ディオバンジェネリック(バルサ―ル)160mgは、高血圧症治療、心臓や腎臓の臓器を保護も

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

高血圧症治療、心臓や腎臓の臓器を保護も。臓器障害を有する方にも適した降圧剤
有効成分:バルサルタン160mg


セット数1箱あたり通常価格  
1箱1037410374
2箱930518610
3箱877626328
5箱838041900

商品の詳細

高血圧の治療薬です。
血圧を下げる効果が強く副作用が少ないお薬です。
心臓や腎臓の負担を軽くする作用もあります。
有名な降圧剤「ディオバン」のジェネリックです。
日本では同じ成分のディオバン錠(ノバルティスファーマ社)、バルサルタン錠(あすか製薬)などが発売されています。
高血圧は推定患者数が1000万人を超える非常にポピュラーな病気です。
塩分の取りすぎや運動不足などの生活習慣が関係していますが、その多くは原因不明です。
自覚症状がないので健康診断で血圧が高いと言われても放置されがちですが、動脈硬化を進行させて脳梗塞や心筋梗塞のリスクを高める怖い病気です。
ディオバンジェネリックはアンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬(ARB)と呼ばれる新しいタイプの降圧薬です。
血管を収縮させる生理物質の働きを阻害して血管を広げて血圧を下げる効果があります。
従来のACE阻害薬よりも空咳の副作用が少ないメリットがあり、血圧の長期コントロールに向いています。
効果が24時間持続するので1日1回の服用で済みます。
身体の水分量を調節して心臓や腎臓の負担を軽くする作用もあるので、心臓病や腎臓病の治療にも使われています。

ご使用方法

成人で、1日に1回、40~80㎎を服用し、症状に応じて1日あたり1回(160㎎)まで増量できます。
上記の使用量、使用方法は目安ですので、医師・薬剤師の指示のもと、適量をご使用ください。
副作用・使用上の注意 食欲の不振、下痢、吐き気、腹痛、胃の不快感、便秘、じんましんなど。
副作用は上記に限りません。

商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

関連記事 - Related Posts -

最新記事 - New Posts -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.