テルファスト60mgは、効き目の即効性が高く、服用後も眠くならないのが特徴で人気の抗アレルギー薬

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

効き目の即効性が高く、服用後も眠くならないのが特徴で人気の抗アレルギー薬
有効成分:Fexofenadine Hydrochloride(塩酸フェキソフェナジン)180mg


セット数1箱あたり通常価格  
1箱56805680
2箱41908380
3箱393311799

商品の詳細

テルファストは有効成分フェキソフェナジン塩酸塩を配合した抗アレルギー薬です。
花粉症に効くお薬として国内で有名な「アレグラ」と同じ有効成分フェキソフェナジンを配合しており、「アレグラ」の海外版の処方薬です。
フランスの大手製薬会社であるサノフィ・アベンティス社が開発したお薬で、世界的シェアの高いお薬です。
最大の特徴は眠くなりにくいことで、従来の抗ヒスタミン薬の改良薬となります。
即効性もあり、早い方で服用後30分にはその効果を実感できます。
テルファストは、アレルギー誘発物質であるヒスタミンをブロックする働きを持っています。
従来の抗アレルギー薬は、ヒスタミンをブロックすると同時に口の渇きなどの原因となる抗コリン作用も併せ持っていましたが、テルファストはヒスタミンのみをピンポイントでブロックすることで副作用が少なく抑えられています。
この選択的な作用により、集中力の低下や眠気などの副作用も抑えられています。
花粉症の薬として有名なテルファストですが、アレルギー性疾患以外にじんましんにも有効です。
じんましんとは痒みや痛みを伴う皮膚疾患で、チクチクとした痒みに似た感じや、焼けるような感じを伴うことがあります。
アレルギー性のじんましんと非アレルギー性のじんましんがあり、その原因は様々ですが、種類によらずじんましんに共通して処方されるのが抗ヒスタミン薬です。
中でもテルファストがファーストチョイスとして処方されることが多く、症状が治まったあとも予防的に1週間は服用するのが一般的です。
テルファストのもう一つの特徴は、空腹時にも飲めることです。
朝と夕方に食事に関係なく服用が可能です。
また、1日2回の服用で24時間効果が持続されます。
花粉症などのアレルギーの場合、放っておくと重症化・慢性化することがあります。
症状を感じたら放置せず、早めに抗ヒスタミン薬を服用することが効果的です。
もちろん、症状がつらくなってからでも服用いただけますが、2週間を超えて継続して服用する際は、副作用がでていないか注意深く観察し、医療機関を受診されることをおすすめいたします。
使用方法成人の場合、通常1回60mgを1日2回服用します。
食前・食後を問わず服用いただけます。
2回の服用を約8時間空けて服用することで、効果が24時間継続します。
国内ではドラッグストアで販売される一般用医薬品の場合、15歳以下の服用はできません。
但し、医療機関で処方される医療用医薬品の場合、7歳から錠剤を服用いただけます。
7歳以上12歳未満の小児には1回30mgを1日2回、12歳以上の小児には1回60mgを1日2回服用します。
小児の場合、思わぬ副作用が現われる可能性があり、特に喘息をお持ちの方は喘息の悪化が報告されているため、服用に際して専門医に相談してください。
※花粉症など「季節性アレルギー」の治療、対策に使用する場合、花粉が飛ぶ時期の前から服用を開始し、花粉の季節が終わるまで服用することで効果的に花粉症対策ができると言われています。

副作用

注意事項国内の臨床試験の結果、主な副作用として頭痛が4.6%、眠気が2.3%、吐き気が1.2%報告されています。
その他に肝臓系疾患をお持ちの方は、肝臓逸脱酵素(AST・ALT)の上昇が副作用として報告されているため注意が必要です。
抗ヒスタミン薬を含有するかぜ薬・鎮咳去痰薬・乗物酔い薬、制酸剤(水酸化アルミニウム・水酸化マグネシウム含有製剤)、エリスロマイシン(マクロライド系抗生物質)との併用はできません。
テルファスト服用前後は飲酒を控えてください。
眠気や集中力の低下といった鎮静作用が強く現れることがあります。
授乳中の方は原則服用ができないため、テルファストを服用中は授乳を避けてください。
ご高齢の方や気管支ぜんそく、アトピー性皮ふ炎等の他のアレルギー疾患の診断を受けたことがある方は、かかりつけ医に相談の上で服用を検討してください。
思わぬ副作用が現われやすくなります。
※この商品の使用により不快な副作用が現れた場合、使用を中止して医師にご相談ください。
※副作用をよび使用上のご注意はここに記載の限りではありません。
抗ヒスタミン薬とじんましんじんましんとは原因が食べ物や外的環境など原因が判明するものと、原因が特定できないものも多く、主な治療方法は、原因の除去か抗ヒスタミン薬の服用となります。
抗ヒスタミン薬には実は種類も多く、実際どの薬が自分の症状に合っているのかもよくわからず服用しているケースがあります。
現在では抗ヒスタミン薬にはさまざまな種類があります。
第一世代抗ヒスタミン剤は、古くからある抗ヒスタミン薬です。
強い抗ヒスタミン作用がある一方で、集中力の低下・眠気という副作用が一般的に言われており、自動車の運転や緻密な機械の運転は危険なのでしてはいけないなどのデメリットがあります。
不眠症だったり、強いかゆみのために夜中に目が覚めてしまうといった睡眠障害のある方にはこの副作用の眠気が逆にメリットとも捉えられているようです。
第二世代抗ヒスタミン剤は、さまざまな抗アレルギー作用があるため、喘息などの予防のためにも使われます。
原因不明の突発性じんましんは、一般的に第二世代抗ヒスタミン薬が使われ、じんましん発疹後1週間程度は症状がおさまっても予防的に服用します。
また、慢性じんましんの場合は継続的な服用で予防することも有用ですが、症状によっては薬が効いていないケースもあるため医師と相談のうえ他の薬に変更したりすることがあります。

副作用

の面では、第一世代抗ヒスタミン薬より眠気がおこりにくいというメリットがあります。
眠気がおこりにくいことで服用後の仕事や日常生活にも支障が少ないことで最近の動向としても人気がある薬と言われています。
ただし、眠気の副作用については、第一世代抗ヒスタミンでも眠気の来ない人がいたり、第二世代抗ヒスタミンでも眠くなるなど、個人差が大きいとも言われていますので、どの抗ヒスタミン薬が自分に合っているかを見極めるのは服用してみないとわからないことが多いのです。
主な第一世代抗ヒスタミン薬アレグラテルファスト(アレグラのジェネリック)ジルテックセチリジン(ジルテックのジェネリック)ザイザルロラクリア(クラリチンのジェネリック)アレジオンエバステル
商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.