ディバー(ダイバルプロエックス・ナトリウム)125mgは、ディバー(ダイバルプロエックス・ナトリウム)という医薬品は、統合失調症・てんかん・双極性障害などの精神疾患に用いられる薬で、神経細胞の興奮を鎮めるGABAという脳内物質の分解を抑制させる効果があります

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

ディバー(ダイバルプロエックス・ナトリウム)という医薬品は、統合失調症・てんかん・双極性障害などの精神疾患に用いられる薬で、神経細胞の興奮を鎮めるGABAという脳内物質の分解を抑制させる効果があります!
有効成分:ダイバルプロエックス・ナトリウム 125mg


商品の詳細

ディバー(ダイバルプロエックス・ナトリウム)という医薬品は、統合失調症・てんかん・双極性障害などの精神疾患に用いられる薬で、神経細胞の興奮を鎮めるGABAという脳内物質の分解を抑制させる効果があります!
統合失調症やてんかん、双極性障害などの治療薬は薬価が高いことも多く、経済的な面でも負担がかかることが多くあります。
ディバー(ダイバルプロエックス・ナトリウム)は、ジェネリック医薬品に分類されるため、インターネット上のWEBサイトでの価格も350円程度と購入しやすくなっていることも特徴のひとつです!
10歳以上のお子さまから高齢者まで幅広い年代の方に取り入れることができ、メンタルクリニックをはじめとする精神疾患の治療の専門の医院でも処方が多くあります。
またてんかんによる痙攣を防ぎ、起きてしまった症状にも素早く対応ができ、偏頭痛の予防や緩和にも高い効果を示します。
てんかんや痙攣などの症状は、血液中のナトリウム・カルシウム・ブトウ糖などの量が多すぎたり少なすぎたりとバランスが取れない状態が原因で起こります。
ディバー(ダイバルプロエックス・ナトリウム)は、服用することによって血液中のナトリウムなどの分量を整え、痙攣やてんかんの症状を防ぐ効果があります。
精神障害でも2大疾患とされている、統合失調症や双極性障害は、脳内の神経伝達物質のはたらきが低下していたり、過度なストレスを抱えていることで発症してしまいます。
ディバー(ダイバルプロエックス・ナトリウム)は、このような精神疾患にGABA生成を活性化させ、脳内の神経を休め、ストレスから開放させる効果もあります。
FDA(アメリカ食品医薬品局)からも似た医薬品が販売されている中、比較をしてみるとクエチアピンとの併用でより高い効果が現われることが明らかになっています。

ご使用方法

てんかんの治療: 当薬単体での治療(初期治療)の場合、成人か10歳以上の子供の場合で1日当たり体重1kgあたり10~15㎎を服用し、理想的な反応が現れるまで1週間で体重1kgあたり5~10㎎を増量します。
当薬を使用した補助療法の場合、成人か10歳以上の子供の場合で1日当たり体重1kgあたり10~15㎎を服用し、理想的な反応が現れるまで1週間で体重1kgあたり5~10㎎を増量します。
1日の最大服用量は体重1kgあたり60㎎です。
1日の服用量が250㎎以上の場合は、分けて服用します。
そう病の治療:服用開始時は、1日当たり750㎎を分割して服用します。
1日の最大服用量は体重1kgあたり60㎎です。
片頭痛の予防の場合:成人で、1日に2回、1回当たり250㎎を服用。
上記の使用量、使用方法は目安ですので、医師・薬剤師の指示のもと、適量をご使用ください。
副作用・使用上の注意 眠気、吐き気、腹痛、消化不良、頭痛、発熱、食欲不振など。
副作用は上記に限りません。

商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.