高い効果を発揮しています。
ニキビの中でも、特に皮脂の過剰な分泌が原因の赤ニキビに効果が高いことが分かっています。
にきび跡にも効果が認められています。
「ダラシンTゲル」の製品特許が切れた2009年以降は、「クリンダマイシンゲル1%「DK」」などの薬剤名でジェネリック医薬品も多数販売されています。
当社のクリンダマイシンゲルは海外で販売されているジェネリック医薬品で、「ダラシンTゲル」と同じ有効成分クリンダマイシンを配合しているため、同じ効能効果を発揮します。
ただし、医療用医薬品に指定されているため、国内のドラッグストアや薬局で気軽に購入することはできません。
医師の診察による処方せんが必要なお薬のため、効果が高い分副作用にも注意が必要です。
アトピー性体質の方は原則使用できません。
また、抗生物質の服用による下痢や大腸炎の既往歴のある方は、使用に際して十分な注意が必要です。

ご使用方法

クリンダマイシンゲルは洗顔のあと、1日2回患部(ニキビ)に塗って下さい。
化粧水を使用される場合は、洗顔後化粧水で保湿した後にクリンダマイシンゲルを塗って下さい。
保湿クリームを使用される場合は、クリンダマイシンゲルを塗った後に塗って下さい。
美容液を使用される場合は、クリンダマイシンゲルを塗った箇所を避けて塗って下さい。
クリンダマイシンゲルはニキビ部分だけに塗るように、塗り広げないようにしてください。
細菌を殺菌する作用のある抗生物質のため、耐性菌が発生しないように使用は4週間(1ヶ月以内)に留めるようにしてください。
使用して4週間が経過しても効果が認められない場合は、他のお薬への切り替えを検討してください。
すでに耐性を持ったアクネ菌には効きにくいことがあります。
ニキビの種類や重症度によっても効果の現われ方が異なります。

副作用

副作用は比較的少ない方ですが、国内の臨床試験の結果主な副作用として、そう痒(かゆみ)が5.8%、発赤(赤く腫れる)が1.6%報告されています。
また、ヒリヒリ感やつっぱり感といった刺激感も一般的に見られる副作用です。
その他に稀な副作用として、総ビリルビン上昇が1.5%、尿蛋白が1.2%、ALT(GPT)上昇が0.8%報告されています。
抗生物質の全体的な副作用として、便がゆるくなることが報告されています。
下痢の症状がひどい場合は、お薬の使用を中止してください。
小児(お子さん)への使用成績はないため、18歳未満の方は原則使用ができません。
妊娠中の方、授乳中の方も原則使用ができません。
他の外用剤タイプのニキビ治療薬との併用は控えてください。

商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.