ダリロング(ダリフェナシン)15mgは、膀胱の過剰な活動を改善して、頻尿、尿意切迫、尿失禁を治療するお薬です

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

膀胱の過剰な活動を改善して、頻尿、尿意切迫、尿失禁を治療するお薬です。1日に1回の服用で効果を発揮!頻尿は女性い多く、膀胱に溜めれる尿の量が少なくなって発症します。
有効成分:ダリフェナシン 15mg


商品の詳細

急な尿意やひっぱく性尿失禁の原因になる過活動膀胱を治療するお薬です。
膀胱の過剰な収縮をおさえて、膀胱が尿をためる能力を高める作用があります。
1日1回の服用で効果が持続します。
日本ではダリロングの有効成分のダリフェナシンは未承認のお薬で、国内では販売されていません。
過活動膀胱は、頻尿、尿意せっぱく、せっぱく性尿失禁などの症状がある、中高年に多い病気です。
症状が重くなると外出するのが怖くなるなど、日常生活に大きな影響を及ぼします。
神経系統に障害がある一部のケースをのぞいて、ほとんどが非神経性で原因がよく分っていません。
女性の場合は年齢とともに生じる骨盤底筋群の弱化が関係していると考えられています。
男性の場合は前立腺肥大が多くの場合関係しています。
ダリロングの有効成分のダリフェナシンは抗コリン剤に属するお薬で、膀胱平滑筋を収縮させるアセチルコリンという神経作動物質の作用をおさえる効果があります。
それによって膀胱の蓄尿量を増やすとともに、急激な強い尿意をやわらげます。
お薬の作用時間が長く、1日1回の服用で不快な症状を軽減します。

ご使用方法

1日に1錠を服用します。
上記の使用量、使用方法は目安ですので、医師・薬剤師の指示のもと、適量をご使用ください。
副作用・使用上の注意 便秘、消化不良、吐き気、カスミ目、腹痛など。
副作用は上記に限りません。

商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.