ツルバダ錠ジェネリック300mgは、HIVの予防薬として処方されるツルバダの低価格ジェネリック医薬品です

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

HIVの予防薬として処方されるツルバダの低価格ジェネリック医薬品です!ウイルスによる感染症を治療するお薬で、近年ではHIVウイルス感染予防(PrEP)に唯一海外で認可されている医薬品です。
有効成分:テノホビルジソプロキシルフマル酸塩 (Tenofovir Disoproxil Fumarate) 300mg


セット数1箱あたり通常価格  
1箱1029010290
2箱901518030
3箱856025680

商品の詳細

HIVの予防薬として処方されるツルバダの低価格ジェネリック医薬品です!
PrEP(曝露前予防内服)とは、セックス前にツルバダを内服し、HIV感染のリスクを99%抑えるHIVの予防方法で、近年注目を浴びています。
ツルバダは、ウイルスによる感染症を治療するお薬で、近年ではHIVウイルス感染予防(PrEP)に唯一海外で認可されている医薬品ですが、当ジェネリックは薬価を大幅に抑えることで、予防コストを節約することができます。
現在、国内でのツルバダ錠の薬価は1錠あたり約4000円で、1ヶ月では12万円以上のコストになります。
当社取り扱いのツルバダジェネリックでは、お薬代を1/13以下に抑えることができます。
ツルバダには後天性免疫不全症候群 (Acquired Immunodeficiency Syndrome) の原因となる、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)の増殖をおさえるはたらきがあります。
「エムトリシタビン」と「テノホビルジソプロキシルフマル酸塩」という、異なる2つの有効成分が配合されています。
核酸系逆転写酵素阻害薬とよばれるお薬で、「逆転写酵素」という酵素の活性をさまたげ、ヒト免疫不全ウイルスの宿主細胞への感染をおさえます。
HIV感染症の治療は、抗HIV薬を3剤以上併用する多剤併用療法(ART)が一般的におこなわれています。
ツルバダ自体も、「エムトリバ」と「ビリアード」という2つのお薬の配合剤であり、高い効果が期待されています。
ツルバダに配合されている2つの成分と、インテグラーゼ阻害薬(エルビテグラビル)および抗HIVの効果を高める成分(コビシスタット)が配合された、スタリビルド配合錠というお薬も発売されています。
PrEP(曝露前予防内服)とは PrEP(曝露前予防内服)とは、性交渉をおこなう前からHIVの薬を服用することで、HIV感染のリスクを減らすというHIVの予防方法です。
英語の頭文字をとって、「プレップ」とよばれています。
主に、ゲイ・バイセクシュアル男性に用いられており、正しく服用することを続ければ、高い予防効果が期待されています。
PrEPは、適応条件として「HIV非感染者」であり、成人であることや腎機能に問題がないことが求められています。
また、パートナーがHIVに感染しているが適切な治療を受けていない、性行為をおこなう相手が不特定多数である、コンドームを使用しないことが多いといった方では、PrEPをおこなうことが推奨されています。
現在、PrEPに使用されているお薬は、世界的に見てもツルバダだけです。
(国内では、HIVの治療以外におけるツルバダの使用方法は認可されていないので、ご注意ください。
) 通常、HIVの治療は複数の薬剤を組み合わせておこなわれますが、PrEPではツルバダの単剤が用いられています。
1日1回の服用を毎日続けることにより、HIVの予防効果が期待されています。
また、効果が発揮されるまでに10~20日程度が必要とされるため、性行為をおこなう前から服用しなくてはなりません。
なお、PrEPではHIVの予防効果が期待されていますが、HIV以外の性感染症に予防効果は認められていません。
PrEPをおこなっている際にも、コンドームを使用することによる、安全な性行為をおこなうことが推奨されています。
ツルバダとジェネリックの価格比較 クリニックで処方 ツルバダ ツルバダジェネリック 成分:テノホビルジソプロキシルフマル酸塩300mg エムトリシタビン200mg 内容量:30錠(1日1回服用) ※複数セット割引なし ※複数セット割引あり 1ヶ月:約12万円 1ヶ月:10600円~効果効能HIVウイルスの増殖の抑制HIVのPrEP(曝露前予防内服)服用方法成人では、1回1錠を1日1回、水またはぬるま湯で服用してください。
食事の有無にかかわらず服用することが可能です。
PrEP(曝露前予防内服)の場合もHIVウイルス感染予防目的で1日に1錠剤を服用します。

副作用

軽度の副作用: 下痢、悪心、血液検査値異常、食欲不振、食欲亢進、頭痛など重大な副作用: 腎不全、ファンコニー症候群、膵炎、乳酸アシドーシスなど禁忌: 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある方併用に注意しなくてはならない薬剤: ジダノシン、アタザナビル硫酸塩、ロピナビル/リトナビル、アシクロビル、バラシクロビル、ダルナビル/リトナビル、レジパスビル/ソホスブビルなど ※ここに記載した薬剤が全てではないので、注意をするようにして下さい。

商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.